「コロナショック」とどう向き合うか

新型コロナウイルスがもたらした金融市場の大混乱

 新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう中、人やモノの移動や企業活動が制限されるようになったことで、経済に大きな打撃を与え始めた。

「コロナショック」の急襲によって、2月27日には米国の株式市場で、ダウ工業株30種平均が前日比1190ドル安という過去最大の下げ幅を記録。3月5日には、投資リスクの低い米国債への資金流入が加速し、10年物国債の利回りが一時0.90%まで下がり、史上初めて1%を割り込んだ。

新型コロナウイルスによって国内外の金融市場は混乱が続いている
新型コロナウイルスによって国内外の金融市場は混乱が続いている Photo:JIJI

 その後も株価や金利の乱高下は続いており、そうした金融市場の混乱は、日本の保険業界に大きく三つの懸念をもたらしている。