運用&家計#予告
Photo:bgkovak/gettyimages

コロナ不況の逆風で安定した収入を見通しづらいこれからの時代、資産運用の巧拙や家計の見直しが「定年格差」の大きな分水嶺となる。特集『収入激減時代の「運用&家計」徹底見直し術』では、6月15日(月)から20日(土)までの全9回で、コロナ相場にも動じない“賢い投資術”と、安定老後を勝ち取るための家計術を指南する。

#1 6月15日(月)配信
じぶん年金づくりは「節税効果」を最大化!長期・分散・積立が合言葉

運用&家計#1
Photo:Adobe Stock

 激動のコロナ相場の渦中でも、老後資金確保に向けた資産運用の要諦は変わらない。非課税制度を最大限に生かしながら長期・分散・積み立てを行い、少しでも早く「じぶん年金」づくりを始めたい。

>>記事はこちら

#2 6月15日(月)配信
老後資金確保の資産運用で「絶対にやってはいけない」3つの行動

運用&家計#2
Photo:BBuilder/gettyimages

 老後資金確保に向けて原則となる考え方は、「長期・分散・積み立て」に基づき、低コストの投資信託で国際分散投資を行っていくことだ。その際、決してやってはいけない「3箇条」を解説する。

>>記事はこちら

#3 6月16日(火)配信
運用資産の合理的「引き出し方」、やり方次第で老後資金に140万円の差

運用&家計#3
Photo:DNY59/gettyimages

 長い老後生活を生き抜くためには、60歳以降も資産運用を続けた上で、どのように現金化していくかの戦略も重要となる。非効率な毎月分配型投信に頼るような形は避けるべきなのだが、実は合理的だと実証されている方法に「定率引き出し」がある。

>>記事はこちら

#4 6月17日(水)配信
J-REIT攻略法、コロナショックで投資妙味が増した2つの理由

運用&家計#4
Photo:Ko Hong-Wei/EyeEm/gettyimages

 少額の長期分散投資だけでなく、さらに余裕資金のある人は、J-REIT(不動産投資信託)で資産運用を行うのも一手だ。コロナショックを受けた3月の暴落を経て、専門家からは「買い場が訪れた」との見方も挙がる。そんなJ-REITのほか、投資用不動産の現状についても解説する。

>>記事はこちら

#5 6月18日(木)配信
コロナ時代の家計リストラ術、「固定費」を極限まで削減せよ!

運用&家計#5
Photo:123RF

 コロナ禍による経済の停滞が、家計に対する不安をかつてないほどに高めている。そうした中で、家計の管理や支出の抑制はどのように行えばよいのか。極限まで絞り込み、定年後の家計破綻を回避するすべを指南する。

>>記事はこちら

#6 6月18日(木)配信
格安スマホで年12万円カット!知らぬ間の「オプション押し売り」も注意

運用&家計#6
Photo:Adobe Stock

 スマートフォンの普及に伴い、家計に占める通信費の割合が急増中だ。もはや生活に不可欠なツールとなりつつあるが、契約内容をよく確認していないと、知らぬ間に契約してしまった「オプション」の月額サービスによって、思わぬ“損”を被りかねないので注意したい。

>>記事はこちら

#7 6月19日(金)配信
収入減で住宅ローン返済に困っても、絶対にやってはいけないこととは

運用&家計#7
Photo:123RF

 家計の固定費の中で最も大きな比重を占める住宅ローン。コロナ禍でボーナス減などが見込まれる人も多いだろうが、そうした人が絶対避けるべきなのは?ここでは資金繰りを重視した返済戦略について、早期返済と長期返済のシミュレーション表によって徹底解説する。

>>記事はこちら

#8 6月19日(金)配信
保険は必要?ライフステージ別の必要保障額と高額療養費の2本柱で考える

運用&家計#8
Photo:Adobe Stock

 コロナのまん延で注目度が高まっている民間の保険だが、過度に保険に加入すれば家計を圧迫しかねない。家計とのバランスを取りながら適切な保険選びを行うにはどうすればよいのか? 長年、「週刊ダイヤモンド」で保険業界を担当してきた記者が、その「二大ポイント」を明らかにする。

>>記事はこちら

#9 6月20日(土)配信
年金格差は「受け取り方」で決まる!60歳完全退職だと80歳で借金生活に

運用&家計#9
Photo:Adobe Stock

 リタイア層の貴重な収入源である年金。公的年金の減額などへの不安も根強い中、今や60歳で仕事を辞めて年金暮らしに入るのはリスクが高い選択肢だ。そこで、税制面も含め、就労・公的年金・私的年金をどのように組み合わせて受け取るのが賢い方法なのか、独自の試算結果と併せて明らかにする。

>>記事はこちら

Key Visual:SHIKI DESIGN OFFICE