Photo:Prapass Pulsub/gettyimages

新年度に入り、中学受験を目指す新小学6年生たちの戦いが本格化した。コロナ禍で揺れた2021年入試では、受験塾関係者の多くが前年よりも受験者数の減少を予想していた。だが、ふたを開けてみれば、首都圏(1都3県)の受験者数は6万1700人(日能研データ)と前年から増え、受験率は09年に次ぐ過去2番目の高さ。東京都の受験率は10年ぶりに30%を突破した。一方、西の中学受験の中心地、関西の塾関係者は「首都圏の中学受験ブーム」が22年入試では西にも波及するだろうと読む。コロナ禍の影響で、学校選びが格段に難しさを増す中、後悔しない中高一貫校はどこなのか――。中学受験以上に過熱する小学校受験や、時代の変化に負けない子どもに育てるための幼児教育法を含めて、4月5日(月)から4月11日(日)までの全18回の連載『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』にまとめた。

#1 4月5日(月)配信
中学受験10年ぶりの激化!本番までの10カ月に親を襲う「10大危機」と克服法

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#1
Photo:PIXTA

 中学受験が激化する中、ともすれば子ども以上に不安とストレスにさいなまれるのが親だ。残り10カ月余りとなった入試まで、受験生を抱える親には、さまざまな心理的危機が訪れる。今の時期であれば、受験の年の6年生になったことで勉強時間を増やさせたい、はたまた塾の「GW特訓」をどうするのか、ということに頭を悩ませているはずだ。だが、「良かれと思ってやったことが逆効果になることも」と警告する中学受験のプロは多い。プロが教える親の時期ごとの危機とその対策を伝授する。

>>記事はこちら

#2 4月5日(月)配信
お得な中高一貫校総合ランキング【首都圏175校】入りやすいのに名門大に進学

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#2
Photo:123RF

 難関中高一貫校の出身者だけが名門大学に進むわけではない。偏差値は高くなくても、入学後に成長する学校は多い。入学時の偏差値と卒業時の偏差値を基に、入りやすいがその後伸びるレバレッジ度ランキングを独自に算出。ここでは【首都圏版】を掲載する。

>>記事はこちら

#3 4月6日(火)配信
「旧7帝大&一橋・東工大」を目指せるのに入りやすい中高一貫校ランキング【全45校】

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#3
Photo:PIXTA

 偏差値はそう高くなくても、「旧帝一工」をはじめとする名門国立大に強い中高一貫校はどこか?名門国立大への進学にフォーカスしたお得な中高一貫校レバレッジ度ランキングを掲載する。

>>記事はこちら

#4 4月6日(火)配信
早慶なら「普通の子」でも合格できる理由、早慶中学の合格請負人の塾長に聞く

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#4

 近年、中学受験において、早慶のみならずGMARCHなどの大学付属校人気が高まっている。「付属校受験には専門の対策が必要」という早慶GMARCHに多数合格者を輩出している塾の塾長、野田英夫氏に、「普通の子でも、早慶などの大学付属校なら合格できる」理由を聞いた。

>>記事はこちら

#5 4月6日(火)配信
「早慶&上智・理科大」を目指せるのに入りやすい中高一貫校ランキング【全99校】

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#5
Photo:PIXTA

 偏差値はそう高くなくても、早慶を筆頭とする最難関私立大に強い中高一貫校はどこか?「早慶上理」への進学にフォーカスしたお得な中高一貫校レバレッジ度ランキングを掲載する。

>>記事はこちら

#6 4月7日(水)配信
「MARCH」を目指せるのに入りやすい中高一貫校ランキング【全89校】

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#6
Photo:PIXTA

 子どもの中学受験を志す親たちが望む、最終的な出口としてのボリュームゾーンが、首都圏ならばMARCHに代表される有名私立大への進学だ。偏差値は高くないが関東の有名私立大に強い中高一貫校はどこか?「MARCH」への進学にフォーカスしたお得な中高一貫校レバレッジ度ランキングを掲載する。

>>記事はこちら

#7 4月7日(水)配信
都立中高一貫校で「高校からの入学」が募集停止へ、首都圏受験戦線にも影響か

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#7
Photo by Seiko Nomura

 私立よりも格段に学費が安く、6年間の一貫教育を受けられることで人気を集める東京都立中高一貫校。そのうち5校は高校からも入学可能だったが、今後その道が閉ざされ、全てが数年のうちに完全中高一貫化する予定だ。都立の高校募集停止が及ぼす中学受験戦線への影響を予想する。

>>記事はこちら

#8 4月7日(水)配信
お得な中高一貫校総合ランキング【関西67校】入りやすいのに名門大に進学

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#8
Photo:123RF

 西の王者、灘中学が受験者数を大きく減らすという珍事があった関西。その中学受験塾関係者の間でささやかれているのが、2022年度の「首都圏の中学受験ブームの関西到来」だ。入学時の偏差値と卒業時の偏差値を基に算出した、入りやすいがその後伸びるレバレッジ度ランキングの【関西版】を掲載する。

>>記事はこちら

#9 4月8日(木)配信
「関関同立」を目指せるのに入りやすい中高一貫校ランキング【全94校】

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#9
Photo:PIXTA

 関西における子どもの中学受験を志す親たちが望む、最終的な出口としてのボリュームゾーンが、関関同立への進学。偏差値は高くないが関西有名私立大に強い中高一貫校はどこか?「関関同立」への進学にフォーカスしたお得な中高一貫校レバレッジ度ランキングを掲載する。

>>記事はこちら

#10 4月8日(木)配信
「医学部に強い」中高一貫校ランキング!国公立大or私大×難関中高一貫校or中堅の4パターン【延べ424校】

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#10
Photo:PIXTA

「高収入」「高ステータス」「安定」のイメージで高い人気を誇る医学部。国公立では、ほぼ東大理系並みの難易度の大学も少なくない。その医学部合格者数の上位校には、中高一貫校がずらりと並び、毎年の常連校も多い。医学部に強い中高一貫校で行われている専門講座の気になる中身を大公開する。

>>記事はこちら

#11 4月8日(木)配信
中学受験塾の選び方、わが子と塾の「相性」も大事!【有名塾の最新難関中学合格者ランキング付き】

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#11
Photo:PIXTA

 ちょっとした駅でも、駅前に軒を連ねる中学受験塾の看板を目にすることが少なくないはず。張り出された御三家や新御三家の合格者数に、わが子の将来を重ねがちだ。だが、合格者数の多寡だけで塾を選んだ結果、わが子と塾の性格が合わなければ後悔することも。有名塾の最新合格者ランキングと共に、子どもに合った東西の塾の探し方を伝授する。

>>記事はこちら

#12 4月9日(金)配信
お得な中高一貫校総合ランキング【東海・その他地域33校】入りやすいのに名門大に進学

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#12
Photo:123RF

「公立高校王国」の東海地方で、トヨタ自動車など有力企業が巨額の寄付金を投入して2006年に設立された海陽中等教育学校。英国のイートン校のような「エリート養成校」を目指したはずだったが、現状の進学実績はその期待値に達しているとは言い難い。入りやすいがその後伸びる【東海・その他地域版】のレバレッジ度ランキングと共にその理由を掲載する。

>>記事はこちら

#13 4月9日(金)配信
1~2教科受験できる有名私大「学部・学科全30リスト」、早慶・MARCH・関関同立…

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#13
Photo:PIXTA

 有名大学付属や難関進学校に通っておらず、苦手教科も多い……。そんな大学受験生が一発逆転で名門大を目指せる究極のレバレッジ受験といえる方法が、有名私立大で広く採用している1~2教科受験だ。もちろん、教科数を絞れば求められる水準は高くなる。それでも英語だけは誰にも負けないといったタイプ必見の、1~2教科で受験できる有名私立大学部・学科リストを掲載する。

>>記事はこちら

#14 4月9日(金)配信
あなたの子どもに最適な学習法とは?小学校受験した子を持つ小児発達医が直伝!

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#14
Photo:PIXTA

 子ども自身が、自分に合った進路や学習法を選ぶのは難しい。特に未就学児は、親がそれを見極めてやる必要がある。自身が子どもの小学校受験を経験した小児発達医が、わが子の向き不向きや、能力を伸ばす学び方を知る手だてになる「認知特性」テストを伝授する。

>>記事はこちら

#15 4月10日(土)配信
国立大付属小学校の受験人気が復活した理由、関西では大阪教育大附属天王寺小に異変

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#15
Photo:PIXTA

 コロナ禍によって、中学校受験以上に影響を受けたといえるのが、小学校受験だ。首都圏60校の応募者数は前年より1割近く増え、過去5年で最多の3万4000人近く(併願を含む)に達した。特に際立つのは、低迷気味だった国立大付属小の大復活だ。一方、西の雄で同じく国立の大教大附属天王寺小でも2021年度入試で異変が起きている。

>>記事はこちら

#16 4月10日(土)配信
中学受験漫画『二月の勝者』×おおたとしまさ氏に学ぶ、親が肝に銘じたい中学受験の本質

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#16
(c)高瀬志帆/小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載中

「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の「二月の勝者」という漫画をご存じだろうか。受験テクニックや合格のノウハウはほとんど出てこない一方で、中学受験の本質を鋭く描いている。漫画と著名教育ジャーナリスト、おおたとしまさ氏がコラボして、中学受験生を持つ親に届けたい言葉を漫画のこまと共に掲載する。

>>記事はこちら

#17 4月11日(日)配信
幼児教育に意味はある?新進気鋭の若き起業家58人への調査結果を基に徹底検証

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#17
Photo: Hakase_/gettyimages

「費用対効果が最も高いのは幼児教育」「東大生の2人に1人がピアノを習っていた」などを論拠に、親をあおる早期教育・習い事業界。本当に早期教育・習い事は将来子どもに高学歴・高収入をもたらすのか。本誌連載「イノベーターの育ち方」に登場する若きリーダーたちへのアンケートを基に検証する。

>>記事はこちら

#18 4月11日(日)配信
正解なき中学受験に親が狂奔、あなたの教育熱心は「虐待」になっていないか

最強の中高一貫校&小学校・幼児教育#18
Photo:PIXTA

 親は誰しも子どもの幸せを願うものだ。幼児教育や習い事、中学受験もその親心あってのものだろう。しかし、それがかえって子どもを苦しめ、悲劇的な結末を迎えるケースも少なくないと、教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は警告する。教育熱心が“虐待”とならないために、親が肝に銘じておくべきこととは。

>>記事はこちら

Key Visual by Noriyo Shinoda

*記事のタイトル、内容、公開日は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。