住友化学

1913年、住友家の事業の一つとして、愛媛県新居浜の別子銅山で銅精錬の際に生じる排ガスによる環境問題を緩和するため、その排ガスから、肥料となる過リン酸石灰を製造する「住友肥料製造所」が設置された。これが「住友化学」の事業の発祥となった。その後幅広い「化学」製品を研究・製造、事業を拡大する中で「住友化学」という社名になった。

関連するキーワード

ゴールドマンサックス AGC 三菱商事 住友商事 伊藤忠商事 豊田通商 丸紅 三菱ケミカルホールディングス 商船三井 川崎汽船 出光興産 帝人 東レ 日本製鉄 JFEホールディングス 神戸製鋼所 中部電力 ローソン 信越化学工業 三井化学 トヨタ自動車 ホンダ 日産自動車 ソフトバンクグループ ディー・エヌ・エー 第一三共 NTT NEC ファナック サムスン電子 ルネサスエレクトロニクス グーグル アップル インテル キーエンス JR東海 オリンパス

スミトモカガク KK

住友化学(株)

(英文社名:SUMITOMO CHEMICAL COMPANY, LIMITED)

概要最終更新日:2019年7月22日

通称社名旧社名住友化学工業(株)
本社所在地〒104-0033 東京都中央区新川2丁目27−1 東京住友ツインビル(東館)
TEL:03-5543-5500
URLhttps://www.sumitomo-chem.co.jp/
設立年月1925/6
資本金8,969,934 万円
従業員数6,096 人
概況石油化学、エネルギー・機能材料、情報電子化学、健康・農業関連事業、医薬品等の幅広い分野の製品を提供する総合化学メーカー。技術を基盤とした新しい価値の創造に常に挑戦。現行の中期経営計画では「環境・エネルギー」「ICT」「ライフサイエンス」の3分野を強みが活かせる事業領域と定めグローバルな社会課題の解決とQualityOfLifeの向上や豊かでやさしい社会実現に貢献するソリューションを提供していく。
取引銀行三井住友、三井住友信託、農林中金、みずほ、三菱UFJ
仕入先丸善石油化学、出光興産(株)、富士石油(株)
販売先三協立山、三洋電機、アイシン軽金属

業績

決算年月売上高(百万円)利益(百万円)配当(円)
2019/3

723,61966,96522.00
2018/3

708,36255,84222.00

事業構成

事業構成内容比率
石油化学32.7%
エネルギー・機能材料12.2%
情報電子化学17.1%
健康・農業関連事業14.6%
医薬品21.2%

株式

株式コード4005
上場区分上場
市場名東京1部

役員

役職名氏名
代表取締役会長十倉 雅和
代表取締役社長岩田 圭一
代表取締役松井 正樹
代表取締役赤堀 金吾
取締役上田 博

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP