DokGen

1966年京都府生まれ。某食品メーカーに勤めるサラリーマン。35歳のときに妻の浮気が原因で離婚。妻が親権を放棄して5歳の息子と突如、父子家庭になった。毎朝、息子を保育園に連れて行ってから出社し、夕方5時半に定時退社してダッシュで保育園に向かう日々。残業する同僚たちからは白い目で見られ、残業代ゼロで年収400万円ほど、全財産90万円。お先真っ暗だった。最低限の衣食住で生活費を切り詰め、年収の半分(200万円)を貯蓄。株式投資をしつつ4年で1000万円を貯めた。これを軍資金に人生を変えるため、元手の約3倍まで運用できる信用取引を始めた。「ときにはリスクをとらなければ、人生は変えられない」がモットーだ。リーマン・ショックに見舞われるなどしたが、結局は『会社四季報』に大株主として名前が載るほどの成功を収め“億り人”に。そして集中投資で超長期保有する自称「ほっとけ投資」を始め、さらに資産を増やし“ダブル億り人”に。その過程で再婚したが、妻と折り合いが悪く、グレてしまった息子。いまや成長し、就職した。その息子と焼鳥屋に行ったとき、これまでの半生を振り返りつつ「資本家と労働者」の話をした。サラリーだけで生きられる時代は終わった、億の資産を築くにはお金に働いてもらうことだ、リスクをとらないと得られるものはない――全財産90万円から資産2億円を築いた父親が、いま息子へお金と投資について説く。現在は早期リタイアを念頭に置きつつもサラリーマンを続けている。会社の先輩に「その大学で、よくうちに入れたなぁ」と言われて涙した三流大学卒。DokGen(ドクゲン)とは、「独り言」をつぶやくという意味。アメブロ『資産90万から2億円達成。普通のサラリーマンの「ちょっとだけアーリーなリタイア」への独り言』が人気を集める。

全財産90万円から株式投資で2億円ファンドマネージャーや機関投資家が、やりたくてもできない投資法とは?

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP