子どもは新型コロナにおける
ドライビングフォースではない

 最近の日本小児科学会のシンポジウムで、(厚生労働省クラスター対策班を率いた)東北大学の押谷仁先生が指摘されていたのですが、インフルエンザの場合は子どもがドライビングフォース(けん引役)になるが、COVID-19(新型コロナウイルス)はそうではなく、子どもがエンドポイント(終点)になっていると。もちろん例外はありますが、言わんとすることは、インフルエンザの場合は休校措置が感染拡大を防ぐのに大変効果的ですが、新型コロナの場合は必ずしもそうではないということです。

 ただし、新型コロナのドライビングフォースは若者だということが分かってきているので、若者が集まる大学については、別個に考える必要があるでしょう。ですが、いまは小中学校でさえ「感染者を1人でも出しちゃいけない」という空気一色です。確かにリスクマネジメントは必要ですが、感染リスクと子どもの発達ニーズの折り合いをどうつけるのかという議論をもっとしていく必要があると考えます。

 問題は、コロナによって、大学生を含めた子どもたちが無気力になっていることです。学校は「駄目駄目」の押し付けではなく、子どもたちの自律を進める必要がある。つまり、コロナの客観的な事実と情報を伝え、子どもが自分たちで感染防御の方法を考えて行動することを身に付けさせることが極めて重要だと考えています。

Key Visual:Daddy’s Home, Kanako Onda