KVP 代表取締役社長/パートナー 長野泰和

■2019年の振り返り

 テーマとしてD2Cは盛り上がった。D2Cで起業したいという相談も本当に多い。ただ、この領域の成功事例は日本においてまだこれからであり、やや過熱感を感じる。

 具体的なプロダクトではないが、2019年に最も印象的だったのがGoogleによるFitbit買収。ビジネスとしての旨味はなくてもデータ戦争で勝つ上での納得の一手。日本においてもデータ取得目的のM&Aは増えていくはず。

■2020年のトレンド予測

 BaaS(Bank as a Service)に注目している。

 ここ数年盛り上がったFintech関連はフロントエンド領域がメインであったが、より銀行の本体業務を侵食するプレイヤーが出てくるはず。USだと、例えば学生向けローンのSoFiなどのVertical Bankプレイヤーの動きが加速していて、注目である。KVPの投資先でも助太刀などは職人向けのプラットフォームを展開しているが、実は職人向けの金融サービスが充実してきているのはこのBaaSトレンドの中で位置づけられる。

D4V General Partner 伊藤健吾

■2019年の振り返り

 SaaS企業の上場(Sansan、freee、Chatworkなど)、100億円を超える大規模調達(Paidy、フロムスクラッチなど)、海外機関投資家によるスタートアップ企業への投資(Paidy、フロムスクラッチ、SmartHRなど)が盛り上がったと感じるところですが、ビジネス寄りのものが多く、生活者に近いものはあまり目立たなかったかもしれません。

■2020年のトレンド予測

 5年前の年末に10億円以上調達した企業を数えて二十数社程度しかなかったのが、2桁億の調達ではさほど話題にならないくらい資金調達環境が変わってきて、ここには国内外の機関投資家のスタートアップへの投資が本格的に始まったということがあったのかなと。

 逆により選別が始まるということでもあるので、淘汰も数多く起こってくるでしょうが、健全な業界の発展のためには必要なことですし、失敗ではなくナイスチャレンジと称える文化を皆で作っていく雰囲気づくりも大事だと思います。

 盛り上がりの予想は難しいなと思っていて、毎年同じことを思いますが、テクノロジーの進化が社会実装されてさまざまな産業を変革していくところのスタートアップがどんどん増えていくと思いますし、注目が集まっていくと思います。ただ、今までとは質が違って産業ど真ん中の話だと盛り上がりとして捉えられず、「地味」に感じられるのかもしれません。しかし全然「地味」でよくて、着実に急速に成長するシブい会社が増えそうです。ブロックチェーンで面白いのがじわじわ増えてきそうだなとも思ってます。

W ventures 代表パートナー 新和博

■2019年の振り返り

 D2Cスタートアップが急増した印象。インフルエンサーマーケティングの一般化とD2Cのバズワード化のおかげで、スタートアップ的にものづくり・販売をしていこうという発想をする起業家が増えたような気がする。W venturesからもスナックミーukkaなど、複数のD2C関連スタートアップに投資している。

■2020年のトレンド予測

1. 引き続きD2Cスタートアップは多数出てきそう。シリーズA、Bの資金調達につなげるためには、商品力やマーケティングの上手さだけではなく、既存プレイヤーとのビジネス構造上の違いを作り上げていけるかがポイントになってくるだろう。

2. バーティカルC2C。既存のオールジャンルC2Cプラットフォームが抱える課題を解決し、さらにオリジナルの価値を提供するものはチャンスあり。2019年はスニーカーの「モノカブ」やトレーディングカードの「magi」が急激に成長したが、それ以外の市場でも注目したい。

3. メルカリマフィアが起業またはスタートアップにジョインすることで、圧倒的な成功体験やノウハウが業界全体に普及、浸透して、スタートアップのレベルを底上げしていくことに期待。