二階俊博自民党幹事長
6月に入ってから注目度が一気に高まっている自民党幹事長の二階俊博。「安倍4選」を巡る発言では、心境の変化があったのか、従来とは異なる見方を示した Photo:JIJI

 6月に入ってから自民党幹事長の二階俊博(81)の注目度が一気に高まっている。自民党本部4階にある幹事長室は千客万来。幹事長代理の林幹雄(73)、金田勝年(70)ら側近に加え、首相の安倍晋三(65)の側近でもある幹事長代行の稲田朋美(61)らが常駐。そこに自民党選挙対策委員長の下村博文(66)、国対委員長の森山裕(75)ら幹部が引きも切らずに出入りする。中央省庁の事務次官クラスも顔を出す。いずれも長時間にわたって話し込むことはない。

「何かありますか」

 二階はそれしか言わない。手短に話を聞いた後、ほとんどは「分かった。ご苦労様」で終わる。ただし納得できない問題については語尾を濁して返事をしない。これが二階流だ。短時間とはいえ、こうした出入りがいつしか大きな政治の流れを生み出していく。

 そしてメディアを巧みに使う。記者会見の二階の一言が政治全体に大きな影響を与える。「政界のドン」と呼ばれた元副総裁の金丸信(故人)を彷彿させる。