クレジットカード比較
2013年10月10日公開(2018年1月24日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

コスト、ボーナスマイルなどで徹底比較!
人気ナンバー1の「ANAマイル」が一番貯まる
おすすめのマイル系クレジットカードは?徹底比較!ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカードは?(前編)

 特典航空券に交換できる「マイル」が貯まるクレジットカードの中でも、人気ナンバー1なのが「ANAマイレージクラブ」のANAマイルが貯まる「ANAカード」だ。

「ANAカード」には多くの種類があり、自分にとって一番有利なカードは何かがわかりにくい。そこで今回は、各ANAカードの特徴をまとめて、おすすめのANAカードを紹介していくのだが、まずは最初に結論を書いておこう。

「ANAマイル」が一番貯まりやすい、おすすめのANAマイル系クレジットカードは「ANA VISA Suicaカード」と「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」だ。どちらを選べばいいかは以下のように考えればいいだろう。

1)首都圏在住で東京メトロに乗る機会がある人、「モバイルSuica」を利用していない人
⇒「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」を利用

ソラチカカード(ANA To Me CARD PAMO JCB)
還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時
おすすめクレジットカード!マイルが貯まる!ソラチカカード(ANA To Me CARD PAMO JCB)公式サイトはこちら
発行元 ANAカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度年会費無料、2年目以降2000円(マイル移行手数料は年5000円)
家族カード あり(年1000円、税抜)
おすすめポイント 年会費+マイル移行手数料の年間維持費が安く東京メトロの定期券購入、乗車でもポイントが貯まる!
ソラチカカード(ANA To Me CARD PAMO JCBの公式サイトはこちら!


2)首都圏在住だが主にJR東日本を利用している人、首都圏以外に在住で「モバイルSuica」を利用している人、利用明細はウェブで確認できれば十分な人
⇒「ANA VISA Suicaカード」を利用

ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
マイルが貯まる!ANA VISA Suicaの詳細はこちら
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円(マイル移行手数料は年6000円)
家族カード なし
おすすめポイント  マイル移行手数料は割高だが、モバイルSuicaの年会費無料Suicaチャージでのポイント付与はメリット大
ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら

(関連記事はこちら!⇒徹底比較!ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカードは?・中編

 通常の年会費(+マイル移行手数料)では、「ANA VISA Suicaカード」のほうが「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」よりも1000円高いが、「ANA VISA Suicaカード」では「モバイルSuica」の年会費(1000円)が無料になるので、交通系電子マネーで唯一、スマホや携帯電話で利用できる「モバイルSuica」を利用している人にとっては条件はほぼ同等となる。

 また、ANA VISA Suicaカード」は「カード利用代金明細書」を郵送ではなくウェブ上でチェックする「WEB明細書サービス」に登録すると年会費が500円割引の1500円に、「マイ・ペイすリボ」に登録し、カードを年1回以上利用すると年会費が1250円割引の750円になる「年会費割引特典」があるので、これを利用すればANA VISA Suicaカード」のほうが年会費が安くなる。

 しかし、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」には、「東京メトロ」に乗車するだけで平日なら5メトロポイント(=3マイル)、土休日なら15メトロポイント(=9マイル)が貯まる特典がある(ただし、「定期券面区間外」の乗車に限る)ので、首都圏在住で東京メトロを利用する機会があるビジネスマンなら仕事の移動時でもコツコツマイルが貯められる。この点は「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」だけの大きなメリットだ。
(詳しくは次回の「中編」を参照⇒ANAマイルを貯めている人は必見!2枚のクレジットカード+ポイントサイトを使ってANAマイルを通常の1.35倍も貯める裏ワザ大公開!

 では、なぜANA VISA Suicaカード」と「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」が「ANAマイル系クレジットカードで一番おすすめ」なのか、各ANAカードの特徴をまとめて、さまざまなANAカードを徹底比較していこう。

ANAカードの「一般カード」と「ワイドカード」の違いとは?

 「ANAカード」には、大きく分けて2種類ある。「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」だ。

  ANA一般カード ANAワイドカード
年会費(税抜) 2000~7000円 7250円
カード利用時の
マイル付与
1000円=10マイル
(10マイルコース利用時)
1000円=10マイル
(10マイルコース利用時)
入会・継続時
ボーナスマイル
1000マイル 2000マイル
搭乗時
ボーナスマイル
区間基本マイレージ×10% 区間基本マイレージ×25%
空港での
サービス
ビジネスクラス専用
 チェックインカウンターの利用
優待割引特典 空港免税店の購入時10%オフ
提携ホテル特典 朝食・ウェルカムドリンク提供

 

 この「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の違いは、主に「ANA便に搭乗する際に付与されるボーナスマイルの付与率」と「年会費」。

 まずは、「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の「ボーナスマイルの付与率の違い」について解説していこう。

「AANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の「搭乗時ボーナスマイル」は
「ANA一般カード」=「区間基本マイレージ×10%
「ANAワイドカード」=「区間基本マイレージ×25%
となっている。

 この「10%」と「25%」の差はどの程度のものなのか?

 例えば、「東京(羽田)⇔大阪(伊丹)」を通常価格の航空券で往復した場合、通常の搭乗マイルは「560マイル」になる。

 この場合、「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」では搭乗時に「区間基本マイル+区間基本マイルの10%(ボーナスマイル)」が付与されるので、付与されるマイルは合計で「区間基本マイル560マイル+ボーナスマイル56マイル=616マイル」。

 一方、「ANAワイドカード」では搭乗時に「区間基本マイル+区間基本マイルの25%」付与されるので、付与されるマイルは合計で「区間基本マイル560マイル+ボーナスマイル140マイル=700マイル」となる。

「東京(羽田)⇔大阪(伊丹)」間のように短いフライトではあまり差がつかないが、例えば、「東京(成田)⇔ハワイ(ホノルル)」の場合は「区間基本マイル=7662マイル」なので、付与されるマイル数は「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」では「合計8428マイル」なのに対し、「ANAワイドカード」では「合計9577マイル」も貯まることになる。

「東京(成田)⇔ハワイ(ホノルル)」間で考えた場合、「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の差は「1149マイル」。「1149マイル」を通常のクレジットカード利用で貯めるには11万4900円が必要なので、毎年必ずハワイに行く人なら年会費が多少高くても「ANAワイドカード」のほうが有利、と考えることもできるだろう。

 ただし、実は購入する航空券によっては「区間基本マイル」が大幅に減ることもある。その場合を考えるとどうだろうか。

ANAを頻繁に利用する人以外は年会費が安い「一般カード」で十分!

 ただし、実際にANA便を利用する際には、定価の航空券ではなく、「エコ割」などを利用することも多い。その場合、「区間基本マイル」が通常の「区間基本マイル」の30~75%しかつかないこともある。その場合、ボーナスマイルで得られるマイルの差も減ってしまう。

 また、搭乗時のボーナスマイル付与率が高くても、例えば、ANAマイルを「Suica」や「楽天Edy」に交換する場合には「1マイル=1円相当」にしかならない。つまり、前述の「東京(成田)⇔ハワイ(ホノルル)」間のボーナスマイルの差も、貯めたマイルを電子マネーに交換する場合の金額で考えれば、わずか「1149円」差しかなくなってしまう。

 この差額を「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の「年会費の差額」と比較した場合、どちらが有利になるだろうか。

「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の年会費の差は、主なカードで比較すると5500円程度。ただし、「ANAワイドカード」の場合、「クレジットカードの継続(更新)時に2000マイル」のボーナスマイルがもらえる。「ANA一般カード(VISA /JCB /AMEX)」の場合 は「1000マイル」なので、これも含めて考えれば「搭乗時のボーナスマイル15%の差=4500マイル」となる。

 搭乗時のボーナスマイルの付与率の差は「15%」なので、「搭乗時のボーナスマイル15%の差=4500マイル=4500円」になる人にとっては「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」よりも「ANAワイドカード」にしたほうが有利ということになる。

「搭乗時のボーナスマイル15%の差=4500マイル」になるためには、通常価格の航空券で「3万マイル」の距離の搭乗が必要になる。

 これは「東京(成田)⇔タイ(バンコク)」間なら約6往復分、「東京(成田)⇔米国(サンフランシスコ)」間なら約3往復分に匹敵する。

 こうして考えると、「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の「年会費」の差を埋めるには、普段からよほどANAを利用していることが条件となりそうだ。一般的には「ANA一般カード(VISA /JCB / AMEX)」で十分、と言えるだろう。

 次回は、「ANAマイルを貯めている人は必見!ANAマイルを貯めている人は必見! ANAマイルを効率的に貯めるなら、首都圏在住者は「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」がもっとも得!」として、「ANA一般カード(VISA /JCB / AMEX)」の中で、どのクレジットカードが有利にマイルを貯められるのかを「コスト」「有効期限」などの面から比較し、具体的に比較、紹介していこう。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PAMO JCB)
還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時
おすすめクレジットカード!マイルが貯まる!ソラチカカード(ANA To Me CARD PAMO JCB)公式サイトはこちら
発行元 ANAカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度年会費無料、2年目以降2000円(マイル移行手数料は年5000円)
家族カード あり(年1000円、税抜)
おすすめポイント 年会費+マイル移行手数料の年間維持費が安く東京メトロの定期券購入、乗車でもポイントが貯まる!
ソラチカカード(ANA To Me CARD PAMO JCBの公式サイトはこちら!
ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
マイルが貯まる!ANA VISA Suicaの詳細はこちら
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円(マイル移行手数料は年6000円)
家族カード なし
おすすめポイント  マイル移行手数料は割高だが、モバイルSuicaの年会費無料Suicaチャージでのポイント付与はメリット大
ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら

【ANAカード、ANAマイルに関する最新記事はこちら!】
◆「ANAカード」のコストと獲得マイルを徹底比較!「ANA VISA Suicaカード」と「ソラチカカード」で低コスト&高還元でANAマイルが貯まるのはどっち?


 ◆マイルの貯まりやすさで選ぶ!
 高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカードはコレだ!

航空会社 年会費
(+費用、税抜)
国際
ブランド
還元率(※1) カード
フェイス
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
提携航空会社
15社どこでも
1万円 AMEX 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード詳細はこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
「マイル系最強カード」との呼び名が高いカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金では通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすい。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに無期限で交換が可能
関連記事
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ!(マイル系カード部門)
◆航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!!!ランキングアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANA(全日空) 7000円
(+6000円)
AMEX 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングANAアメリカン・エキスプレス・カード詳細はこちら
【ANAアメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
ANAマイルを「無期限」で貯められるため、「ANAマイルを有効期限内に使えない」という悩みを解消できる! 大量にマイルを貯めれば「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券と交換が可能になり、1マイルの価値を高められるのがメリット。海外旅行傷害保険などの付帯サービスも充実
関連記事
◆「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」ならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ!じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
◆「長距離+ビジネスクラス」の航空券への交換で驚異の還元率5~7%も達成可能になる!有効期限3年のANAマイルを無期限で貯める方法!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
 スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
(SPGアメックス)
30社以上の
提携航空会社
3万1000円 AMEX 1.875%
(※)
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード詳細はこちら
【スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
ポイントは無期限で貯められ、30社以上の航空会社のマイルに交換可能。2万ポイント=2万5000マイルの高い交換レートで移行できるので還元率1.875%の高還元カードに! 世界的ホテルグループ「スターウッドホテル&リゾート」との提携カードなので、年会費を支払って更新すると系列ホテルの無料宿泊券が毎年もらえるのもメリット。日本では東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」や「ウェスティンホテル東京」などに宿泊可能で、その宿泊料金は2万5000円程度なので年会費は実質6000円程度と格安に!
(※1マイル=1.5円換算。SPGポイントを2万ポイント、一度にマイルに移行した場合)
【関連記事】
◆[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2017年最新版、一番おすすめのカードはコレだ!(マイル系カード部門)
◆SPGアメックスがさらなる進化で“神”カードに!? マリオットホテルのスターウッドホテル買収により、世界No.1ホテルチェーンでも得する最強カードに!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
 MileagePlusセゾンカード
ユナイテッド航空 1500円
(+5000円)
VISA、AMEX、Mater 2.25%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングMileagePlusセゾンカード詳細はこちら
【MileagePlusセゾンカードのおすすめポイント】
スターアライアンス系のユナイテッド航空「マイレージプラス」の最強カード。カード+マイルアップメンバーズの年会費合計6500円で「100円=1.5マイル」貯まる驚異的な還元率。「マイレージプラス」は有効期限が「実質無期限」で最低6000マイルから使えて初心者も貯めやすい!
関連記事ユナイテッド航空のマイルを効率よく貯められるおすすめカードは「MileagePlus セゾンカード」!実質無期限で、ANAマイルと比較して得することも!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!MileagePlusセゾンカードの公式サイトはこちら
 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
デルタ航空 2万6000円 AMEX 1.5%
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキングデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード詳細はこちら
【デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおすすめポイント】
デルタ航空やエールフランスなどが加盟する「スカイチーム」のゴールド会員資格がもらえるという特典つきのお得なカード。「スカイチーム」の空港ラウンジが利用可能になるほか、搭乗時のボーナスマイルが2倍、優先搭乗、座席のアップグレードなどワンランク上の旅行が実現可能に!
関連記事
◆デルタ航空の「スカイマイル」を効率よく貯められる最強クレジットカードは「JCBテイクオフカード」!無期限のデルタ航空のマイルで得する方法を伝授
◆「デルタ アメックス・ゴールドカード」があれば、空港で優先チェックインや優先手荷物検査など、ビジネスクラス同等の快適サービスが利用できる!

◆「ステータスマッチ」でホテルの上級会員になろう!「デルタ アメックス・ゴールドカード」を使えば、1泊もせずにマリオットのゴールド会員を入手可能!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
2019年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ダイナースで選ぶ!ダイナースでおすすめクレジットカード
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年2月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
(nanacoへの
チャージ分は
還元率0.5%)
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、「nanaco」チャージでも0.5%分のTポイントが貯まる!
関連記事
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
  • 【OricoCard THE POINT】
    「Apple Pay」対応クレジットカードの中で
    還元率は最高レベル⇒関連記事はこちら

    「Apple Pay」対応のOricoCard THE POINTカードの公式サイトはこちら
  • 「SPGアメックス」は高級ホテルで得する
    最強のホテルカード!⇒関連記事はこちら

    SPGアメックス・カード公式サイトはこちら
  • 「ダイナース」は一般カードでもプラチナ級の
    豪華特典つき!⇒関連記事はこちら

    「ダイナース」は一般カードでもプラチナ級の豪華特典つき!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン ダイナースクラブカード インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング