クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2017年10月11日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「マイキープラットフォーム」の登録方法を解説!
マイナンバーカードの「自治体ポイント」を使うなら
自治体の図書館などで「マイキーID」を作成しよう!

「マイキープラットフォーム」の登録方法

 2017年9月25日(月)に、総務省の「自治体ポイント」が突然始まった。正直、「自治体ポイント」に関する記事を読んでも、Webサイトを見ても、具体的な利用方法などがよくわからなかったので、実際にやってみることにした。
(※関連記事はこちら!⇒マイナンバーカードの「自治体ポイント」とは?クレジットカードなどで貯めたポイントやマイルを地元商店街や「名物チョイス」で利用できるように!

 筆者は、もともと「自治体ポイント」が始まることを知っていたので、マイナンバーカードは保有している。「自治体ポイント」の利用方法を解説するWebサイト「自治体ポイントナビ」にアクセスして、クレジットカードなどのポイントを「自治体ポイント」に交換する方法を確認したところ、マイナンバーカードの保有に加えて、「マイキーID」を作らなければならないとのことだった。「マイキーID」とは、「マイキープラットフォーム」にログインするIDのことで、これがなければ何も始まらない。

クレジットカードのポイントなどを「自治体ポイント」に交換する方法
「自治体ポイントナビ」に掲載されている、クレジットカードのポイントなどを「自治体ポイント」に交換する方法。
拡大画像表示

 まず、「マイキープラットフォーム」にアクセスし、「マイキーID作成・登録 準備ソフトのダウンロード」を行なった。このソフトをインストールし、「マイキーIDの作成・登録」にアクセスした。

マイキーID作成・登録 準備ソフトのダウンロード「マイキーID作成・登録 準備ソフトのダウンロード」を行なうには、「Internet Explorer11」が必要。
拡大画像表示

 対応ブラウザは「Internet Explorer 11(IE11)」とのことなので、「IE 11」でアクセスした。ちなみに、Microsoft Edgeの場合は、右上の「…」をクリックし、「Internet Explorerで開く」を実行するとIEでアクセスできる。

マイキーIDを設定マイキーIDを作成するには、ICカードリーダライタでマイナンバーカードを読み取る必要があると表示された。
拡大画像表示

 IEでアクセスすると、「公的個人認証サービスに対応しているICカードリーダライタをパソコンに接続後、マイナンバーカードをICカードリーダライタにセットしてください」と、一気にやる気が無くなるメッセージが表示された。つまり、ICカードリーダライタを持っていないなら、ソフトのインストールなどは無駄だったというわけだ。

 ICカードリーダライタを持っていない場合は、「マイキープラットフォーム」が導入されている自治体の図書館などで、マイキーIDを作成できるとのことだった。東京都の場合は、2017年9月25日(月)より、豊島区立中央図書館でマイキーIDを作成できるとのことなので、実際に行ってみることにした。

豊島区立中央図書館

 豊島区立中央図書館で図書館カードを作成し、「マイキーIDを作成したい」と伝えると、担当者の方にバトンタッチ。

 マイキーIDを作成できる端末に案内されたのだが、そこには「パソリ」があった。「公的個人認証サービスに対応しているICカードリーダライタ」は、「パソリ」でよかったわけだ。筆者は「パソリ」を保有しているため、自宅でもマイキーIDを作成できたことになる。

パソリ」に、顔写真を表にした状態でマイナンバーカードを設置し、「利用者証明用電子証明書パスワード入力」をクリックした。なお、マイナンバーカードに設定した4桁のパスワードを入力する必要があるので、事前に思い出しておいたほうが良いだろう。

 次に、マイキーIDを英数字8桁で設定した。なお、マイキーIDの作成に使える英字は、大文字だけなので注意しよう。ログイン時は、大文字と小文字を区別するため、ログイン画面で小文字を入力してしまうと、ログインできない。また、8桁のIDをランダムで作成することも可能だったが、覚えやすいように自分で作成したほうが良いだろう。

 続いて、6~16桁の英数記号でパスワードを設定した。その際に、担当者の方に紙を渡されたので、マイキーIDとパスワードを控えておくことができた。

 担当者の方に説明してもらいながらマイキーIDを作成したが、10分ほどで無事に完了。意外にあっさりと作成できた。このマイキーIDとパスワードがあれば、ICカードリーダライタが無くても、自宅のパソコンから「マイキープラットフォーム」にログインできる。

 ちなみに、図書館カードとマイナンバーカードを紐付けることも可能だが、「マイキープラットフォーム」を利用するだけなら、紐付けなくても問題はない。

 ようやくこれで、クレジットカードなどのポイントやマイルを「自治体ポイント」に交換する準備が終わった。マイナンバーカードを保有しておらず、「パソリ」も持っていない場合は、準備する段階で脱落してしまうのではないだろうか。

 以上、今回は、「マイキープラットフォーム」を利用するためのマイキーIDの作成方法を解説した。次回は、「マイキープラットフォーム」とポイントやマイルの連携、自治体ポイントへの交換方法をそれぞれ解説したい。

◆クレジットカードの専門家2人が選んだ、最強のクレジットカードはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!