クレジットカード比較
2018年3月30日公開(2019年2月5日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
<Sponsored Content>

ICOCA、nimocaなどの地元の交通系ICカードより、
「モバイルSuica+ビューカード」を使うほうがお得!
スマホからチャージ可能で、全国どこでも1.5%還元!

「ICOCA」や「nimoca」などの交通系ICカードよりも、
「モバイルSuica+ビックカメラSuicaカード」のほうがお得!

 「Suica」と言えば、“関東圏の交通系ICカード”というイメージが強いはず。そのため、関東圏以外に住んでいる人で、「Suica」を使おうと考えたことがある人は少ないだろう。しかし、実は、全国のどこに住んでいても「Suica」を使ったほうがお得だとしたら、どうだろうか?

 というのも、「ICOCA」や「nimoca」などの場合、その交通系ICカードを発行している交通事業者の電車やバスを利用したときには、ポイントが貯まったり、運賃が割引されたりしてお得なのだが、そのほかの交通事業者の電車やバス、コンビニなどでの利用時は、還元率が大きく下がってしまう(理由は後述)。つまり、一般的な交通系ICカードは、限られた場所でしか得しないというわけだ。

 一方、「Suica」なら、JR東日本以外の電車やバスに乗ったときも、コンビニやスーパーなどで買い物したときも、1.5%分のポイントを獲得する方法がある。そのカギになるのが、いつでも携帯電話からクレジットカードでチャージできる「モバイルSuica」と、この「モバイルSuica」へのチャージで1.5%分のポイントを獲得できる高還元クレジットカード「ビューカード」、その中でも“実質”年会費無料で使えてお得な「ビックカメラSuicaカード」の2つ。

 結論だけ先に言ってしまうと、関東のSuicaエリアに住んでいる人はもちろん、関西のICOCAエリアや九州のnimocaエリアなどに住んでいる人も、交通系ICカードを使うなら、「モバイルSuica+ビックカメラSuicaカード」を利用するのがもっともお得だ。今回は、この「モバイルSuica+ビックカメラSuicaカード」のお得な活用方法について、詳しく解説していこう。

◆“実質”年会費無料で、もっともお得な「ビューカード」はコレ!
ビックカメラSuicaカード
還元率 1.0~1.5%
(一般加盟店1.0%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなど1.5%
「ビックカメラSuicaカード」のカードフェイス
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降477円
(年一回の利用で次年度無料
家族カード(税抜) なし、
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica(ともに還元率1.5%
関連記事 Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で実質年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!
「ビックカメラSuicaカード」の公式サイトはこちら

「ICOCA」や「nimoca」など、「Suica」以外の交通系ICカードには、
“限られたエリアでしか得しない”という弱点がある!

 まず、「モバイルSuica+ビックカメラSuicaカード」の活用方法を解説する前に、「ICOCA」や「nimoca」などの交通系ICカードの弱点を詳しく見てみよう。

 「Suica」「PASMO」「ICOCA」「nimoca」「manaca」「Kitaca」など、全国にはさまざまな「交通系ICカード」があるが、そのほとんどは、2013年3月から相互利用できるようになった。例えば、「ICOCA」を持っていれば、「Suica」や「nimoca」に対応している交通機関や店舗も利用できるというわけだ。そのため、「どこに行くにも、地元の交通系ICカードを使っている」という人は多いだろう。

 たしかに、交通系ICカードを1枚持つだけで、全国のほとんどの電車に乗れたり、コンビニやドラッグストアなどで買い物もできたりするのは「便利」ではある。しかし、「その使い方はお得か」と言われると、必ずしもそうとは言い切れない。

 例えば、JR西日本の交通系ICカード「ICOCA」を使う場合を考えてみよう。「ICOCA」には、クレジットカードでチャージできる「SMART ICOCA」という種類のカードがある。この「SMART ICOCA」なら、ICOCAエリア(JR西日本)の駅構内にあるクイックチャージ機や自動券売機でチャージすると、クレジットカードのポイントを獲得できる。さらに、「SMART ICOCA」でICOCAエリアの電車に乗ると、乗車ポイントとして、月間の利用運賃200円ごとに1ポイント(=還元率0.5%)も獲得可能だ。このように、ICOCAエリア内での利用については、「SMART ICOCA」の合計還元率は1.0~1.5%ほどになるので、「お得」と言えるだろう。

■還元率0.5%のクレジットカードでチャージして、ICOCAエリア内の電車に乗った場合
クレジットカードのポイント0.5%分+乗車ポイント0.5%分=還元率1.0%

「SMART ICOCA」へのクイックチャージ(クレジットカードからのチャージ)は、ICOCAエリア内のみ対応。
拡大画像表示

 では、ICOCAエリア外での利用についてはどうだろうか。「SMART ICOCA」の場合、ICOCAエリア外ではクレジットカードによるチャージができない。チャージ不足の際は現金でチャージするしかないので、クレジットカードのポイントは獲得不可能だ。さらに、ICOCAエリア外では乗車ポイントも獲得できない。この場合は、「SMART ICOCA」の合計還元率0%になってしまうので、まったく「お得」ではない。

■現金でチャージして、ICOCAエリア外の電車に乗った場合
還元率0%

 上記では「ICOCA」を例として挙げたが、そのほかの交通系ICカードも仕組みや特典はほぼ同じ。したがって、下記の2つが、「Suica」以外の交通系ICカードに共通する弱点と言える。

(1)エリア外では、クレジットカードによるチャージはできない
(2)エリア外では、乗車によってポイントが貯まったり、運賃が割引になったりするサービスは受けられない

 このように、「Suica」以外の交通系ICカードには、エリア内とエリア外で、利便性や還元率が大きく異なってしまうという弱点がある。もちろん、ICOCAエリアの電車に乗るときは「ICOCA」を使って、nimocaエリアの電車に乗るときは「nimoca」を使って……と、エリアによって交通系ICカードを使い分ければ、この弱点は解消できる。とはいえ、いちいち何枚もの交通系ICカードを使い分けるのは、あまり現実的ではないだろう。

 そこで活躍するのが、冒頭で述べた「モバイルSuica+ビックカメラSuicaカード」の組み合わせだ。ここからは、「モバイルSuica+ビックカメラSuicaカード」が、ほかの交通系ICカードとどのように違うのか解説していこう。

◆“実質”年会費無料で、もっともお得な「ビューカード」はコレ!
ビックカメラSuicaカード
還元率 1.0~1.5%
(一般加盟店1.0%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなど1.5%
「ビックカメラSuicaカード」のカードフェイス
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降477円
(年一回の利用で次年度無料
家族カード(税抜) なし、
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica(ともに還元率1.5%
関連記事 Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で実質年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!
「ビックカメラSuicaカード」の公式サイトはこちら

「モバイルSuica」なら、いつでもどこでもチャージできるうえに、
「ビューカード」からのチャージで1.5%分のポイントが貯まる!

 先ほど、「Suica」以外の交通系ICカードに共通する弱点を2つ挙げた。なぜ、「Suica」だけは例外なのかと言うと、その理由は、数ある交通系ICカードの中で唯一、「Suica」だけがスマートフォンやガラケーで利用できるサービス「モバイルSuica」を用意していることにある。

「モバイルSuica」のメリット「モバイルSuica」なら、いつでもどこでもクレジットカードからチャージできる。
拡大画像表示

 「モバイルSuica」とは、自分が持っている携帯電話を「Suica」として利用できるアプリのこと。一般的な交通系ICカードとの大きな違いは、クレジットカードを紐付ければ、携帯電話の操作でチャージできることにある。つまり、「モバイルSuica」なら、Suicaエリア外で残高不足になったときも、その場でチャージできるため、クレジットカードのポイントを取りこぼすことがないというわけだ。

 ちなみに、長らく「モバイルSuica」は、Androidのスマートフォン(またはガラケー)でしか利用できなかったが、2016年に「Apple Pay」のサービスが始まったことにより、現在はiPhone(iPhone 7以降)でも利用可能。そのため、スマートフォンまたはガラケーを持っている人なら、ほとんど誰でも「モバイルSuica」を利用できる

 このように、「モバイルSuica」は、いつでもどこでもクレジットカードでチャージできるため、「(1)エリア外では、クレジットカードによるチャージはできない」という弱点がないのだ。

 では、交通系ICカードの2つ目の弱点、「(2)エリア外では、乗車によってポイントが貯まったり、運賃が割引になったりするサービスは受けられない」という点はどうか。

 「モバイルSuica」の場合は、駅ビルや駅構内の店舗のほか、「アリオ」や「イトーヨーカドー」などで利用すると、100円または200円につき、「JRE POINT(ジェイアールイー ポイント)」が1ポイント貯まる特典がある(=還元率0.5~1.0%)。ただし、残念ながら、「モバイルSuica」も、ポイントが貯まるサービスを受けられるのは、基本的に関東や仙台などのSuicaエリア内のみとなっている。

 しかし、「モバイルSuica」には、ほかの交通系ICカードとは違って、大きなメリットがもうひとつある。それは、JR東日本グループが発行するクレジットカード「ビューカード」なら、「モバイルSuica」にチャージした時点で、1.5%分のビューサンクスポイントを獲得できることだ。

 一般的な交通系ICカードの場合は、エリアを気にしながら使わないと、還元率1%以上を維持するのは難しい。一方、「モバイルSuica+ビューカード」の場合は、エリアに縛られずに、常時還元率1.5%を実現できる。つまり、「モバイルSuica+ビューカード」なら、Suicaエリア外の電車に乗ったときはもちろん、コンビニやドラッグストアで「モバイルSuica」を利用したときなど、いつでもどこでも1.5%の高還元というわけだ。

 また、「ビューカード」のほかにも、「モバイルSuica」へのチャージでポイントが貯まるクレジットカードはあるが、いつチャージしても1.5%分のポイントが貯まるクレジットカードは「ビューカード」だけとなっている。

 しかも最近では、「モバイルSuica」へのチャージで付与されるポイントの条件を改悪するクレジットカードが増えている。例えば、還元率1%の「楽天カード」の場合は、2017年11月1日から「モバイルSuica」へのチャージではポイントを獲得できなくなってしまった。また、還元率1.2%の「リクルートカード」の場合は、2018年4月16日から電子マネーのチャージで月間3万円を超えた分はポイント付与の対象外になる。

 一方、「ビューカード」なら、チャージした時点で1.5%分のポイントが貯まるうえに、「Suica」と同じく、JR東日本グループが発行しているので、今後も改悪される可能性が低いと思われる。さらに、「ビューカード」なら、「モバイルSuica」の年会費1030円(税込)が当面の間は無料になるというメリットもあるので(Apple Payの「モバイルSuica」の場合は、もともと年会費無料)、「モバイルSuica」をお得に使いたいなら「ビューカード」の保有が必須と言える。

 では、「モバイルSuica」へのチャージで1.5%分のポイントが貯まる「ビューカード」の中で、もっともお得な1枚が、どうして「ビックカメラSuicaカード」なのか。そこで次は、主要な「ビューカード」の年会費と還元率を見てみよう。

「ビューカード」の中で、もっともお得なのは、
“実質”年会費無料で、通常還元率1%の「ビックカメラSuicaカード」!

 まず、主要な「ビューカード」の年会費や還元率をまとめたので、それぞれを比較してみよう。

■主要な「ビューカード」の年会費や還元率を比較!
年会費
(税抜)
通常の
還元率
Suica
チャージ
還元率
国際
ブランド
カード
フェイス
初年度 2年目
以降
 ◆「ビュー・スイカ」カード
477円 0.5% 1.5% VISA
Master
JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
 ◆ビックカメラSuicaカード
無料 477円
(ただし、
年1回でも
利用すれば、
次年度以降の
年会費無料)
1.0% 1.5% VISA
JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
 ◆JALカードSuica
無料 2000円 0.5%
(※)
1.5%
(※)
JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
 ◆ビューゴールドプラスカード
1万円 0.5% 1.5% JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
※1マイル=1円換算

 表を見ると、それぞれのクレジットカードは、「モバイルSuica」へのチャージで1.5%分のビューサンクスポイントを獲得できることは共通しているが、年会費や通常還元率が異なっている。そして、それぞれの年会費と通常還元率を比較すると、「ビックカメラSuicaカード」がもっともお得なクレジットカードであることがわかるだろう。

◆“実質”年会費無料で、もっともお得な「ビューカード」はコレ!
ビックカメラSuicaカード
還元率 1.0~1.5%
(一般加盟店1.0%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなど1.5%
「ビックカメラSuicaカード」のカードフェイス
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降477円
(年一回の利用で次年度無料
家族カード(税抜) なし、
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica(ともに還元率1.5%
関連記事 Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で実質年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!
「ビックカメラSuicaカード」の公式サイトはこちら

 この「ビックカメラSuicaカード」の最大の特徴は、クレジットカードの利用時に、0.5%分のビューサンクスポイントに加えて、0.5%分のビックポイントも獲得できること。つまり、合計還元率1%と、ほかの「ビューカード」の2倍のポイントが貯まるのだ。

 また、貯めたビューサンクスポイントとビックポイントのそれぞれは、「モバイルSuica」にチャージすることも可能で、ビューサンクスポイントの場合は「400ポイント=1000円」として、ビックポイントの場合は「1500ポイント=1000円」としてチャージできる。

 ちなみに、2018年6月28日からは、ビューサンクスポイントではなく、JR東日本グループの新たなポイント「JRE POINT」が貯まるようになる。JRE POINTの場合は、「モバイルSuica」にチャージして「1ポイント=1円」として利用できるほか、ショッピングサイトの「JRE MALL」でも「1ポイント=1円」として利用できるようになる。今後は、「ビックカメラSuicaカード」の利便性がますますアップするというわけだ。

 さらに、「ビックカメラSuicaカード」は、年に1回でもカードを利用すれば、次年度の年会費が無料になる、“実質”年会費無料カードというのも大きなメリット。これは、主な「ビューカード」の中でも、「ビックカメラSuicaカード」だけの特典。つまり、「ビックカメラSuicaカード」なら、一切コストをかけずに「モバイルSuica」を利用できるということになる。

 このように、「ビックカメラSuicaカード」は、「モバイルSuica」へのチャージで1.5%分のポイントが貯まるだけでなく、通常還元率も1.0%と高還元なうえに、年に1回でも利用すれば次年度の年会費が無料になるなど、メインカードとして使えるほどにお得なクレジットカードとなっているのだ。

◆“実質”年会費無料で、もっともお得な「ビューカード」はコレ!
ビックカメラSuicaカード
還元率 1.0~1.5%
(一般加盟店1.0%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなど1.5%
「ビックカメラSuicaカード」のカードフェイス
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降477円
(年一回の利用で次年度無料
家族カード(税抜) なし、
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica(ともに還元率1.5%
関連記事 Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で実質年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!
「ビックカメラSuicaカード」の公式サイトはこちら

 さて、ここまでの内容をまとめると、「数ある交通系ICカードの中でもっとも使い勝手が良いのが、携帯電話ひとつでクレジットカードからチャージができる『モバイルSuica』」で、「その『モバイルSuica』へのチャージで、もっともお得なクレジットカードが『ビックカメラSuicaカード』」となる。

 「モバイルSuica」なら、大阪に住んでいようと、札幌に住んでいようと、携帯電話さえ持っていれば、いつでもどこでもクレジットカードからチャージできるほか、電車やバスに乗ったり、コンビニなどで買い物できたりするので非常に便利。しかも、「ビックカメラSuicaカード」でチャージした時点で1.5%分のポイントを獲得できるため、節約ツールとしても優秀だ。

 「モバイルSuica+ビックカメラSuicaカード」は、関東圏に住んでいる人だけでなく、全国どこに住んでいる人でも、お得&便利に使える。今まで、「ICOCA」「nimoca」「manaca」「Kitaca」など、地元の交通系ICカードしか使ってこなかった人は、「モバイルSuica+ビックカメラSuicaカード」の活用を検討してみてはどうだろうか。

<Sponsored Content>―――――――――――――――――――――――

【今、「ビックカメラSuicaカード」に入会すると最大1万6000円相当のポイントがもらえる! さらに、抽選で1000名に2000円相当のビックポイントが当たるキャンペーンも実施中!】
新規入会で2000円相当、新規入会して2019年6月30日までにSuicaのオートチャージを合計3000円以上利用すると500円相当、カードを5万円以上利用すると3500円相当と、合計6000円相当のJRE POINTがもらえる! さらに、2万1円以上の定期券を購入すると、抽選1000名に1万円相当のJRE POINTが当たるチャンスも! そのほか、利用する国際ブランドにJCBを選べば、抽選で1000名に2000ビックポイントが当たるキャンペーンも実施中
■キャンペーン開催期間:2019年2月1日~2019年4月30日(要エントリー)

◆“実質”年会費無料で、もっともお得な「ビューカード」はコレ!
ビックカメラSuicaカード
還元率 1.0~1.5%
(一般加盟店1.0%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなど1.5%
「ビックカメラSuicaカード」のカードフェイス
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降477円
(年一回の利用で次年度無料
家族カード(税抜) なし、
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica(ともに還元率1.5%
関連記事 Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で実質年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!
「ビックカメラSuicaカード」の公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
2019年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ダイナースで選ぶ!ダイナースでおすすめクレジットカード
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年2月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
(nanacoへの
チャージ分は
還元率0.5%)
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、「nanaco」チャージでも0.5%分のTポイントが貯まる!
関連記事
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
  • 【OricoCard THE POINT】
    「Apple Pay」対応クレジットカードの中で
    還元率は最高レベル⇒関連記事はこちら

    「Apple Pay」対応のOricoCard THE POINTカードの公式サイトはこちら
  • 「SPGアメックス」は高級ホテルで得する
    最強のホテルカード!⇒関連記事はこちら

    SPGアメックス・カード公式サイトはこちら
  • 「ダイナース」は一般カードでもプラチナ級の
    豪華特典つき!⇒関連記事はこちら

    「ダイナース」は一般カードでもプラチナ級の豪華特典つき!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン ダイナースクラブカード インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株の儲け方
じぶんで作る年金
株主優待123銘柄

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【高配当株+Jリートの儲け方】

最強「日本株」の選び方!
利回り4%以上の全221銘柄の辛口
高配当株の投資ワザ9とオススメ銘柄
・とにかく
高い配当収入にこだわる! 
・配当を取りつつ
値上がり益を狙う
米国高配当株で配当&上昇を狙う! 
・Jリートで
4%以上の家賃収入!

毎月収入があるしくみを作れ! 
じぶんで作る
年金ガイド
しくみ作りを計画!
4人の達人のリアル事例集

ZAi読者2018年に買った株を診断!
値下がり株をメッタ斬り! 
・診断1-「IPO株」
ソフトバンクなど
・診断2-「お騒がせ株」
TATERUなど
・診断3-「優待株」
RIZAPグループ
・診断4-「高配当株」日産自動車など
・診断5-「有名株」
楽天など

フリマアプリお小遣い稼ぎ
●毎月分配型投信100本の本当の利回り

【別冊付録】
消費増税から生活を守る株主優待123銘柄

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング