クレジットカード比較

目標はビジネスクラスで行く欧米への往復航空券!
還元率7%以上も可能な[マイルが無期限]になる
おすすめのマイル系クレジットカードはコレだ!

2013年11月6日公開(2021年5月28日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 これまで、この「クレジットカード比較」では、何度か「高還元になるマイルの魅力」を掲載してきた。

 そこで紹介してきた「貯めたマイルを高還元で航空券に交換する前提条件」は「長距離×ビジネスクラス」の航空券への交換。

 しかしこの際、問題になるのは「マイルの有効期限」だ。

国内航空会社のマイルは有効期限が短く、
「長距離×ビジネス」に交換するハードルが高すぎる!

 通常、ANAやJALなど国内航空会社では「クレジットカードで貯めたポイントをマイルに交換する有効期限=2年」で、「マイルを航空券に交換する有効期限=3年」となっている。つまり、最大でも5年分のクレジットカード利用で貯まったマイルしか、同時には航空券に交換できないことになる。

 もし、クレジットカードの年間利用額が100万円だった場合、「100円=1マイル」が貯まるクレジットカードでは、5年間で最大5万マイルになる。

 では、マイルを航空券に交換するレートはどのようになっているのか。今回はANAマイルの必要マイル数を調べてみた。

区間 往復料金(最安値) 必要マイル数 1マイルの価値
 東京-大阪(伊丹) 2万140円  1万2000マイル  1.7円 
 東京-沖縄 3万6140円  1万8000マイル  2円 
 東京-ソウル 3万2000円  1万5000マイル  2.1円 
 東京-上海 5万3500円  2万マイル  2.7円 
 東京-シンガポール 4万円  3万5000マイル  1.1円 
 東京-ハワイ(ホノルル) 11万円  4万マイル  2.8円 
 東京-ロサンジェルス
(エコノミー)
8万円  5万マイル  1.6円 
 東京-ロサンジェルス
(ビジネス)
47万8000円  8万マイル  6円 
 東京-ニューヨーク
(エコノミー)
9万2000円  5万5000マイル  1.7円 
 東京-ニューヨーク
(ビジネス)
60万8000円  8万5000マイル  7.2円 
 東京-パリ
(エコノミー)
19万5000円  5万5000マイル  3.5円 
 東京-パリ
(ビジネス)
54万円  8万5000マイル  6.4円 


 このように、5万マイルで交換が可能なのは「東京(成田)⇔ロサンジェルス」間のエコノミーの往復航空券が限界で、還元率が5%以上になる欧米へのビジネスクラス航空券に必要な8万マイルは貯まらない。

 しかし、実は「マイルの有効期限=無期限」の航空会社、クレジットカードも存在している。それらを利用すれば、高還元が実現する「長距離×ビジネスクラス」の航空券への交換も可能になる。

デルタ航空のクレジットカードなら無期限で、
マイレージの上級会員資格も得られる!

 例えば、米国のデルタ航空のマイレージ・プログラム「スカイマイル」では、そもそもマイルの有効期限が無期限に設定されている。これは「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」や「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」などの提携クレジットカードを利用して貯めたマイルも、実際にデルタ航空に搭乗して得られるマイルも無期限だ。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
還元率 1.5~3.0%
(※1マイル=1.5円換算。デルタ航空の航空券を購入した場合はポイント2倍)
「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 1万3200円
家族カード(税込) あり(1人目は年会費無料、2人目以降は年会費6600円)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!
アメックスの新規入会キャンペーンをまとめて紹介!「アメリカン・エキスプレス」の入会特典で、ポイントやマイルをお得に獲得しよう!(デルタアメックス編)
「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」の公式サイトはこちら
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
還元率 1.5~4.5%
(※1マイル=1.5円換算。デルタ航空の航空券を購入した場合はポイント3倍)
「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 2万8600円
家族カード(税込) あり(1人目は年会費無料、2人目以降は年会費1万3200円)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「デルタ アメックス・ゴールドカード」があれば、空港で優先チェックインや優先手荷物検査など、ビジネスクラス同等の快適サービスが利用できる!
アメックスの新規入会キャンペーンをまとめて紹介!「アメリカン・エキスプレス」の入会特典で、ポイントやマイルをお得に獲得しよう!(デルタアメックス・ゴールド編)
「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の公式サイトはこちら

 特に、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、保有するだけでデルタ航空のマイレージ・プログラム「スカイマイル」のゴールド会員資格が得られるので、優先搭乗やラウンジ利用など、多くのメリットが受けられる特典がある。よく米国に旅行に行く人などにとっては、メリットが大きいだろう。

【※編集部追記】
2018年6月26日から、「デルタ・アメックス・ゴールド」に「ゴールドメダリオン」が無条件で付帯するのは、入会初年度のみになりました。2年目以降は、前年度のカード利用額が100万円以上だと「シルバーメダリオン」、150万円以上だと「ゴールドメダリオン」が付帯します。

2018年6月26日から、「デルタ・アメックス」に「シルバーメダリオン」が無条件で付帯するのは、入会初年度のみになりました。2年目以降は、前年度のカード利用額が100万円以上で「シルバーメダリオン」が付帯します。

ユナイテッド航空なら「実質無期限」で
低コスト+驚異の還元率が実現できる!

 また、同じく米国のユナイテッド航空の「MileagePlus(マイレージ・プラス)」では、本来マイルの有効期限は2年間だが、1マイルでも増減があった時点で有効期限は2年延長されるので、クレジットカードを毎月利用してマイルを貯めていれば、実質的に「無期限」になる。
(クレジットカードを利用しなくても、「マイルを寄付(最低500マイル)」したり、「マイルを交換(Gポイントなどのポイント交換サイトを利用)」したり、「マイルを購入(最低2000マイルで75.25米ドル、手数料が1000マイルごとに15ドル。合計105.25米ドルが必要)」したりするだけでも延長することは可能だが、手数料など別途費用がかかる)

 ユナイテッド航空の提携クレジットカードとしては「MileagePlusセゾンカード」がお得。年間5500円(税込)を追加で支払って「マイルアップ・メンバーズ」に加入すれば、「1000円=15マイル」が貯まるので、クレジットカードの年間利用額が100万円の場合、1年で1万5000マイル、3年で4万5000マイル、5年で7万5000マイル、10年で15万マイルも貯められる。

MileagePlusセゾンカード
還元率 2.25%
 ※ 1マイル=1.5円換算、マイルアップメンバーズ加入時
MileagePlusセゾンカード
 発行元 クレディ・セゾン
 国際ブランド VISA、Master、AMEX
年会費(税込) 1650円
(マイルアップメンバーズ年会費5500円)
家族カード なし
おすすめポイント 1マイルでも増減すれば有効期限が延長されて実質無期限。マイルアップメンバーズ加入で脅威の還元率
MileagePlusセゾンカードの公式サイトはこちら!


 デルタ航空やユナイテッド航空の場合、本人名義以外の航空券にも交換が可能なので「夫婦2人で欧米へのビジネスクラスで旅行に行く」ということも実現可能だ。

アメックス・スカイ・トラベラー・カードは
無期限で、航空会社を自由に選べる最強のマイル系カード!

 また、「アメリカン・エキスプレス・カード」のマイル系カードを活用するのもおすすめだ。

 例えば、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」なら、年会費1万1000円(税込)で「100円=1ポイント=1マイル」が貯まり、「ポイントの有効期限は無期限」で、いつでもマイルに交換が可能。そのうえ、ポイントはANAやJAL、デルタ航空、キャセイパシフィック航空、タイ国際航空など大手の提携航空会社18社のどこのマイルにも交換できる(ただし、ANAマイルに交換する際には年間5500円・税込の参加登録費が必要)。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
還元率 1.5~4.5%
(※1マイル=1.5円換算。対象の航空会社や旅行会社で航空券などを購入した場合はポイント3倍)
おすすめクレジットカード!マイルが貯まる!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 1万1000円
家族カード(税込) あり(年会費5500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!【マイル系カード部門】
「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」は、高還元&無期限で貯めたポイントを、航空会社16社のマイルに自由に交換できる“最強のマイル系カード”!

アメックスの新規入会キャンペーンをまとめて紹介!「アメリカン・エキスプレス」の入会特典で、ポイントやマイルをお得に獲得しよう!(アメックス・スカイ・トラベラー編)
公式サイトはこちら

 マイルを貯める際には、航空会社の経営リスクも考えられるので、1社に縛られないマイルを貯めることができる「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」は長期間、大量のマイルを貯めたい人にとっては、安心してマイルを貯めることができるお得なカードと言えるだろう。

 しかも、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」は対象航空会社27社(ANA、ユナイテッド航空、デルタ航空、エールフランス、キャセイパシフィック航空など)での航空券購入代金や、対象旅行代理店の日本旅行での前述の27社の航空券やパッケージツアー、前払いで手配されるホテル宿泊、JR・バスのチケットなどの購入代金には3倍のポイントが付与される。

 ANAカードを利用してANAの航空券を購入した場合でも、通常のマイルとは別に「100円=1マイル」もしくは「200円=1マイル」が付与されるだけなので、それと比較しても1.5~2倍のマイルが付与されるという有利さだ。

 ただし、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」には2つの制限がある。

 1つは、対象航空会社の航空券購入でポイント3倍になるのは、通常利用分も含めて年間6万マイルまで、という点。例えば、通常利用額が年間300万円で3万マイル貯まっている場合、対象航空会社から150万円分の航空券を購入してもポイント3倍になるのは100万円分(=3万マイル)だけで、残りの50万円は「100円=1ポイント=1マイル」しかポイントが付与されない。ただ、この上限を気にする人はそれほど多くはないだろう。

 もう1つの制限は、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」のポイントをANAマイルに移行する場合は年間4万マイルまでという上限が設定されていること。ANA以外の航空会社に移行する場合には移行マイル数に上限はないが、「どうしてもANAのビジネスクラスでハワイに行きたい」という人は、2年に分けてマイルを移行しないといけないという制限がある。ただし、これもデルタ航空やキャセイパシフィック航空など、ほかの航空会社のマイルに交換する場合には関係ない。

 ちなみに、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」の場合、対象航空会社での航空券購入でポイントは5倍になる。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
還元率 1.5~7.5%
(※1マイル=1.5円換算。対象の航空会社や旅行会社で航空券などを購入した場合はポイント5倍)
おすすめクレジットカード!マイルが貯まる!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード公式サイトはこちら
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 3万8500円
家族カード(税込) あり(年会費1万9250円)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!
「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」は、高還元&無期限で貯めたポイントを、航空会社16社のマイルに自由に交換できる“最強のマイル系カード”!
アメックスの新規入会キャンペーンをまとめて紹介!「アメリカン・エキスプレス」の入会特典で、ポイントやマイルをお得に獲得しよう!(アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア編)
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード公式サイトはこちら

 どちらにしても、よほどマイルを貯められる上級者向けの制限なので、マイル初心者にとっては「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」の制限よりもメリットのほうが大きいだろう。

ANAにこだわる人ならANAアメックス!
無期限+ハイクラスなサービスが受けられる!

 「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」のコストや制限を考えれば、普段からANA便をよく利用し、ANAマイルだけに限定して貯めたい人なら「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」を利用するほうがいい。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
還元率 1.5~2.25%
(※1マイル=1.5円換算。ANAグループで航空券などを購入した場合はポイント1.5倍)
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 7700円(ANAマイルへの交換は、「ポイント移行コース」の参加費として年6600円が必要)
家族カード(税込) あり(年会費2750円)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」ならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ!じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
アメックスの新規入会キャンペーンをまとめて紹介!「アメリカン・エキスプレス」の入会特典で、ポイントやマイルをお得に獲得しよう!(ANAアメックス編)
ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら!

 「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の場合、年会費は7700円で、それとは別に年会費6600円の「ポイント移行コース」に加入することでポイントは無期限になり、いつでもANAマイルに交換できるようになる(すべて税込)。

 もともとのポイントの有効期限は3年なので、新規入会後2年間は「ポイント移行コース」に入らず、3年目から「ポイント移行コース」に入れば、最初の2年間の維持費は年会費の7700円(税込)だけになる。この年会費で「アメリカン・エキスプレス」の充実した付帯サービス(空港ラウンジ利用、手荷物無料宅配サービスなど)が利用できるのは魅力的だ。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード」でANAマイルを無期限で貯めるには、3年目以降は年間維持費として1万4300円(年会費7700円+ポイント移行手数料6600円)が必要だが、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」の年会費+参加登録費1万6500円よりも2200円割安で、さらに「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の場合はANAグループ便に搭乗すると「区間基本マイレージ+10%」のボーナスマイルがもらえる(すべて税込)。

 こう考えると、「無期限でマイルを貯める」場合は、ANAグループ便をよく利用する人で、貯まったポイントもANAマイルに交換したい人なら「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」、マイルを貯めるのも利用するのも航空会社を限定したくない人なら「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」がおすすめということになる。

 いずれにしても、今のところは「無期限でマイルを貯めて、長距離のビジネスクラス航空券に交換する」というのが、クレジットカードを利用して還元率を5~10%にできる最良の手段。

 5年後、10年後の快適な海外旅行を目標に、今回紹介したクレジットカードを徹底的に活用しよう!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2021年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2021年6月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、JALのマイルなどにも交換可能で、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万1000円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
最強のマイル系クレジットカード」との呼び名が高いカード。通常は100円で1ポイント(=1マイルと交換可能)が貯まり、対象航空会社27社・旅行会社2社で航空券代金やツアー代金を支払うと通常の3倍のポイント(100円=3ポイント=3マイル)が貯まるので、航空会社発行のクレジットカードよりもマイルが貯まりやすいのが最大の特徴。さらに、貯まったポイントはANA(全日空)やデルタ航空、シンガポール航空、エールフランス、エミレーツ航空など、提携航空会社16社のマイルを自由に選んで、無期限で交換が可能
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」は、高還元&無期限で貯めたポイントを、航空会社16社のマイルに自由に交換できる“最強のマイル系カード”!
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆イオンカードセレクト

0.5~1.0%

永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトのカードフェイス
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、「イオンカードセレクト」の保有+月1回のカード(または搭載のWAON)決済+ネットバンキングに登録という3つの条件を満たすだけで「イオン銀行Myステージ」の「シルバーステージ」に到達し、「イオン銀行」の普通預金金利が通常の30倍=0.03%になるこちらの記事を参照)。メガバンクの定期預金金利が0.002%の今、普通預金金利が0.03%になるのはお得!「イオンカードセレクト」以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えよう!
関連記事
イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も!
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「au PAY カード」が“ローソンで一番得するクレジットカード”に進化! 年会費“実質”無料、通常還元率1%、ローソンで最大12%還元、auユーザー以外もお得に!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
米国株150診断
3000円の投資入門

8月号6月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500の激辛診断/3000円の投資入門]

◎巻頭ニュース
2021年後半の日経平均はどうなる?
プロ10人中7人が年内再び3万円超を予測

◎第1特集
買っていい株が276銘柄
人気の株500+Jリート激辛診断【夏版】
ザイ独自の最新の業績予想にも注目

儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマから見つける
・今期の会社予想が大幅増収増益の株
・海外の景気回復が追い風の株
ワクチン接種の進展に期待の株

2021年夏のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート

◎第2特集
「10倍株」や「利回り7%超」の株
人気の米国株150オススメ&診断【6-9月】
3カ月先の相場や株の買×売を大予測!
● NYダウ&ナスダック 指数予測
●買いの高成長株&高配当株
●GAFAM+2N 徹底分析
●定番の127銘柄買い売り診断

◎第3特集
3000円から始める投資入門
「株」1株から買えるオススメ株も
・スマホ証券を徹底比較
・少額投資にピッタリのオススメ株
・成長株/高配当株/500円株

●「投信」コツコツ積立て基本と選び方
・自分に合った投信の選び方
・迷ったらコレを買え!ベスト30
・つみたてNISA&iDeCoを徹底比較

●米国株・金・ビットコインなど少額からできる商品

◎第4特集
国内のオイシイを食べつくせ!
ふるさと納税で日本縦断

◎別冊付録
割高・割安がズバリわかる!
最新決算で一新!
上場全3809銘柄の最新 理論株価

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報