クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]

【ポイントカードのメリット・デメリット】
「Tポイント」「Ponta」「Rポイント」を徹底比較!
今さら聞けない共通ポイントサービスの歴史と
それぞれのメリット&デメリットを徹底解説!

2014年12月3日公開(2019年11月8日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
1
「Tポイント(Tカード)」、「Pontaポイント(Pontaカード)」、「楽天スーパーポイント(Rポイントカード)」カードフェイス

 「Tポイント(Tカード)」や「Pontaポイント(Pontaカード)」、「楽天スーパーポイント(Rポイントカード)」など、今や当たり前になっている「共通ポイントサービス」。しかしその歴史は、まだまだ浅い。

 今回は、そんな「共通ポイントカードの歴史を振り返りながら、「Tカード」と「Pontaカード」、「Rポイントカード」、それぞれの特徴を比較していこう。

共通ポイントサービスの先駆者「Tカード」は
もともとTSUTAYAの会員証から始まった

 過去を振り返ると、もともとポイントカードというものは、それを発行した店舗だけで使えるものだった。良くても、同一グループで利用できる程度だった。

 ひどい店になると、同じグループにもかかわらず利用する店舗によって使えるポイントカードが異なる場合もあった。○○新宿店と○○池袋店で、それぞれ別のポイントカード(会員証)になっている場合、会社の近くと自宅の近く同じグループの店を使うためには別々のポイントカードを作らなければならないのだ。そんな状況から、様々な店舗でポイントカードが発行され、財布の中にどんどんポイントカードが増えていくことになった。

 実は、従来のTSUTAYAの会員証も、店舗ごとに別々のポイントカードが必要となるタイプだった。しかしTSUTAYAはその不便さに気が付き、店舗ごとに別々だった会員証を共通化することを決定。そのタイミングで、共通ポイントサービスの導入が検討された。

 そして2003年10月、TSUTAYA会員証の提示でENEOS、ローソンで「Tポイント」が貯まるようになり「共通ポイントサービス」が開始される。さらに2004年4月にはTSUTAYA会員証が全店で共通化され、今の「Tカード」となった。共通ポイントサービスの先駆者、「Tカード」の誕生だ。

 それ以降、「共通ポイントカード」、急速に我々の生活に入り込んで来ることになる。

なぜ、企業は「共通ポイントサービス」に参加するのは
今まで獲得できなかった顧客を「相互送客」するため

 ポイントは、もともと消費者を囲い込むためのものだ。消費者は貯まったポイントを使うために、再びポイント発行店舗に来店する。しかし共通ポイントサービスの場合は、自分の店舗で付与したポイントを、他店で利用される場合もある。これでは、再度来店してもらうというポイント本来の役割を果たすことができない。

 では、なぜ企業は「共通ポイント」に参加するのだろうか?

「共通ポイント」への参加メリットは、“相互送客”だ。例えば、ファミリーマートで「Tカード」を提示して商品を買うと、レシートにクーポンが付いてくる場合がある。このクーポンは、「Tカード」の会員属性により出力される内容が異なるのだ。

 例えば、20代女性にはエクセルシオールカフェのクーポンが、30代男性には牛角のクーポンが出てくる。これにより、ファミリーマートに来たお客をエクセルシオールカフェや牛角に誘導することが可能となった。つまり、加盟店同士でお互いに送客しあうことで、今まで獲得できていなかった利用者(下図中のAさんやBさん)にも利用してもらえるようになる

従来のポイントカードイメージと共通ポイントカードのイメージ

 つまり、ポイントサービスは、単なる“囲い込み”のツールから、“人の誘導”ツールに変わったのだ。

Tポイント(Tカード)が注目された理由は
お得感と使い勝手の両立

 ポイントが広まってきた背景には、長引くデフレの影響から「少しでも得をしたい」という人が増えてきたことがある。私が運営するポイント交換案内サイトの「ポイ探」も、そんな状況の中で2006年4月にオープンした。そして2007年には、「nanaco」、「WAON」、「PASMO」が相次いで登場。「電子マネー元年」と呼ばれ、ポイントに社会の関心が集まり始めた。

 共通ポイントの中で一番初めに広く注目され始めたのが、「Tポイント」だ。

 共通ポイントのメリットのひとつは、買い物のときに提示することでポイントが貯まる上に、クレジットカードや電子マネーで決済すれば1回の買い物で2重にポイントを手に入れることができることだろう。貯まったポイントを1ポイント単位で利用できることも評価された。例えば、「103円の買い物のとき、3円分をポイントで支払い、100円分を他の決済手段で支払える」、ということができる。

 共通ポイントの魅力は、お得さだけでない。1枚のカードさまざまな店舗で利用できることから、財布の中のポイントカードを減らすことができ、「ポイントカードの断捨離」という面でも人気が高まったのだった。

ポイントカード提示+クレジットカードでポイントをダブルで取得

「Pontaカード(Pontaポイント)」が
「Tカード」のライバルとして登場

 こうした共通ポイントサービスのメリットに目をつけたのが、「Pontaカード」だ。

 2010年3月に、ローソンのポイントカードとゲオの会員証が「Pontaカード」に切り替わり、ローソン、ゲオだけでなく、昭和シェル石油などぞくぞくと「Tカード」加盟店のライバル店と提携し、「Tカード」と同じように「Pontaカード」を提示するとポイントが貯まるサービスを開始した。

 このころから、「『Pontaポイント』と『Tポイント』はどちらがお得か?」といった記事を目にするようになった。

「Yahoo!+Tカード」陣営に対抗するため
「Rポイントカード(楽天スーパーポイント)」が誕生!

 「Pontaカード」の登場から約4年半、2014年10月から、楽天が「Rポイントカード」を発行。楽天市場や楽天ブックスなどの利用で貯まる「楽天スーパーポイント」を、リアル加盟店でも利用できるようにした共通ポイントサービスをスタートした。

 楽天が「Rポイントカード」で共通ポイントサービスに参入した理由は、「Pontaカード」とは異なる。

 2012年6月、Yahoo!ショッピングで貯まる「Yahoo!ポイント」が廃止、「Tポイント」に変更されるという発表があった。多くのユーザーを抱える「Tポイント」がYahoo!ショッピングでも利用できるようになると、オンラインショッピングモールとして圧倒的だった楽天市場の地位が危うくなる

 そんな懸念から、「Yahoo!ポイント」廃止の発表から約半年後、2013年3月に、楽天も「Rポイントカード」を発行してリアル店舗で「楽天スーパーポイント」を利用できるようにする、と発表したのだった。つまりこれまでネットの中でしか利用ができなかった「楽天スーパーポイント」が、街中の実店舗で貯めたり使ったりできるようになったのだ。

「Tカード」vs「Pontaカード」vs「Rポイントカード」
共通ポイント三国志が開戦!

 Yahoo!ショッピングがポイントサービスを「Tポイント」へ切り替え、楽天が「Rポイントカード」での共通ポイントサービスに参入したことで、「リアル加盟店+オンラインショッピングモール」が共通ポイントサービスの条件となった。

 このことから、これまで注目を集めていた「Tカード vs Pontaカード」という従来の構造から、「Tカード(+Yahoo!ショッピング)」vs「Rポイントカード(+楽天市場)」という構図が主流となってきた。

 リアル店舗との共通ポイント化が遅れた「Pontaカード」は、「Tカード」「Rポイントカード」から一歩取り残された状況となり、オンラインショッピングモールとの提携が必須となった。そんな「Pontaカード」が目をつけたのがリクルートだ。

 リクルートは、2013年3月にオンラインショッピングモールの「ポンパレモール」を開始。ポンパレモールでの購入では3%の「リクルートポイント」が貯まり、他社よりも2%も多くポイントが貯まることをアピールした。新しく還元率2.0%の「リクルートカードプラス」(年会費2000円+税)、還元率が「楽天カード」や「Yahoo! JAPAN JCBカード(※)」よりも0.2%高い、1.2%の「リクルートカード」(年会費無料)も発行して、攻勢を仕掛けた。

(※2015年3月31日に募集終了。2015年4月1日より、Tポイントカードと一体になってより使い勝手が良くなった「

 しかし、ポンパレモールの加盟店は1年で1000店舗程度と伸び悩んでいる。その原因は、「リクルートポイント」の「使い道の狭さ」だろう。

 いくら多くのポイントが貯まっても、使い道がなければ利用者にとって意味は無い。楽天市場やYahoo!ショッピングでは数万店舗でポイントを利用でき、ほぼ買えない商品が無い状態なのに対して、「リクルートポイント」は1000店でしかポイントを利用できない。加盟店舗が少ないゆえに価格競争もあまりなく、2%増量されたポイントに魅力を感じない利用者も多かったのだ。

 この状況の中、ポイントの使い道を解決したいリクルートと、オンラインショッピングモールを取り込みたい「Pontaカード」が提携するのは、当然の流れだろう。

 2014年7月から「リクルートポイント」と「Pontaポイント」の相互交換が開始され、2015年春には「リクルートポイント」を廃止、「Pontaポイント」に統合することになる。

 そして共通ポイントサービス業界では、「Tカード」vs「Rポイントカード」vs「Pontaカード」の全面対決が本格的に開始されることとなった。

>>次ページからは、この3つの共通ポイントサービスのサービス内容を徹底比較し、どれを持つべきなのか検討していこう。


【ポイントカード別おすすめクレジットカードはこれだ!】

●「Tポイント」を貯めるには⇒

Yahoo! JAPANカード
還元率 1.0~3.0%
「Yahoo! JAPANカード」のカードフェイス
発行元 ワイジェイカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
nanaco
(還元率0.5%)
au WALLET
(Masterのみ)
「Yahoo! JAPANカード」の公式サイトはこちら

●「楽天スーパーポイント」を貯めるには⇒

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
楽天カード公式サイトはこちら
楽天カードへの新規入会&利用でポイントがもらえるキャンペーン中!
楽天カード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2021年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2021年7月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、JALのマイルなどにも交換可能で、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万1000円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
最強のマイル系クレジットカード」との呼び名が高いカード。通常は100円で1ポイント(=1マイルと交換可能)が貯まり、対象航空会社27社・旅行会社2社で航空券代金やツアー代金を支払うと通常の3倍のポイント(100円=3ポイント=3マイル)が貯まるので、航空会社発行のクレジットカードよりもマイルが貯まりやすいのが最大の特徴。さらに、貯まったポイントはANA(全日空)やデルタ航空、シンガポール航空、エールフランス、エミレーツ航空など、提携航空会社16社のマイルを自由に選んで、無期限で交換が可能
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」は、高還元&無期限で貯めたポイントを、航空会社16社のマイルに自由に交換できる“最強のマイル系カード”!
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆イオンカードセレクト

0.5~1.0%

永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトのカードフェイス
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、「イオンカードセレクト」の保有+月1回のカード(または搭載のWAON)決済+ネットバンキングに登録という3つの条件を満たすだけで「イオン銀行Myステージ」の「シルバーステージ」に到達し、「イオン銀行」の普通預金金利が通常の30倍=0.03%になるこちらの記事を参照)。メガバンクの定期預金金利が0.002%の今、普通預金金利が0.03%になるのはお得!「イオンカードセレクト」以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えよう!
関連記事
イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も!
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「au PAY カード」が“ローソンで一番得するクレジットカード”に進化! 年会費“実質”無料、通常還元率1%、ローソンで最大12%還元、auユーザー以外もお得に!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

攻めと守りの高配当株
桐谷さんの
日米「株」入門

9月号7月19日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[攻めと守りの高配当株/桐谷さんの日米株入門]

◎第1特集
最高利回り6%超! 攻めと守りの高配当株

4人の達人の配当生活 を公開
●2大ランキング!
利回り3.5%以上!有名企業の豪華リスト
「攻めの」高利回り株ベスト50
・減配しない!実績バツグン!増益率も高い!
「守りの」
10年配当株ベスト50
●値上がりと配当の両取り欲張り
高配当株
●人気沸騰!米国株の高配当株

◎第2特集
桐谷さんと始める日本&米国「株」入門
●銘柄探しの基本、業績、指標など
●スマホで株を買う注文方法、入力画面
●証券会社を選ぶ!6大ネット証券徹底比較
初心者にオススメの日本 & 米国5万円株

◎第3特集
株主総会 突撃39社!
●総会3大ニュースとは!?
新型コロナが直撃した会社
ANA、サンリオ、コロワイドなど
不祥事&お騒がせの会社
はるやまHD、東芝、みずほ銀行など
みんなが気になる会社
ソニーG、ソフトバンクG、三菱UFJなど

◎第4特集
ブームに飛びつくのはNG!
インデックス投信にだまされるな!
●テーマ型インデックス投信は買いか
●買っていい/インデックス投信
●買っていい/アクティブ投信

◎別冊付録
今すぐ買いたい! 米国株の見つけ方
成長&好配当株

◎連載も充実!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資! AKB48
●武藤十夢のわくわくFX生活!ライフ
●株入門マンガ恋する 株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●毎月分配型100本の「分配金」データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報