クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2017年5月14日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

Amazonで最も得する方法は、クレジットカードで
チャージしたnanacoでアマゾンギフト券を買うこと!
「Amazon MasterCard」より得する裏ワザを解説!

「Amazon」での還元率が3%超になる裏ワザ

 「Amazon」で得するクレジットカードといえば「Amazon Mastercard」だろう。Amazonで「Amazon Mastercardクラシック」を利用すると、非プライム会員の場合は1.5%分、プライム会員の場合は2.0%分のAmazonポイントをそれぞれ獲得でき、「Amazon Mastercardゴールド」を利用すると2.5%分のAmazonポイントを獲得できるからだ。

■「Amazon Mastercard」の基本スペック
  Amazon Mastercard
クラシック
Amazon Mastercard
ゴールド
年会費(税抜) 初年度 無料 1万円
(年会費割引の条件を
クリアした場合は4000円)
2年目以降 1250円
(前年1回以上の利用で無料)
Amazonプライム会員(年会費3900円) 自動付帯
Amazonでの還元率 プライム会員 2.0% 2.5%
非プライム会員 1.5%
Amazon以外での還元率 1.0%

 このように「Amazon」では、「Amazon Mastercard」を使うとお得だが、実は、「Amazon Mastercard」を使わなくても、還元率を3%超にする方法がある。今回は、その方法を解説しよう。

「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入すれば、
最大2.5%分のAmazonポイントを獲得できる!

 「Amazon Mastercard」を使わずに、「Amazon」での還元率を3%超にするカギは、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」だ。

 「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入すると、自動的に自分のアカウントに「Amazonギフト券」が登録されるため、メールなどで送られてくる「Amazonギフト券」よりも使い勝手が良い。

 さらに、下記の関連記事でも解説した通り、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」は、15円から購入できるため、プリペイドカードの端数処理などに適しているのもメリットだ。
(※関連記事はこちら!⇒「エポスVisaプリペイドカード」のメリットを解説!「1エポスポイント=1円」としてチャージできるので失効寸前のポイントを無駄なく使えるのが魅力!

 この「Amazonギフト券(チャージタイプ)」をコンビニエンスストア・ATM・ネットバンキングのいずれかで購入すると、購入額によって最大2.5%分のAmazonポイントを獲得できる。「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入する際に、クレジットカードや電子マネー支払いを選択すると、Amazonポイントの付与対象外になるので注意しよう。

 「Amazonギフト券(チャージタイプ)」をコンビニエンスストア・ATM・ネットバンキングのいずれかで購入した際に付与されるAmazonポイントは、下記の通りだ。

■コンビニエンスストア・ATM・ネットバンキングのいずれかで
「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入した際に付与されるAmazonポイント
1回あたりの購入金額 Amazonポイント付与率
非プライム会員 プライム会員
5000円未満 0% 0%
5000~1万9999円 0.5% 1.0%
2万~3万9999円 1.0% 1.5%
4万~8万9999円 1.5% 2.0%
9万円以上 2.0% 2.5%

 「Amazon Mastercarクラシック」で2.0%の還元を受けるには、年会費3900円(税込)のプライム会員になっていなければならない。しかし、購入額9万円以上という条件はあるものの「Amazonギフト券(チャージタイプ)」をコンビニエンスストア・ATM・ネットバンキングのいずれかで購入するだけで、非プライム会員でも2%の還元を受けられる

 「Amazonでの買い物で、9万円も使い切れない」と思う人もいるかもしれないが、2017年4月24日から、「Amazonギフト券」の有効期限が10年間に変更されたため、Amazonで定期的に消耗品などを買っていれば、そのうち使い切れるだろう。

 また、獲得できるAmazonポイントには上限がなく、例えば、20万円分の「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入すれば、4000円分のAmazonポイントを獲得できる。ただし、Amazonアカウント開設から30日以内は、Amazonポイントの付与対象外となっているので注意しよう。

nanacoで「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入すれば、
クレジットカードのポイントも獲得できる!

 残念ながら、コンビニエンスストアでは、クレジットカードで「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入することはできないため、クレジットカードのポイントは獲得できない。また、Amazonで「Amazonギフト券(チャージタイプ)」の購入申し込みをする際に、クレジットカード払いを選択すると、クレジットカードのポイントは獲得できるが、「コンビニエンスストア・ATM・ネットバンキングのいずれかで購入」ではなくなってしまうため、Amazonポイントは獲得できない。

 しかし、セブン-イレブンで「Amazonギフト券(チャージタイプ)」の支払いをする際に、クレジットカードでチャージしたnanacoで決済すると、Amazonポイントに加えて、クレジットカードのポイントも獲得可能だ
(※関連記事はこちら!⇒nanacoチャージのポイント付与率が激減する「nanacoショック」が高還元カードで発生中!一方、「セブンカード・プラス」の存在感が急上昇!

 例えば、「リクルートカード」でチャージしたnanacoを使って、9万円分の「Amazonギフト券(チャージタイプ)」をセブン-イレブンで購入したとする。この場合、nanacoでの支払い時にはnanacoポイントを獲得できないが、チャージ時に1.2%分のリクルートポイントを獲得できる。

 つまり、非プライム会員の場合は、「2%分のAmazonポイント」と「1.2%分のリクルートポイント」の合計3.2%還元となり、「Amazon Mastercardゴールド」を利用するよりも還元率が高くなる。さらに、プライム会員の場合は、「2.5%分のAmazonポイント」と「1.2%分のリクルートポイント」の合計3.7%還元となるのだ。

リクルートカード
還元率 1.2%
「リクルートカード」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanaco、
ICOCA(VISA、Masterのみ)、楽天Edy(VISA、Masterのみ)
「リクルートカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!

 ただし、9万円をnanacoにチャージするのはコツが必要なので、チャレンジする場合は下記の記事を参考にしてほしい。
(※関連記事はこちら!⇒住民税などの税金、国民年金、国民健康保険は「nanaco+高還元クレジットカード」で払え!必見!マイホーム所有者や自営業者の節税方法

今回は、検証のために1000円分の「Amazonギフト券」を購入したが、5000円未満の「Amazonギフト券」を購入した場合はAmazonポイントを獲得できないので注意。

 以上、今回は、「Amazon Mastercardゴールド」よりもお得に「Amazon」で買い物する方法を解説した。