クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2018年9月16日 ポイ探ニュース

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードを保有
して、京都旅行で特別な体験を! 圓徳院の特別観光
ラウンジや期間限定の夜間特別拝観イベントを紹介!

【※「アメリカン・エキスプレス」の関連記事はこちら!】
アメリカン・エキスプレス・カードおすすめ比較! アメックスが発行するクレジットカードの年会費や還元率、付帯特典などの特徴をわかりやすく解説!


京都にある高台寺塔頭の圓徳院

 2018年8月1日~8月18日の期間限定で、京都にある高台寺と高台寺塔頭の圓徳院にて、夜間特別拝観イベント「客殿に微涼生ず」が開催された。このイベントは、アメリカン・エキスプレスが発行する対象クレジットカードの保有者向けイベントだ。

 圓徳院には「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」以上の会員が利用できる「京都特別観光ラウンジ」があるのだが、こちらも拝観時間が延長されていた。筆者はこのタイミングで京都観光をしており、せっかくなのでイベントに参加してみることにした。
【関連記事はこちら!】
神社仏閣で特別体験ができるクレジットカードとは?「鹿島神宮」の非公開エリアに入れるカードのほか、「圓徳院」の特別ラウンジを利用できるカードも紹介

 圓徳院にある「京都特別観光ラウンジ」は、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」以上のカードを提示すれば拝観料が無料となるだけでなく、夏の期間は拝観前に冷たい麦茶や冷やし飴などがもらえる。

 なお、「京都特別観光ラウンジ」の利用方法については、下記の記事を参照してほしい。
【関連記事はこちら】
圓徳院にある「京都特別観光ラウンジ」を大公開!アメックスの上位クレジットカードを保有して、「真田丸」にも登場する北政所の縁の地を訪れよう!

 また、アメリカン・エキスプレス発行のクレジットカードでも、圓徳院にある「京都特別観光ラウンジ」を利用できないカードもある。そのクレジットカードは、以下の通りだ。

アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
・アメリカン・エキスプレス・ブルー・カード
・アメリカン・エキスプレスのコーポレート・カードや一部の提携カード会員

 「アメリカン ・エキスプレス ・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」のように、一般カードではないにも関わらず、対象外になっているクレジットカードもあるので注意しよう。

圓徳院の「客殿に微涼生ず」は貸切イベントなので、
周囲を気にせずゆっくり拝観できた!

 当日、タクシーで圓徳院に到着した。人通りはまばらで、車通りもなかったので帰りがやや心配だったが、境内はライトアップされていて非常にきれいだった。

圓徳院の外観

 圓徳院の「京都特別観光ラウンジ」を利用する場合は、通常の入り口ではなく、アメックス会員専用の入り口を利用する。しかし、通常の入り口の立て看板には、下記のように掲示されていた。

夕暮れからの特別拝観は
・当寺とご契約のホテル・旅館からのご予約の方
・アメリカンエキスプレスの対象カードの方
のみの特別拝観となっております。夜間の一般拝観は行っておりません。
圓徳院の特別拝観の注意時事項

 つまり、夏の特別拝観「客殿に微涼生ず」は通常の入口からの利用となり、アメックスの対象カード会員向けの貸切イベントというわけだ。

 対象カード1枚につき3名まで同伴できるため、1枚のカードで計4人拝観できる。今回、筆者は5名での利用だったため、カードを2枚提示した。

 期間中は、高台寺も22時まで夏の特別拝観が実施されていた。高台寺にはそれなりに人もいたが、昼間に比べるとかなり少なかった。

夜の高台寺

 続いて、圓徳院に向かった。夜間特別拝観「客殿に微涼生ず」は貸切イベントということもあって、筆者が到着したときには誰もいなかった。

圓徳院の夜間特別拝観「客殿に微涼生ず」

 白と緑の光でライトアップされており、とても幻想的な空間が広がっていた。

ライトアップされた圓徳院に通じる道
ライトアップされた圓徳院

 次に、「京都特別観光ラウンジ」で冷やし飴をもらった。時刻は20時ごろになっていたので、子供の寝る時間も考えて、冷やし飴をもらってすぐに移動することにした。その際、一組のカード会員がラウンジを利用していたが、それ以降誰にも会わなかった。

 なお、アメックスのイベントページには「圓徳院内の『京都特別観光ラウンジ』は営業時間を延長しますので、特別拝観後、ラウンジにて一息ついてお帰りください』と書いてあったが、圓徳院の入口と出口は場所が異なるため、実際は拝観後ではなく、拝観前に利用したほうがいいだろう。

圓徳院の石庭

 圓徳院から見える「石塀小路」も美しかった。

圓徳院から見える「石塀小路」
圓徳院の夜間特別拝観「客殿に微涼生ず」

 圓徳院の夜間特別拝観イベント「客殿に微涼生ず」は、ほとんど誰にも会わず、ゆっくり拝観できたので、来年以降、同様のイベントが開催されたら、ぜひ訪れてみてほしい。

アメックスは、特別夜間拝観や花火大会など
カード会員限定のスペシャルイベントが目白押し!

京都の石塀小路

 圓徳院からの帰り道、石塀小路を通ってゆっくり散歩するのも趣きがあった。

京都の東大路通

 東大路通まで行くとタクシーを拾うことができた。

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」や「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」保有者の場合は、「ベネフィットブック」に掲載されている「ぎおん畑中」に宿泊すれば、圓徳院から歩いて帰ることもできるだろう。

 ちなみに「ぎおん畑中」は、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」や「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」の会員向けに、1日1室デラックス和室が用意されているので、保有者は予約しやすい旅館となっている。
【関連記事はこちら!】
アメックスの「プラチナ・コンシェルジュデスク」は提案力が最高レベル! ホテルの予約を依頼したら、柔軟な対応で要望に最適なホテルを見つけてくれた!

 また、アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードを保有すると、このほかにも「世界遺産清水寺『秋の夜間特別拝観』」といった寺社見学系を始め、花火大会や海の家を利用できるなど、多くのカード会員向けイベントに参加することができる。

 アメックスが発行するクレジットカードは年会費が高いが、お金で買えない限定イベントの参加特典が増えていくのであれば、アメックスのカードを保有する価値はあるだろう。
【関連記事はこちら!】
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する13枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!

 以上、今回は、圓徳院の夜間特別拝観「客殿に微涼生ず」をレポートした。

【※「アメリカン・エキスプレス」の関連記事はこちら!】
アメリカン・エキスプレス・カードおすすめ比較! アメックスが発行するクレジットカードの年会費や還元率、付帯特典などの特徴をわかりやすく解説!