クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2019年10月6日 ポイ探ニュース

「キャッシュレス・ポイント還元事業」の複雑な仕組みを
わかりやすく解説! 対象外のクレジットカードでも、
店舗によって“2~5%還元”の対象になることが判明!

キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)

 2019年10月1日に消費税が増税され、さまざまなメディアが「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」を取り上げるようになり、クレジットカード専門家である筆者もコメントを求められることが増えた。そうしたときに筆者は「『キャッシュレス・ポイント還元事業』の大原則は、対象のキャッシュレス決済を対象のお店で利用すること」と答えている。そして、前提として覚えておきたいのは「中小企業の場合は原則5%還元」「フランチャイズ店では2%還元」という点だ。
【※関連記事はこちら!】
「キャッシュレス決済」すると“2~5%”が還元される「ポイント還元事業」の中身を専門家がやさしく解説!「クレカ」や「スマホ決済」のお得なキャンペーン情報も

 原則として、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の“対象外になっているキャッシュレスサービス”を“対象になっている店舗”で利用したり、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の“対象になっているキャッシュレスサービス”を“対象外になっている店舗”で利用したりしたところで、2%や5%の還元は受けられない。

 また、中小企業でも、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の登録申請を行なっていなければ還元対象にならない。対象店舗には、以下の画像のような「キャッシュレス・ポイント還元事業」のマークが表示されているので、このマークを確認しよう。

「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象外のカードでも、
店舗によっては還元を受けられる場合も

 では、どのようなキャッシュレス決済手段が「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象になるのだろうか。登録事業者リストを確認すると、対象のキャッシュレス事業者を確認できる。

 たとえば、大手カード会社の「株式会社ジェーシービー」は、以下のように、リストに記載のある登録事業者となっている。つまり、JCB発行のカードは「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象というわけだ。
【※関連記事はこちら!】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!

 しかし、JCB発行のカードのすべてが還元対象というわけではない。法人カードには対象外のカードもあり、たとえば「事業費決済」しか利用できない規約の法人カードは対象外となっている。一方で、法人カードでも「生活費決済」と「事業費決済」に利用できるクレジットカードなら対象となる。
【※関連記事はこちら!】
法人カード(ビジネスカード)のメリットや選び方、基礎知識をわかりやすく解説!専門家がおすすめする「法人カード・オブ・ザ・イヤー(2020年版)」も発表!

 また、JCBが発行しているプリペイドカード「JCBプレモカード」も曖昧だったので、実際にJCBに確認したところ、「JCBプレモカード」は還元対象外という回答だった。

 ただし、「JCB PREMO」のブランドがついている、バローグループのプリペイドカード「Lu Vitカード」は還元対象になるそうだ。このカードは「株式会社バローホールディングス」がA型決済事業者(キャッシュレス発行事業者)として登録されているからだと思われる。

 では「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象外カードである「JCBプレモカード」を準B型決済事業者(キャッシュレス加盟店管理事業者)として登録されているファミリーマートやローソン、セブン-イレブンで利用したらどうなるのか。

 通常、コンビニでキャッシュレス決済すると「キャッシュレス・ポイント還元事業」によって、その場で2%分が還元される。実質的に値引きだ。

 ファミリーマートが発表している「キャッシュレス・ポイント還元事業」の「対象の決済方法」を確認すると、対象になるのは「クレジットカード、電子マネー、デビットカード、QR/バーコードなどの電子的決済手段」とあり、対象外になるのは「現金、Quoカード、POSAカード、商品券、グルメカード、ポイント及びWeChat Pay、Alipayでお支払いいただいた場合」となっている。

 「JCBプレモカード」自体の記載はないので確認してみたところ、実際には「電子マネー」として2%還元を受けられるとのことだった。

 つまり、「JCBプレモカード」は「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象外のカードだが、加盟店によっては2%分や5%分が還元される場合もあるということ。なぜなら、準B型決済事業者は還元対象となるキャッシュレス決済手段を決めることができるからだ。たとえば、準B型決済事業者であるAmazonの場合は、AmazonポイントやAmazonギフト券の利用が「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象になっている。
【※関連記事はこちら!】
「Amazon」でJALマイルがザクザク貯まる裏ワザ!「JALカード」で50円分のAmazonギフト券を買うと2%分のマイルを獲得できるカラクリを徹底解説!

 「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象外のカードでも、実際には還元対象になる場合もあり、すべて把握しようとすればキリがない。となると、普段から利用しているクレジットカードなどが「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象になるかどうか電話などで問い合わせて、対象になっているのであれば、そのカードをひたすら使うのがおすすめだ。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!

 以上、今回は、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象カードについて解説した。
【※関連記事はこちら!】
「キャッシュレス決済」おすすめ比較!「PayPay」や「LINE Pay」「楽天ペイ」など、主要な「スマホ決済」の還元率や利用可能なコンビニ、最新のキャンペーン情報を紹介!