クレジットカード比較
2014年10月8日 ザイ・オンライン編集部

節約が簡単にできて、毎月「1%」貯金が増える!
クレジットカードで決済した支出の「0.5~1%」が
自動的にキャッシュバックされるお得なカード比較

 消費税が増税された2014年4月以降、個人消費が大きく落ち込んでいる。消費増税前の駆け込み需要の反動減という見方もあるが、円安などによる物価の上昇なども大きく影響しているようだ。

 そんなときにぜひ活用したいのが「クレジットカード」。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度だが、ここ数年で一般的なクレジットカードの3~4倍もお得な「還元率1.5~2%」という高還元クレジットカードが多数登場している。

 ただし、これらの高還元クレジットカードのほか、人気のマイル系クレジットカードにもデメリットがある。

 それは「ポイントを交換する手間」が必要になる点だ。

 いくら還元率が高くてお得なクレジットカードでも、貯まったポイントを失効してしまっては意味がないし、ポイント交換に面倒な手続きや時間がかかるようであれば「費用対効果」の点で満足度は低くなる。

 マメに「ポイントを管理できる人が得をする」のは当たり前だが、そんな人はもともと「支出を管理できる」可能性も高い。本当に高還元クレジットカードが必要なのは「支出の管理と同じく、面倒なポイント管理が苦手な人」のはずだ。そして、そういう人は実は多いのでは……。

 しかし、「ポイント管理が苦手な人」でも、「簡単に・確実に・利用するだけで得をする」クレジットカードがある。

 それが「利用金額のうち、0.5~1.0%を自動的にキャッシュバックしてくれる」クレジットカードだ。

ポイントの管理が苦手な人におすすめなのは
自動キャッシュバック型のクレジットカード!

 クレジットカード利用金額を自動的にキャッシュバックしてくれるクレジットカードは、2枚に限定される。

 それが「P-oneカード」と「VIASOカード」の2枚だ。

 どちらも年会費無料なのでコストはかからないが、「P-oneカード」は還元率1.0%、「VIASOカード」は通常還元率0.5%だが、携帯電話やプロバイダーの通信料金、ETCカードの通行料金は還元率が1.0%になる。

■自動的にキャッシュバックされる2枚のカードを比較!
カード名 P-oneカード VIASOカード
カードフェイス
P-oneカード公式サイトはこちら
VIASOカードの公式サイトはこちら
還元率 1.0% 0.5~1.0%
年会費 永年無料 永年無料
発行 ポケットカード 三菱UFJニコス
国際ブランド VISA、Master、JCB VISA、Master、JCB
キャッシュバックされる時期 毎月の請求時 年1回まとめて
(1000円以上の場合のみ)
付帯保険 外旅行傷害保険
(最高2000万円、利用付帯)
ETCカード 年会費無料、新規発行及び
更新手数料1000円(税抜)
年会費無料、発行手数料
1000円(税抜)
関連記事 【P-oneカード】利用金額の1%を自動的に請求金額から割引!手間なく、支出を減らせる節約系カードの元祖!⇒関連記事はこちら! 【VIASOカード(ビアソカード)】面倒な手続き不要! 利用額の0.5~1%が自動的に銀行口座に振り込まれる現金還元型!⇒関連記事はこちら!


P-oneカード」はカード代金請求時に1%が自動的に減額されるキャッシュバック型カードの元祖的存在。一般的な「キャッシュバック型」カードの場合、カードを利用してポイントを貯め、ポイント交換手続きを経て、キャッシュバック分がカード請求代金から割り引かれたり、銀行口座に振り込まれたりと、実際にキャッシュバックされるまでにタイムラグが発生するのに対し、「P-oneカード」はカードを利用する以外は何もしなくても、毎月確実に支出の1%を節約できるのが魅力だ。

P-oneカード
還元率  1.0%
おすすめクレジットカード!P-oneカード
発行元 ポケットカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(初年度無料、2年目以降は管理費として年200円・税抜)
ポイント付与対象の
 電子マネー
おすすめクレジットカード!P-oneカード公式サイトはこちら


 例えば、1カ月のクレジットカード利用額が10万円の場合、クレジットカード代金の請求額は10万円の1%が割り引かれた4万9000円となり、1%分の1000円は銀行口座から引き落とされずに残る。つまり、毎月クレジットカード利用額の1%ずつ、貯金が増えていくことになるのだ!

 また、「P-oneカード」などを発行するポケットカードが運営する「P-oneモール」を利用すると、「Yahoo!ショッピング」や「ディノス」「ニッセン」「ビックカメラ.com」などのネット通販サイトで買い物をすると1000円で1~23ポイントの「ポケット・ポイント」が付与される。

 この「ポケット・ポイント」も「1ポケット・ポイント=3円」でキャッシュバックされるので、還元率は1.3~最大で7.9%にアップする点も見逃せない。

 一方の「VIASOカード」は、利用額100円ごとに0.5ポイント貯まり、入会後一年間の累積ポイントが1000ポイントを超えた場合に銀行口座に振り込まれる。「P-oneカード」と比較すると、毎月の支出を抑える効果は低くなる。ただし、キャッシュバックされる金額はまとまった金額となるので、お得感を実感しやすいのが特徴だ。

VIASO(ビアソ)カード
還元率  0.5%
おすすめクレジットカード!高還元率のVIASOカード(ビアソカード)
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(永年無料)
ポイント付与対象の
 電子マネー
おすすめクレジットカード!高還元率のVIASOカード(ビアソカード)公式サイトはこちら


VIASOカード」にも専用のショッピングサイト「VIASO eショップ」があり、こちらもショップごとに異なるが、最大でポイントが25倍になる。

 どちらも日常生活で「現金」ではなく「クレジットカード」を利用するだけで「自動的にキャッシュバックされる」ので、ポイントの有効期限を気にしたり、交換の手間をかけたりする必要がないので、これまで「ポイントを貯めても管理するのが苦手だから」と、高還元クレジットカードを敬遠してきた人には打ってつけの便利なクレジットカードだ。

 ただし、「P-oneカード」の還元率は1.0%と、「VIASOカード」の還元率0.5%と比較しても2倍も高く、「毎月の請求代金から1.0%を割引」されるので、「年に一回、口座に振り込まれる」タイプの「VIASOカード」よりも節約効果が高くなるだろう。

P-oneカード」は、還元率だけで見れば業界トップクラスの高還元クレジットカードに引けを取るが、それでも還元率は一般的なクレジットカード(還元率0.5%)の2倍。しかも、「P-oneカード」なら「ポイントを管理する必要がまったくない(のに得をする)」という点では、数多くの種類が発行されているクレジットカードの中でも貴重な存在。

「現金」ではなく「クレジットカード」を利用するだけで「自動的にキャッシュバックされる」ので、ポイントの有効期限を気にしたり、交換の手間をかけたりする必要がないので、これまで「ポイントを貯めても管理するのが苦手だから」と、高還元クレジットカードを敬遠してきた人には打ってつけの便利なクレジットカードだ。

 今後も続く、消費増税や物価上昇などに備えて、「自動キャッシュバック型」のクレジットカードで節約生活を始めよう!