クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2015年6月2日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

ドコモとPontaが提携し、ポイントの相互交換へ!
au、ソフトバンクに続く携帯ポイントのオープン化で
群雄割拠のポイント戦国時代が始まる!

 2015年5月13日、NTTドコモ(以下、ドコモ)は、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を提供するロイヤリティ マーケティング(以下、LM)と業務提携を行い、ドコモが新たに提供する「dポイント」と「Ponta」の相互交換を2015年12月から開始する予定だと発表した。

 今回は、この提携の持つ意味について考えてみたい。

au、ソフトバンクに遅れをとっていたドコモが
Pontaと提携して巻き返しを図る

 ドコモは、2015年4月28日に、自社のサービスブランドである「ドコモポイント」や「ドコモプレミアクラブ」などの名称を「d」を冠した名称で統一すると発表していた。

■ドコモのサービスブランド名変更のまとめ
  現在の名称 新名称
 ポイント ドコモポイント dポイント
 会員プログラム ドコモプレミアクラブ dポイントクラブ
 クレジットカード DCMX dカードTM
 お客様ID docomo ID dアカウント®


 そして今回の発表は、ドコモとPontaが連携することで、2015年12月から「ドコモポイント(dポイント)」がPonta加盟店で利用できるようになり、さらに「Pontaポイント」と「ドコモポイント(dポイント)」の相互交換も開始されるというものだ。

 また、2015年5月12日付の日経新聞電子版の記事を読む限りでは、ドコモデザインのPontaカードではなく、独自のポイントカードが発行されるようだ。「ドコモポイント」が「dポイント」へ、クレジットカードの「DCMX」が「dカード」へ名称が変更となることを考えると、新たなポイントカードは「dポイントカード」となるのだろうか。

DCMX
還元率  1.0%
DCMXカードフェイス
発行元  NTTドコモ
国際ブランド VISA、Master
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料)
家族カード あり
(年会費初年度無料、2年目以降400円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
DCMXカード公式サイトはこちら

(関連記事⇒ドコモのカード「DCMX」を保有することで携帯電話料金はどれだけ安くできる? ポイント制度の変更点と「DCMX」のメリットとは

 競合のauは、2014年に「au WALLETカード」を新たに発行し、携帯利用や「au WALLETカード」の利用で貯めたポイントを再度「au WALLETカード」にチャージ可能とすることで自社のポイントをより使いやすくした。
(関連記事⇒新登場した「au WALLETカード」にチャージしてもっとも得するクレジットカードはどれだ!? 誕生月ポイント5倍の「ライフカード」に注目!

 一方、ソフトバンクは、「ソフトバンクポイント」を廃止して携帯利用などで貯まるポイントを「Tポイント」に切り替えた。ソフトバンクは、貯まるポイント自体を使い勝手の良いポイントに変更したわけだ。

 auとソフトバンクのどちらも、自社でしか使えない“閉じたポイント”から幅広く使える“開いたポイント”に切り替えた形となる。

 当然、ライバルのドコモもポイントの使いやすさを考えてくるはずで、ドコモが今後どのような対策を行っていくのか筆者も気になっていたが、実は以前から「もし、ドコモが共通ポイントと提携するのであれば、『Pontaポイント』しかない」と考えていた。その理由は、それぞれのJALとの関係だ。

 以前よりPontaとJALは提携していたが、2015年4月以降はそれをさらに強化。「JMBローソンPontaカードVisa」利用者以外でも、JALマイルとPontaポイントの相互交換ができるようになった。一方、ドコモとJALも、2014年4月から「ドコモポイント」とJALのマイルを相互交換できるようした。こうした関係から、ドコモが共通ポイントサービスと提携するにあたりJAL陣営の「Pontaポイント」を選んだのは、当然の流れと言えるだろう。
(関連記事⇒「リクルートカードプラス」がマイルでも最強に!? 誰でも「JALマイル」と「Pontaポイント」が相互交換できるサービスが2015年春にスタート!

ドコモとPontaが提携したことで、
「ポイント三国時代」から「ポイント戦国時代」へ

 ドコモとPontaの提携により、最新のポイント交換マップは以下のようになる。マップを見る限り、提携による他社への影響はなさそうだ。このことを考えても、ドコモが提携するとなるとPontaしかなかったことがわかる。

 さらに、共通ポイント、オンラインショッピングモールのポイント、携帯電話のポイントなどのグループをまとめると、以下の表のようになる。

 「楽天スーパーポイント」vs「Tポイント」vs「Pontaポイント」のポイント三国時代から、さらに携帯電話のポイントの参入が進んだことで、時代は群雄割拠のポイント戦国時代へと突入した。今年は、各共通ポイントサービス加盟店の“寝返り”にも注目したい。
(関連記事⇒「Tポイント」「Ponta」「Rポイント」を徹底比較! 今さら聞けない共通ポイントサービスの歴史とそれぞれのメリット&デメリットを徹底解説!

 以上、今回はドコモとPontaが提携するニュースとその影響についてまとめてみた。このニュースはポイント業界に大きな影響を与えると思われるので、今後も取り上げて行く予定だ。

DCMX
還元率  1.0%
DCMXカードフェイス
発行元  NTTドコモ
国際ブランド VISA、Master
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料)
家族カード あり
(年会費初年度無料、2年目以降400円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
DCMXカード公式サイトはこちら

(関連記事⇒ドコモのカード「DCMX」を保有することで携帯電話料金はどれだけ安くできる? ポイント制度の変更点と「DCMX」のメリットとは