クレジットカードおすすめ最新ニュース[2024年]

【ポイントカードのメリット・デメリット】
「Tポイント」「Ponta」「Rポイント」を徹底比較!
今さら聞けない共通ポイントサービスの歴史と
それぞれのメリット&デメリットを徹底解説!

2014年12月3日公開(2022年3月29日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
1
「Tポイント(Tカード)」、「Pontaポイント(Pontaカード)」、「楽天スーパーポイント(Rポイントカード)」カードフェイス

 「Tポイント(Tカード)」や「Pontaポイント(Pontaカード)」、「楽天スーパーポイント(Rポイントカード)」など、今や当たり前になっている「共通ポイントサービス」。しかしその歴史は、まだまだ浅い。

 今回は、そんな「共通ポイントカードの歴史を振り返りながら、「Tカード」と「Pontaカード」、「Rポイントカード」、それぞれの特徴を比較していこう。

共通ポイントサービスの先駆者「Tカード」は
もともとTSUTAYAの会員証から始まった

 過去を振り返ると、もともとポイントカードというものは、それを発行した店舗だけで使えるものだった。良くても、同一グループで利用できる程度だった。

 ひどい店になると、同じグループにもかかわらず利用する店舗によって使えるポイントカードが異なる場合もあった。○○新宿店と○○池袋店で、それぞれ別のポイントカード(会員証)になっている場合、会社の近くと自宅の近く同じグループの店を使うためには別々のポイントカードを作らなければならないのだ。そんな状況から、様々な店舗でポイントカードが発行され、財布の中にどんどんポイントカードが増えていくことになった。

 実は、従来のTSUTAYAの会員証も、店舗ごとに別々のポイントカードが必要となるタイプだった。しかしTSUTAYAはその不便さに気が付き、店舗ごとに別々だった会員証を共通化することを決定。そのタイミングで、共通ポイントサービスの導入が検討された。

 そして2003年10月、TSUTAYA会員証の提示でENEOS、ローソンで「Tポイント」が貯まるようになり「共通ポイントサービス」が開始される。さらに2004年4月にはTSUTAYA会員証が全店で共通化され、今の「Tカード」となった。共通ポイントサービスの先駆者、「Tカード」の誕生だ。

 それ以降、「共通ポイントカード」、急速に我々の生活に入り込んで来ることになる。

なぜ、企業は「共通ポイントサービス」に参加するのは
今まで獲得できなかった顧客を「相互送客」するため

 ポイントは、もともと消費者を囲い込むためのものだ。消費者は貯まったポイントを使うために、再びポイント発行店舗に来店する。しかし共通ポイントサービスの場合は、自分の店舗で付与したポイントを、他店で利用される場合もある。これでは、再度来店してもらうというポイント本来の役割を果たすことができない。

 では、なぜ企業は「共通ポイント」に参加するのだろうか?

「共通ポイント」への参加メリットは、“相互送客”だ。例えば、ファミリーマートで「Tカード」を提示して商品を買うと、レシートにクーポンが付いてくる場合がある。このクーポンは、「Tカード」の会員属性により出力される内容が異なるのだ。

 例えば、20代女性にはエクセルシオールカフェのクーポンが、30代男性には牛角のクーポンが出てくる。これにより、ファミリーマートに来たお客をエクセルシオールカフェや牛角に誘導することが可能となった。つまり、加盟店同士でお互いに送客しあうことで、今まで獲得できていなかった利用者(下図中のAさんやBさん)にも利用してもらえるようになる

従来のポイントカードイメージと共通ポイントカードのイメージ

 つまり、ポイントサービスは、単なる“囲い込み”のツールから、“人の誘導”ツールに変わったのだ。

Tポイント(Tカード)が注目された理由は
お得感と使い勝手の両立

 ポイントが広まってきた背景には、長引くデフレの影響から「少しでも得をしたい」という人が増えてきたことがある。私が運営するポイント交換案内サイトの「ポイ探」も、そんな状況の中で2006年4月にオープンした。そして2007年には、「nanaco」、「WAON」、「PASMO」が相次いで登場。「電子マネー元年」と呼ばれ、ポイントに社会の関心が集まり始めた。

 共通ポイントの中で一番初めに広く注目され始めたのが、「Tポイント」だ。

 共通ポイントのメリットのひとつは、買い物のときに提示することでポイントが貯まる上に、クレジットカードや電子マネーで決済すれば1回の買い物で2重にポイントを手に入れることができることだろう。貯まったポイントを1ポイント単位で利用できることも評価された。例えば、「103円の買い物のとき、3円分をポイントで支払い、100円分を他の決済手段で支払える」、ということができる。

 共通ポイントの魅力は、お得さだけでない。1枚のカードさまざまな店舗で利用できることから、財布の中のポイントカードを減らすことができ、「ポイントカードの断捨離」という面でも人気が高まったのだった。

ポイントカード提示+クレジットカードでポイントをダブルで取得

「Pontaカード(Pontaポイント)」が
「Tカード」のライバルとして登場

 こうした共通ポイントサービスのメリットに目をつけたのが、「Pontaカード」だ。

 2010年3月に、ローソンのポイントカードとゲオの会員証が「Pontaカード」に切り替わり、ローソン、ゲオだけでなく、昭和シェル石油などぞくぞくと「Tカード」加盟店のライバル店と提携し、「Tカード」と同じように「Pontaカード」を提示するとポイントが貯まるサービスを開始した。

 このころから、「『Pontaポイント』と『Tポイント』はどちらがお得か?」といった記事を目にするようになった。

「Yahoo!+Tカード」陣営に対抗するため
「Rポイントカード(楽天スーパーポイント)」が誕生!

 「Pontaカード」の登場から約4年半、2014年10月から、楽天が「Rポイントカード」を発行。楽天市場や楽天ブックスなどの利用で貯まる「楽天スーパーポイント」を、リアル加盟店でも利用できるようにした共通ポイントサービスをスタートした。

 楽天が「Rポイントカード」で共通ポイントサービスに参入した理由は、「Pontaカード」とは異なる。

 2012年6月、Yahoo!ショッピングで貯まる「Yahoo!ポイント」が廃止、「Tポイント」に変更されるという発表があった。多くのユーザーを抱える「Tポイント」がYahoo!ショッピングでも利用できるようになると、オンラインショッピングモールとして圧倒的だった楽天市場の地位が危うくなる

 そんな懸念から、「Yahoo!ポイント」廃止の発表から約半年後、2013年3月に、楽天も「Rポイントカード」を発行してリアル店舗で「楽天スーパーポイント」を利用できるようにする、と発表したのだった。つまりこれまでネットの中でしか利用ができなかった「楽天スーパーポイント」が、街中の実店舗で貯めたり使ったりできるようになったのだ。

「Tカード」vs「Pontaカード」vs「Rポイントカード」
共通ポイント三国志が開戦!

 Yahoo!ショッピングがポイントサービスを「Tポイント」へ切り替え、楽天が「Rポイントカード」での共通ポイントサービスに参入したことで、「リアル加盟店+オンラインショッピングモール」が共通ポイントサービスの条件となった。

 このことから、これまで注目を集めていた「Tカード vs Pontaカード」という従来の構造から、「Tカード(+Yahoo!ショッピング)」vs「Rポイントカード(+楽天市場)」という構図が主流となってきた。

 リアル店舗との共通ポイント化が遅れた「Pontaカード」は、「Tカード」「Rポイントカード」から一歩取り残された状況となり、オンラインショッピングモールとの提携が必須となった。そんな「Pontaカード」が目をつけたのがリクルートだ。

 リクルートは、2013年3月にオンラインショッピングモールの「ポンパレモール」を開始。ポンパレモールでの購入では3%の「リクルートポイント」が貯まり、他社よりも2%も多くポイントが貯まることをアピールした。新しく還元率2.0%の「リクルートカードプラス」(年会費2000円+税)、還元率が「楽天カード」や「Yahoo! JAPAN JCBカード(※)」よりも0.2%高い、1.2%の「リクルートカード」(年会費無料)も発行して、攻勢を仕掛けた。

(※2015年3月31日に募集終了。2015年4月1日より、Tポイントカードと一体になってより使い勝手が良くなった「

 しかし、ポンパレモールの加盟店は1年で1000店舗程度と伸び悩んでいる。その原因は、「リクルートポイント」の「使い道の狭さ」だろう。

 いくら多くのポイントが貯まっても、使い道がなければ利用者にとって意味は無い。楽天市場やYahoo!ショッピングでは数万店舗でポイントを利用でき、ほぼ買えない商品が無い状態なのに対して、「リクルートポイント」は1000店でしかポイントを利用できない。加盟店舗が少ないゆえに価格競争もあまりなく、2%増量されたポイントに魅力を感じない利用者も多かったのだ。

 この状況の中、ポイントの使い道を解決したいリクルートと、オンラインショッピングモールを取り込みたい「Pontaカード」が提携するのは、当然の流れだろう。

 2014年7月から「リクルートポイント」と「Pontaポイント」の相互交換が開始され、2015年春には「リクルートポイント」を廃止、「Pontaポイント」に統合することになる。

 そして共通ポイントサービス業界では、「Tカード」vs「Rポイントカード」vs「Pontaカード」の全面対決が本格的に開始されることとなった。

>>次ページからは、この3つの共通ポイントサービスのサービス内容を徹底比較し、どれを持つべきなのか検討していこう。


【ポイントカード別おすすめクレジットカードはこれだ!】

●「Tポイント」を貯めるには⇒

Yahoo! JAPANカード
還元率 1.0~3.0%
「Yahoo! JAPANカード」のカードフェイス
発行元 ワイジェイカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
nanaco
(還元率0.5%)
au WALLET
(Masterのみ)
「Yahoo! JAPANカード」の公式サイトはこちら

●「楽天スーパーポイント」を貯めるには⇒

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!(メインカード部門)
「楽天カード」の4券種の中で、もっとも得するカードを選ぶ方法をカード専門家が解説! ゴールド、プレミアム、ブラックの特典を比較して最適な券種を選ぼう
楽天カード公式サイトはこちら
楽天カードへの新規入会&利用でポイントがもらえるキャンペーン中!
楽天カード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2023年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2024年3月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEX
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天ポイント」が改悪続きでも“最強のポイント”である理由を専門家が解説!「楽天カード」などだけでなく、無料でポイントを獲得できるサービスが魅力!
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~7.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、Apple PayやGoogle Payに「三井住友カード(NL)」を登録して「Visaのタッチ決済」または「Mastercardタッチ決済」を利用すれば、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなど、対象のコンビニや飲食店では還元率7%に大幅アップ(※)する! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
※ 一部店舗および一定金額を超える支払いでは指定の決済方法を利用できない場合、または指定のポイント還元にならない場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外。
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短10秒発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&飲食店で最大7%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率7%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

1.0~1.5%  
(※1)
1万6500円 AMEX
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
【ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
2021年3月から発行が始まった、高級ホテル「ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ」との提携カード。ヒルトンの上級会員資格「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」が無条件で付帯し、レイトチェックアウトや部屋のアップグレード(最高でエグゼクティブ)、朝食無料サービスなどを利用できるのが最大の魅力! さらに、年間150万円以上を利用すると「ウィークエンド無料宿泊特典(金・土・日のみ利用可)」がもらえて、ヒルトンやコンラッドなどの1泊3万円以上するような高級ホテルに無料で宿泊できる! また、通常100円につき2ポイント、ヒルトン系列では100円につき3ポイントの「ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント」を獲得でき、貯めたポイントでヒルトン系列のホテルに宿泊することも可能!
※1 ヒルトン系列ホテルの宿泊にポイントを利用した場合。1ポイント=0.5円換算。
【関連記事】
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード登場! ヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に!
「ヒルトン・オナーズ・アメックス」のメリットを解説!1泊9万円強の高級ホテルへの無料宿泊特典や朝食無料サービスなど、高額な年会費以上にお得な特典が付帯
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する13枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!(ヒルトン・オナーズ アメックスの解説へ)
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~7.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、Apple PayやGoogle Payに「三井住友カード ゴールド(NL)」を登録して「Visaのタッチ決済」または「Mastercardタッチ決済」を利用すれば、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなど、対象のコンビニや飲食店では還元率7%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 対象取引などの詳細は、三井住友カードの公式サイトでご確認ください。※2 一部店舗および一定金額を超える支払いでは指定の決済方法を利用できない場合、または指定のポイント還元にならない場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで7%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを解説! 同じく“実質”年会費が無料の「エポスゴールドカード」と付帯サービスなどを比較して魅力を解剖!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~10.5%
(※)
永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料のうえに通常還元率1%のお得な高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」の「ポイントアップ登録(無料)」をすれば、Amazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、スターバックスでは「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%、「Starbucks eGift」の購入で還元率10.5%に!
※貯まったOki Dokiポイントを「JCB PREMO」に交換した場合の還元率。
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~10.5%のJCBの入門カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料。
【関連記事】
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると1%分のPontaポイントが貯まる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
au PAY カードの公式サイトはこちら

 ◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

0.5~2.0%
(※1)
初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※2)
AMEX Suica
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、QUICPay決済を利用した場合は還元率2%に大幅アップ(※3)セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニはもちろん、マツモトキヨシやツルハグループなどのドラッグストア、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店など、QUICPayを利用できる店舗ではいつでもどこでも還元率2%になるので非常にお得! 貯まるポイントは、有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのもメリット!
※1 通常1000円(税込)につき1ポイント貯まる永久不滅ポイントを「1ポイント=5円相当」のポイントやアイテムに交換した場合の還元率。※2 2年目以降は1100円(税込)。ただし、年一回でもクレジットカードの利用があれば次年度以降も無料。※3 年間合計30万円までの利用分が対象。以降は還元率0.5%。
【関連記事】
「セゾンパール・アメックス・カード Digital」は、QUICPayで2%還元と超お得! 最短5分で発行できる「SAISON CARD Digital」の申し込み方法も解説!
還元率が高い、おすすめのクレジットカードを紹介!クイックペイを利用すれば還元率2%になる「セゾンパール」など、年会費が実質無料で注目の3枚をチェック
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

【ヒルトン・オナーズ アメックスカード】
「ゴールド会員資格」付帯で朝食無料、年150万円利用で
「週末の無料宿泊特典」も!⇒関連記事はこちら

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「ビュー・スイカ」カードの公式サイトはこちら 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気!
ビュー・スイカ」カードの公式サイトはこちら 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新NISAで1億円
投信格付283本
2024年の主役株

4月号2月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭特集
第3四半期決算でわかった!
2024年の主役株40

株主還元策がカギ!人気20銘柄を診断!


◎第1特集
買いの株は55銘柄!
14人の億り人の実例&4人のプロの提案・銘柄!新NISAで1億円

・株で80億円の利益テスタさんからの提言「億り人を目指す心構えとは?」
新NISAで1億円作るには?達成目標年別8つの運用シミュレーション
高配当株で1億円!実例3+買いの株
割安株で1億円!実例2+買いの株
成長株で1億円!実例3+買いの株
米国株で1億円!実例2+買いの株
投信・ETFで1億円!実例4


◎第2特集
NISAは☆☆☆3つ星を買え!
ザイ独自の判断!投信格付283本

新NISAで買う投信の選び方
つみたて投資枠で買える「格安」インデックス型46
・成績のよる格付け&6つの視点で分析!アクティブ型60
・資産配分や運用の効率性を徹底分析!バランス型24
・利回り2ケタの投信が大幅増加!毎月分配型100
・前回のオススメ投信9本の成績は?
・iDeCoで最安投信44
・投信の「買い」「売り」判断の方法
・初心者はココで理解できる!投信のキホン


◎【別冊付録】

株のイメージを変える新しい入門本!
夫婦で親子で一緒に読んで家族円満!
投資にまつわる誤解を撃退!
株の食わず嫌い克服BOOK


◆おカネの本音!医師・作家鎌田實さん「累積赤字4億円の地方病院を再生!海外医療支援も」
◆株入門マンガ恋する株式相場!「夢じゃない!? 日経平均5万5000円」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国「何で解約できない!?ネットに潜むワナと仕掛けに注意」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報