クレジットカード比較

楽天カードの強力ライバル出現!
還元率2%のリクルートカードプラスは
カード業界の革命児か!?クレジットカード&ポイント事業に本格参入するリクルートの戦略(前編)

2013年8月2日公開(2022年3月29日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 一般的なクレジットカードの還元率が0.5%の中、その2.4~4倍にもなる「還元率1.2~2%」を謳うクレジットカードが登場した。その名は「リクルートカード」と「リクルートカードプラス」。リクルートグループで、旅行宿泊予約サイトの「じゃらんnet」や飲食店の割引クーポンサイト「ホットペッパー グルメ」、ヘアサロンやエステサロンなどの検索・予約サイトの「ホットペッパー ビューティー」などを運営するリクルートライフスタイルがカード事業に乗り出したのだ。

業界トップクラスの還元率2%のクレジットカードが登場!

 通常の「リクルートカード」(JCB及び三菱UFJニコスと提携)は年会費無料で還元率が1.2%、年会費2000円(税抜)の「リクルートカードプラス」(JCBと提携)なら還元率は2%と、どちらにしても還元率は破格の高さになっている。

おすすめクレジットカード!業界トップの還元率のリクルートカードプラス業界トップクラスの還元率2%を誇るリクルートカードプラス。年会費は2000円(税抜)。nanacoチャージもポイント付与対象(発行:JCB)
おすすめクレジットカード!年会費無料、高還元率のリクルートカード国際ブランドがJCBのリクルートカード。還元率は1.2%で年会費は無料。nanacoチャージもポイント付与対象になる点がVISAとは異なる(発行:JCB)
おすすめクレジットカード!還元率の高いリクルートカード国際ブランドがVISAのリクルートカード。還元率1.2%で、年会費は無料。ただし、VISAではnanacoチャージはポイント対象外(発行:三菱UFJニコス)

 それぞれ、どの程度の金額が還元されるのか。食品や生活雑貨などの買い物のほか、電子マネーへのチャージ、光熱費や通信費など、毎月10万円をクレジットカードで支払った場合の還元金額を計算してみた。

 リクルートカード
還元率 1.2%
「リクルートカード」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanaco、
ICOCA(VISA、Masterのみ)、楽天Edy(VISA、Masterのみ)
関連記事 「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!
「リクルートカード」の公式サイトはこちら
おすすめクレジットカード!クレジットカードを毎月10万円使った場合の還元金額を表したグラフ

 すると、還元率1.2%の「リクルートカード」では月額10万円の利用で毎月1200円、年間1万4400円、3年では4万3200円もの節約が可能。

 さらに還元率2%の「リクルートカードプラス」なら毎月2000円、年間2万4000円、年会費2000円(税抜)が必要だが、それを差し引いても3年で6万7800円もの節約ができることがわかった。

 一般的なクレジットカードでは還元率が0.5%なので、それと比較しても「リクルートカード」なら2万5200円、「リクルートカードプラス」なら4万9800円も得をすることになる。

人気の高還元率クレジットカードと比較してもお得!

 では、ほかの高還元率のクレジットカードと比較するとどうなのか。

 今回、比較したのは以下の6枚のクレジットカード。
①一般的な還元率0.5%のクレジットカード
②「漢方ライフスタイルクラブカード」(還元率1.75~2.0%、年会費1500円)
③「リーダーズカード」(還元率1.5~1.8%、年会費2500円。ただし、年50万円以上で次年度無料)
④「楽天カード」(還元率1%、年会費無料)
⑤「リクルートカード」(還元率1.2%、年会費無料)
⑥「リクルートカードプラス」(還元率2%、年会費2000円)

 還元率や年会費を考慮して還元金額を計算したところ、年間利用額によってもっとも得するクレジットカードは変わることがわかった。年間利用額別のお得なクレジットカードは以下のようになった。

 年間利用額  もっとも得するクレジットカード
 1万~
 28万円未満
 リクルートカード
(還元率1.2%。年会費無料)
 28万~
 50万円未満
 リクルートカードプラス
(還元率2.0%。年会費2000円(税抜))
 50万円以上~
 100万円未満
 リーダーズカード
(還元率1.5~1.8%。年会費2500円(税抜)、初年度無料。ただし、50万円以上利用で次年度年会費無料)
 【参考記事】
クレジットカードの平均利用額は月5.3万円。
 平均的日本人がもっとも得するカードとは?
 100万円以上~
 121万円未満
 漢方スタイルクラブカード
(還元率1.75~2.0%。年会費1500円(税抜)、初年度無料。ただし、年間約100万円以上利用でボーナスあり)
 【参考記事】
目指せ還元率2.5%超!
 クレジットカードの見直しで年間3万円以上も得してしまう!?>
 121万円以上~  リクルートカードプラス
(還元率2.0%。年会費2000円(税抜))
 

 

 リクルートカード
還元率 1.2%
「リクルートカード」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanaco、
ICOCA(VISA、Masterのみ)、楽天Edy(VISA、Masterのみ)
関連記事 「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!
「リクルートカード」の公式サイトはこちら

 やはり、還元率の高さがストレートに結果に反映され、年間利用額が50万円以上~121万円未満の人を除き、年間50万円(月間約4万円)未満の少額利用者も、年間121万円(月約10万円)以上の高額利用者も「リクルートカード」か「リクルートカードプラス」がもっとも得をするという結果になった。

 そして、年間28万円(月額約2万4000円)以上、クレジットカードを利用する人なら、年会費無料の「リクルートカード」よりも、年会費2000円(税抜)を支払ってでも「リクルートカードプラス」のほうが得をするという結果になった。ほかのクレジットカードでも「年会費無料だから」という理由でクレジットカードを選んでいる人も要注意だ。

nanacoチャージもポイント付与なので税金、年金でも得する!

 さらに、「リクルートカードプラス」ならモバイルSuicaはもちろん、nanacoへのチャージでもポイントが貯まる(「リクルートカード」でもJCBならnanacoチャージもポイント付与対象)のでセブン-イレブンで住民税や自動車税、固定資産税などの税金、国民健康保険、国民年金を支払うことで2%還元(ただし、nanacoポイントは付与されない)になり、海外旅行保険も自動付帯(ツアー料金や飛行機のチケット代をクレジットカード決済しなくても保障対象になる)なので、実際には28万円以下でも「リクルートカード」より「リクルートカードプラス」を選んだほうが得をするケースのほうが多そうだ。

 しかし今、なぜリクルートが高還元率のクレジットカードを発行するに至ったのだろうか? 「リクルートカード」を発行するリクルートライフスタイルのネットビジネス推進室シニアマネジャーの秋山純さんに話を聞いた。 

高還元率カードの発行は「リクルートポイント」の価値向上の一環

 還元率2%という業界トップクラスのお得な「リクルートカードプラス」。一番の疑問は、なぜリクルートがクレジットカード事業に乗り出したのか?という点だ。実は今回のクレジットカード事業への進出は、リクルートのポイントプログラムを充実、拡大させる戦略の一環だという。

 「従来、弊社では『じゃらんnet』でのみ、ポイントプログラムを運用していました。でも、ユーザーの方にとってもっとポイントの価値を高めるには、2つの方向で手を打つ必要があるだろうと。1つは『よく貯まる』こと、もう1つは『使い道が充実している』ことです」(リクルートライフスタイル・秋山純さん)

 そこで、リクルートでは2011年4月にまず「じゃらんnet」と「ホットペッパー ビューティ」において、相互に利用可能なポイントサービス「じゃらん×ホットペッパーポイント」を開始し、その後、クーポン共同購入サイト「ポンパレ」や、お取り寄せグルメ通販サイト「ごちまる」など、いくつかのサイトを横断して使えるようにした。

おすすめクレジットカード!日本最大級の宿・ホテル予約サイト「じゃらんnet」で発行されていた「じゃらんポイント」も「リクルートポイント」に統合」日本最大級の宿・ホテル予約サイト「じゃらんnet」で発行されていた「じゃらんポイント」も「リクルートポイント」に統合された
おすすめクレジットカード!ヘアサロン・リラク&ビューティーサロンの検索・予約サイト「ホットペッパー ビューティ」でも2011年4月に「リクルートポイント」が導入ヘアサロン・リラク&ビューティーサロンの検索・予約サイト「ホットペッパー ビューティ」でも2011年4月に「リクルートポイント」が導入された


「さらに今年2月にゴルフ場ネット予約サイト『じゃらんゴルフ』、3月にオンラインショッピングモール『ポンパレモール』をオープンし、5月には名称を『じゃらん×ホットペッパーポイント』から『リクルートポイント』に変更して、より貯まりやすく、使いやすいポイントプログラムに成長させる手段を講じました。このようなポイントの価値を高めていくという文脈の中で、クレジットカードを発行するという発想が生まれてきたんです」

 しかし、単に「リクルートポイント」に対応したクレジットカードを発行しても、すでに幅広く流通している「楽天スーパーポイント」や7月にYAHOO!ポイントと統合した「Tポイント」とは争えない。その結果が年会費無料で還元率1.2%の「リクルートカード」、還元率2%の「リクルートカードプラス」という、2種類の高還元率のクレジットカードの発行だったというわけだ。

 リクルートカード
還元率 1.2%
「リクルートカード」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanaco、
ICOCA(VISA、Masterのみ)、楽天Edy(VISA、Masterのみ)
関連記事 「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!
「リクルートカード」の公式サイトはこちら


「当然、我々は後発なので、さまざまなクレジットカードを比較させていただいて、基本的にほかのどのカードよりも条件がいい、ポイントが貯まりやすいカードを作れたと自負しています」

 

「ポンパレモール」と「楽天市場」はどちらが得?

 「リクルートカード」「リクルートカードプラス」で貯まるのは「リクルートポイント(旧じゃらん×ホットペッパーポイント)」で、「じゃらんnet」や「ホットペッパー」「ポンパレモール」など、リクルートグループが運営する10サイトで利用することができる(7月25日時点)。

 その中でもポイントの使い道として有力なのは通販サイト「ポンパレモール」だが、楽天市場の店舗数が昨年末時点で4万店舗を超えているのに対し、ポンパレモールは約600店強でまだまだ発展途上。しかし、今後は店舗数や品揃えなどを充実させていく予定だ。

「過去の経験からも一気に店舗数を増やすと集客のバランスが崩れたりするので、今は月に100店舗くらいのペースで店舗を増やしています。ただ、現在でも、ほかのショッピングサイトですとポイント還元率は1%のところが多いですが、ポンパレモールでは基本の還元率が3%なので、リクルートカードプラスを利用していただければモールで3%+カードで2%=還元率5%になり、おそらくダントツでポイントが貯まりやすい状態が作り出せていると思っています。なかには10%還元、20%還元の商品もあるので、実際の還元率はもっと高くなります」

「ポンパレモール」+「リクルートカードプラス」の組み合わせで、通常の還元率が5%というのは大きな魅力だ。また、「じゃらんnet」の通常の還元率は2%だが、クレジットカードで事前にオンライン決済をすれば還元率が1%上がるので、こちらでも還元率3%が基本になる。

 しかし、すでに日本最大級の宿・ホテル予約サイト「じゃらんnet」は別として、ポンパレモールのほうは楽天市場やYAHOO!ショッピングなどと比較すると、店舗数や商品数でまだまだ差があり、「楽天市場よりポンパレモールのほうが結果的に割高になってしまうのでは?」という心配も……。

「実はショッピングサイトで商品を売る店舗の方々は、ポンパレモールと楽天市場さん、YAHOO!ショッピングさんなど、いくつかのサイトで一気に商品を売り出すというツールが利用されていることも多いんです。もちろん、商品によって高い安いもあるとは思いますが、すごく差があるかというとそんなことはなくて、だいたい似たような価格帯になっていると思います」

 実際はどうなのか、ザイ・オンライン編集部では楽天市場とポンパレモールの同じ店舗の商品を比較してみた。 

有名店の商品価格は「ポンパレモール」も「楽天市場」も同じ!

 今回比較したのは、楽天市場で2012年の「食品部門」でジャンル別大賞を受賞した人気店「自然の館」。ポンパレモールにも出店している「自然の館」の7月中旬の「週間ランキング」総合1位の「ナッツ&グラノーラ(400g×2袋)」は両方のサイトで販売されており、その価格はどちらでも1000円(どちらも送料無料)と同じだった。

おすすめクレジットカード!こちらが楽天市場の「自然の館」。週間ランキング1位の「ナッツ&グラノーラ(800グラム)」は1000円で送料無料で販売されていたこちらが楽天市場の「自然の館」。週間ランキング1位の「ナッツ&グラノーラ(800グラム)」は1000円で送料無料で販売されていた
おすすめクレジットカード!こちらはポンパレモールの「自然の館」。こちらでも楽天市場で販売されている「ナッツ&グラノーラ(800グラム)」が同じ価格で販売されていたこちらはポンパレモールの「自然の館」。こちらでも楽天市場で販売されている「ナッツ&グラノーラ(800グラム)」が同じ価格で販売されていた


 ただし、調査した7月某日、楽天市場では10%還元なのに対し、ポンパレモールでは3%還元だったので、楽天カードを利用して楽天市場で購入した 場合は合計11%還元、リクルートカードプラスを利用してポンパレモールで購入した場合は合計5%還元と、還元率で6%、金額にして60円の差があった(購入時のポイントだけを考えれば、リクルートカードプラスを利用して楽天市場で購入すると合計12%還元でもっともお得になる計算だ)。

 そして、ほかにもランダムに商品を選んでポンパレモールと楽天市場を比較すると、やはり店舗数が少ない点が気になった。せっかく貯めたポイントを使いやすくするために、ポンパレモールの充実が最重要課題だろう。 

「確かに、リクルートポイントの使い道として、もっともベースになるのはポンパレモールだと思いますので、品揃えやサイトの使いやすさをよくすることを優先しながら、ポイントが使いやすくなる新しいサービスも導入していく予定です」

 ポイントの使い道が限定されているとはいえ、リクルートカードプラスの還元率は業界トップクラス。「ポンパレモール」を始めとする「リクルートポイント」が使えるサービスが充実していき、ポイントを有効に活用できることが知れ渡れば、その魅力はさらに増すことになるだろう。 

外部のポイントプログラムと連携する可能性も

 しかも、「リクルートポイント」は実は大きなポテンシャルを秘めている。

 「リクルートポイントをリクルートグループだけでしか利用できないという閉じたポイントプログラムとして運用を続けると決めている訳ではありません。ユーザーの利便性向上が目的ですので、要望に合わせて柔軟に考えていきたいと思っています。それに、リクルートグループ内でも、ポイントプログラムと連携できるサービスがもっとあると思っています」

次回の後編「『リクルート』の驚くべきポイント戦略が判明!重要なライフイベントを牛耳るカードが登場!」では、リクルートが描く「リクルートポイント」の未来像を紹介する。
◆クレジットカードのおすすめ情報&高還元でお得なおすすめカード情報が満載!
クレジットカードおすすめ比較(https://diamond.jp/category/z-creditcard)

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2023年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2023年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2024年6月3日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~7.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、Apple PayやGoogle Payに「三井住友カード(NL)」を登録して「Visaのタッチ決済」または「Mastercardタッチ決済」を利用すれば、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなど、対象のコンビニや飲食店では還元率7%に大幅アップ(※)する! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
※ 一部店舗および一定金額を超える支払いでは指定の決済方法を利用できない場合、または指定のポイント還元にならない場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外。
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短10秒発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&飲食店で最大7%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率7%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEX
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天ポイント」が改悪続きでも“最強のポイント”である理由を専門家が解説!「楽天カード」などだけでなく、無料でポイントを獲得できるサービスが魅力!
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~7.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、Apple PayやGoogle Payに「三井住友カード ゴールド(NL)」を登録して「Visaのタッチ決済」または「Mastercardタッチ決済」を利用すれば、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなど、対象のコンビニや飲食店では還元率7%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 対象取引などの詳細は、三井住友カードの公式サイトでご確認ください。※2 一部店舗および一定金額を超える支払いでは指定の決済方法を利用できない場合、または指定のポイント還元にならない場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで7%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを解説! 同じく“実質”年会費が無料の「エポスゴールドカード」と付帯サービスなどを比較して魅力を解剖!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~10.5%
(※)
永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料のうえに通常還元率1%のお得な高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」の「ポイントアップ登録(無料)」をすれば、Amazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、スターバックスでは「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%、「Starbucks eGift」の購入で還元率10.5%に!
※貯まったOki Dokiポイントを「JCB PREMO」に交換した場合の還元率。
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~10.5%のJCBの入門カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード

0.3~1.5%
(※1)
3万9600円 AMEX
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カードのおすすめポイント】
日本で最初に発行されたゴールドカード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の後継カードだけに、ステータス&付帯サービスは最高レベルで、カードが金属製という特別感もあって、一般的なゴールドカードとはケタ違い。たとえば、年間200万円(税込)以上を利用してカードを継続保有すると、国内40カ所以上の高級ホテルに無料宿泊できる「フリー・ステイ・ギフト」は、もはや一般的なプラチナカードすら凌駕するレベルの特典だ。さらに、高級レストランを2人以上で利用すると1人分が無料になる「ゴールドダイニング by 招待日和」や、世界1400カ所以上の空港ラウンジを年2回まで無料で利用できる「プライオリティ・パス」最高補償額1億円の「海外旅行傷害保険」が付帯するなど、もはや「ゴールドカード」の枠組みを大きく飛び越えている。また、家族カードは2人目まで年会費無料でお得(3人目以降は年1万9800円・税込)。
※貯まるポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算。
【関連記事】
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カードは“プラチナ”を超える“ゴールド”! 日本初のゴールドカードを受け継ぐ「新生ゴールド」を解説!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!
アメックスの新規入会キャンペーンをまとめて紹介!「アメリカン・エキスプレス」の入会特典で、ポイントやマイルをお得に獲得しよう!
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カードの公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料。
【関連記事】
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると1%分のPontaポイントが貯まる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【ヒルトン・オナーズ アメックスカード】
「ゴールド会員資格」付帯で朝食無料、年150万円利用で
「週末の無料宿泊特典」も!⇒関連記事はこちら

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気!
楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!
>>
【重要】サーバーメンテナンスに伴うサービスの一時停止のお知らせ


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報