超成長株投資で資産10倍計画!

太陽HD(4626)の株価低迷は買いのチャンス!
異業種の薬品事業参入で不人気の今が狙い目。
上場以来、赤字も無配もない優良企業!山本潤の超成長株投資の真髄 第2回

【2】 2018年11月14日公開(2018年11月14日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探しの第2弾。今回は、太陽ホールディングス株式会社 (4626)の分析です(以後、太陽HDと略記)。

 

新規参入の薬品事業が評価されていない

★★★★★(5段階中5 5が最高評価)

--- ポイント ---
1) 主力のソルダーレジスト事業は半導体パッケージ向けでシェア7割
2) 新規参入した薬剤製造事業が順調に拡大
3) 来期の増益シナリオが描ける
4) 社員を大切する経営
5) バリューエションは配当利回り3%以上で魅力的

--- 投資判断が5の理由 ---
 太陽HDは、新規参入で薬品事業に乗り出しています。ところがエレクトロニクスのアナリストが薬品事業の評価ができません。こうしたクロスセクターの株は将来的にはしっかりと評価される可能性が高いのですが、業態変化のすぐ後には不人気になることが多いです。だからこそ、狙い目なのです。

 不人気の理由のもう一点は、キャッシュアウトに関する市場の懸念です。2017年に中外製薬から販売権を取得し、200億円以上のキャッシュアウトが発生しました。一般に、多額のキャッシュアウトは、投資家を不安にさせます。当然の結果として株価は低迷します。

 しかし、来期以降の業績の拡大を考えると中長期の投資としては、株価低迷のいまこそが投資へのベストタイミングであると判断しています。

主力のソルダーレジスト事業は半導体パッケージ向けでシェア7割

 太陽HDはプリント配線板向けのレジストインキでシェアトップです。特に半導体パッケージ向けのソルダーレジスト(以後SR)はシェア70%と圧倒的なシェアを誇ります。高いシェアは、もともとSRの液状アルカリ現像型SR(PSR-4000)で1985年に基本特許を登録したたことが背景にあります。基本特許が切れた後も、周辺特許を固めた結果、ハイエンドでは寡占化を進めることができたのです。

 ご存知の通り、プリント配線板のメイン市場は、日本から台湾や韓国に移り、さらに、中国に移っていきました。現地のライバルメーカーも育ってきましたが、ライバルとの熾烈な戦いをしながらも高収益を保ってきました。海外展開も比較的早く、現地生産にも取り組んで、熾烈な価格競争に打ち勝ってきたのです。

 過去26年間の増益率の平均値は年率15%と高く、営業利益率も高位安定していることから、株価の変動率も20%台であり、長期の保有に適する会社です。

 投資効率が高いのは、インクという商品の特性にあります。基礎化学メーカーのような巨大な設備が不要なのです。言ってみれば精密に管理された「バケツ」に様々な溶剤を混ぜ合わせるだけなのですから、キャッシュがたまりやすいのです。結果として、太陽HDは1990年の上場以来一度も赤字になったことも無配になったこともありません。

新規参入した薬剤製造事業が順調に拡大

 2017年、太陽HDは大きな決断をします。製薬製造会社の太陽ファルマを設立。中外製薬から13品の長期収載品の製造販売を担うことにしたのです。今期の売上は76億円の予定ですが、無形固定資産である販売権(200億円)の償却費の負担が14億円あるため、今期は3.3億円程度の赤字予想です。来期は91億円の売上に対して3.5億円の黒字を見込んでいます。キャッシュフローベースでは20%近い営業利益率が期待できる事業です。

なぜ薬剤製造事業に参入したのか?

 日本のエレクトロニクス産業は80年代から90年代にかけて黄金期を迎えました。しかし、残念ながら、アジア勢の勃興を許し、多くの電機メーカーが凋落してしまいました。その中で、太陽HDはシェアを維持していますが、アジアの競合との熾烈な戦いは続いています。

 エレクトロニクス業界での戦い方を知っている太陽HDにとっては、大手製薬メーカーの製造の現場は「水を含んだ雑巾」のように無駄ばかりに見えたはずです。自動車や電機の業界では工場は、例えるならば、絞っても水がでない雑巾から、まだがんばって水を絞ろうとする現場です。

 製薬メーカーのフォーカスは安く作るノウハウではなく、新薬開発にあります。製薬業界は、自然と製造工程や原価低減の努力については自動車・電機業界ほどの努力はしてきませんでした。しかし、高齢化社会において、国民の医療費負担は年々高くなります。今後は、製薬メーカーも薬剤の原価低減への努力が求められるでしょう。グローバルに製薬メーカーからの製造委託を受け、長期収載品を安価につくる役割を果たしていく青写真なのです。

 ゆくゆくは製造工場を買収するか、海外での工場を建設するかの判断をすることになりますが、内作化をすることで、将来的に利益率20%を超える事業に育てていけるでしょう。

 確かに、買収金額はやや高めでしたが、薬品業界に新規参入するための「入場料」と捉えています。

来期の増益シナリオが描ける

 今期と来期の比較では、まず太陽ファルマが7億円程度の増益となります。為替は2018年の前半が100円台前半であったため、このまま為替が推移すれば来期はやや円安想定となります。これで3-4億円の増益要因となります。あわせて10億円の増益要因です。

 大きなリスクとしては、今後2年程度で新規の工場設備を決断するでしょう。ですが、製薬事業とは、設備投資効率がもっとも高い業界のひとつです。減価償却は大きな減益のリスクにはならないでしょう。

 

この連載は、10年で10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、会員専用ページでは今回の太陽(4626)のさらに詳しい分析や資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。

太陽ホールディングス(4626)/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)

 

短期的な銘柄推奨メルマガとは違う、
資産を長期的に増やすためのノウハウと
具体的なポートフォリオを提示する株式サロン登場!

「超成長株投資の真髄」は、メールマガジンとオンライン株式サロンがセットになった画期的なサービス!

運用会社で日本株のファンドマネジャーを20年務めた山本潤氏が日本株の成長株発掘の方法について、実際の銘柄なども例に挙げながら、売り時、買い時を伝えてくれます。登録後10日間は無料!

山本潤の10年で10倍を目指す 超成長株投資の真髄

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します


ANAアメックスならANAマルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ふるさと納税なら「ふるなび」!公式サイトはこちら SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 近江八幡市のふるさと納税はこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報