Photo:HadelProductions/gettyimages

コロナ不況は売り上げ激減という一過性の危機ではなく、全治に長時間を要する大恐慌となりそうだ。超縮小経済の下では、負のレガシーを断ち切る「構造改革」と大胆な「戦略投資」を同時に進められる企業のみが生存を許される。ダイヤモンド編集部では、上場企業2560社を対象に「キャッシュの使い道」や「借入依存度」に着目した独自試算により、大恐慌デスマッチを乗り切れる企業と脱落する企業をあぶり出した。特集『大恐慌襲来 「7割経済」の衝撃』は7月27日(月)から8月8日(土)までの全22回連載でお届けする。(ダイヤモンド編集部副編集長 浅島亮子)

#1 7月27日(月)配信
コロナ不況「耐久力」企業ランキング【総合ワースト&ベスト200】7割経済で脱落する企業は?

大恐慌襲来#1
Photo:strixcode/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業と浮上する企業をあぶり出した。対象の上場企業2560社のうち、ワースト1位は業績悪化から抜け出せずにいる電気機器メーカーだった。本稿では、総合ランキングのベスト200社とワースト200社をお届けする。情報通信業の企業は上位陣と下位陣に分かれる結果になった。

>>記事はこちら

#2 7月28日(火)配信
自動車・部品「コロナ不況に弱い」企業ランキング!3位曙ブレーキ、2位日産、1位は?

大恐慌襲来#3
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業と浮上する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、自動車・自動車部品業界の63社。ベスト1位(ワーストランキングの表の最下位)はタイヤ大手のブリヂストン、ワースト1位は検査データの不正に手を染めたあのメーカーだった。

>>記事はこちら

#3 7月29日(水)配信
自動車部品メーカーの「身売り」続出、日本電産と商社が買収に名乗り

大恐慌襲来#2
Photo:fStop Images - Larry Washburn/gettyimages

 コロナショックによる大減産で、世界の自動車市場の成長がストップした。これまで抜本的リストラとは無縁だった“ラストリゾート”、自動車産業にもついに再編の波が押し寄せている。完成車メーカーの相対的な地位の低下により、その下請けである自動車部品メーカーで身売りが続出しているのだ。買い手候補として名乗りを上げているのは、日本電産や商社、ファンドといったゲームチェンジャー。旧来型部品の寡占化と電動化部品の獲得を狙って、系列が残る自動車業界の勢力図を塗り替えようとしている。

>>記事はこちら

#4 7月30日(木)配信
三菱重工スペースジェット、事業縮小どころか「完全手仕舞い」の大ピンチ

大恐慌襲来#4
写真:毎日新聞社/アフロ

 泉澤清次・三菱重工業社長の大号令により、国産初の小型リージョナルジェット機「三菱スペースジェット」の開発コストと人員が共に大幅カットされた。一見、航空機需要が回復するときに備えた“一度羽を縮める工程”をたどっているようにも思えるが、実は試験機の型式証明(機体の安全性のお墨付き)を取得する体制は実質的に崩壊してしまっている。国産ジェットに「完全手仕舞い」のピンチが迫っているのだ。

>>記事はこちら

#5 7月31日(金)配信
超大企業「コロナ不況に弱い」会社ランキング!2位有名IT、1位は名門電機

大恐慌襲来#5
Photo:strixcode/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、時価総額が1兆円以上の「超」大企業107社。ベスト1位(ワーストランキングの表の最下位)は中外製薬がランクイン。ワースト1位は名門電機メーカー、同2位は有名IT企業という結果になった。

>>記事はこちら

#6 7月31日(金)配信
ANA、日産に続く「第3の候補企業」は?公的救済スキームの全貌

大恐慌襲来#6
Photo:Bloomberg/gettyimages, REUTERS/AFLO

 コロナショックを機に業績が急激に悪化した大企業が続出している。これらの救済には、日本政策投資銀行や産業革新投資機構(JIC)などを活用して資本性の資金を注入する案が有力だ。実際に、2次補正予算の積み増しによりJICグループは3兆円規模の投資余力を持つことになった。すでに救済企業として名前が挙がっているのは、ANAホールディングス(全日本空輸)や日産自動車だけではない。ある重厚長大企業の名も取り沙汰されている。

>>記事はこちら

#7 8月1日(土)配信
運輸・倉庫「コロナ不況に弱い」企業ランキング!1・3位は大手海運

大恐慌襲来#7
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、運輸・倉庫業界の107社。ベスト上位(ワーストランキングの表の下位)には陸運業の企業が多くランクイン。ワースト1位と3位に大手海運企業が、同2位に地方鉄道会社が入る結果になった。経済活動の縮小は、国内のロジスティクス企業の全般に甚大な影響を及ぼすことになりそうだ。

>>記事はこちら

#8 8月1日(土)配信
電機・精密「コロナ不況に弱い」企業ランキング!JDIや東芝、ニコンが上位に

大恐慌襲来#8
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、電機・精密業界の253社。ワースト1位は総合ランキングで1位となった電気機器メーカー。ランキング下位にはジャパンディスプレイや東芝、ニコンといった有名企業も入った。手元資金が急速に消失し、かつ売上高が(リーマンショック以降の)ピーク時から激減している企業が多い。

>>記事はこちら

#9 8月2日(日)配信
鉄・非鉄「コロナ不況に弱い」企業ランキング!3・4位が大手鉄鋼メーカー

大恐慌襲来#9
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、鉄・非鉄業界の60社。ワースト3位と4位には大手鉄鋼メーカーがランクインした。コロナショック以前から構造不況業種としてジリ貧に陥っている企業が多く、業界の再編成は待ったなしの情勢だ。

>>記事はこちら

#10 8月2日(日)配信
建設・不動産「コロナ不況に強い」企業ランキング!1位は積水ハウス

大恐慌襲来#10
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、建設・不動産鉄業界の229社。ベスト1位(ワーストランキングの表の最下位)には積水ハウスが入った。これまで好立地とされてきた都心部やエキナカの不動産収入の激減が予想され、業績の悪化が確実視されている。

>>記事はこちら

#11 8月3日(月)配信
機械「コロナ不況に弱い」企業ランキング!日立建機が9位に

大恐慌襲来#11
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、機械業界の186社。再編機運が高まっている建機業界の大手、日立建機がワースト9位に入った。航空機ビジネスと造船ビジネスの業績悪化というダブルパンチに見舞われている重工系メーカーの順位にも注目だ。

>>記事はこちら

#12 8月3日(月)配信
情報通信「コロナ不況に弱い」企業ランキング、エイベックスやgumiが上位に

大恐慌襲来#12
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、情報通信業界の387社。ベスト1位(ワーストランキングの表の最下位)にはKDDIが入った。一方、エイベックスやモバイルゲームのgumiはキャッシュが激減しておりベストランキングの下位に沈んだ(ワーストランキングの上位に並んだ)。

>>記事はこちら

#13 8月4日(火)配信
サービス「コロナ不況に弱い」企業ランキング!苦境のオリエンタルランド、HISの順位は?

大恐慌襲来#13
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは、サービス業界の338社。オリエンタルランドや旅行大手のエイチ・アイ・エスなどBtoC(個人向け)サービス企業の順位に注目だ。

>>記事はこちら

#14 8月4日(火)配信
外食の新トレンドを作る「破壊者」は、大手チェーンか異業種企業か

大恐慌襲来#14
Photo:Maridav/gettyimages

 新型コロナウイルスの第2波が押し寄せており、感染終息の見通しは全く立たない。とりわけ都市部のオフィス需要に依存した高単価の外食チェーンや居酒屋チェーンは壊滅的な状況にある。そもそも、外食は新しい業態が生まれては古い業態が消える、新陳代謝を繰り返してきた業界だ。過去にもビッグクライシスが起きるたびに、新しいトレンドを作る破壊者が生まれ、業界の勝ちパターンを塗り替えてきた。今回の危機で新トレンドを作るのは大手外食チェーンか、異業種企業か。

>>記事はこちら

#15 8月5日(水)配信
小売り・外食「コロナ不況に弱い」企業ランキング!2位は有名居酒屋、1位は靴小売り

大恐慌襲来#15
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは小売り・外食業界の263社。ベスト1位(ワーストランキングの表の最下位)は「丸亀製麺」を展開するトリドールホールディングス。ワースト1位には靴小売り、同2位は有名居酒屋チェーンがランクインした。

>>記事はこちら

#16 8月5日(水)配信
食品「コロナ不況に弱い」企業ランキング!3位キユーピー系、1位は?

大恐慌襲来#16
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは食品業界の120社。ワースト首位はとうもろこし由来のでんぷん(コーンスターチ)を製造している食品メーカーだった。不況に強いといわれてきた食品業界だが、少子高齢化で過剰設備問題が浮上することになりそうだ。

>>記事はこちら

#17 8月6日(木)配信
輸送用機器「コロナ不況に弱い」企業ランキング!1・3位は造船メーカー

大恐慌襲来#17
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは輸送機器業界の77社。造船不況が直撃しており、ワースト1位と3位は造船メーカーがランクイン。内燃機関が主軸の自動車部品メーカーも苦境にあえぐことになりなりそうだ。

>>記事はこちら

#18 8月6日(木)配信
三菱商事・伊藤忠・物産が目論む自動車・小売り・鉄鋼「再編」の中身

大恐慌襲来#18
Photo:Ralf Hiemisch/gettyimages

 商社の原料調達力と経営ノウハウがあれば、腐りかけの身売り企業でも再建できるかもしれない。アパレルや小売りといった、これまでの得意分野だけではなく、自動車部品メーカーへの資本参加にも食指を動かし始めている。虎視眈々と業界の再編成をもくろむ商社の狙いに迫った。

>>記事はこちら

#19 8月7日(金)配信
アパレル・その他製造「コロナ不況に弱い」企業ランキング!8位に名門服飾ブランド

大恐慌襲来#19
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのはアパレル・その他製造業界の239社。ワースト1位は有機ELディスプレーの発光材料の世界シェア9割を握る会社だ。大手アパレルメーカーもワーストランキングの上位に並ぶ悲惨な結果となった。

>>記事はこちら

#20 8月7日(金)配信
化学・ゴム「コロナ不況に弱い」企業ランキング!9位に名門タイヤメーカー

大恐慌襲来#20
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは化学・ゴム業界の199社。ワースト1位はリチウムイオン電池の正極材料を手掛けるメーカーだ。

>>記事はこちら

#21 8月8日(土)配信
医薬品「コロナ不況に強い」企業ランキング!4位小野薬品、1位は?

大恐慌襲来#21
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのは医薬品業界の62社。ベスト1位(ワーストランキングの表の最下位)は中外製薬、同4位(ワーストの下位)は小野薬品という結果になった。グローバル競争をしている大手メーカーには資金力があり、ほとんどがベストランキングの上位に入った。

>>記事はこちら

#22 8月8日(土)配信
エネルギー「コロナ不況に弱い」企業ランキング!6位に東京電力

大恐慌襲来#22
Photo:Klubovy/gettyimages

 経済活動が大幅に縮む「7割経済」下で、脱落する企業をあぶり出した。今回取り上げるのはエネルギー業界の40社。東京電力ホールディングスはキャッシュが激減しており、かつ稼ぐ力が乏しいためワースト6位に甘んじている。

>>記事はこちら

Key Visual:SHIKI DESIGN OFFICE

*記事のタイトル、内容、公開日は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。