クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]

JALやANAのマイルを120%活用するコツを紹介!
満席を避け、希望日時の特典航空券を発券するには
同じアライアンスの航空会社のサイトを利用しよう!

2015年2月13日公開(2017年11月1日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 以前の記事で、クレジットカードでポイントを貯めるより、マイルを貯めて航空券に交換したほうが得するパターンについて解説した。
(関連記事⇒ANAやJALのマイル系クレジットカードがおすすめ! 積極的にクレジットカードでマイルを貯めて、航空券に交換したほうが得する4つのパターンとは?

 しかし、せっかく時間と手間をかけてマイルを貯めても、「いざ特典航空券に交換しようとしたら、すでに希望する日時に空席がない!」なんてケースは少なくない。特典航空券に交換できなければ、せっかくのマイルも宝の持ち腐れだ。

 そこで今回は、特典航空券を上手に発券するための工夫について解説しよう。

航空会社はANA/JALだけじゃない!
海外の航空会社にも目を向けよう

 日本の航空会社、特にANAの海外特典航空券は、慢性的に取りにくい状況となっている。ANAのマイレージプログラムは貯めやすいのが魅力だが、それだけ競争相手も多いと言える。上級会員(ダイヤモンド、プラチナなど)であればまだしも、一般会員にはなかなか特典航空券の枠が降りて来ない。

 試しに、東京⇔ホノルル路線の特典航空券の状況を調べてみたところ、下の画像のようになった。

 2014年7月時点で、すでに翌年の春休みシーズンは満席になっており、空席待ちの状態なのがわかる。

 ところが、ANAにこだわらず、他の航空会社で検索してみると状況が変わる。下の画像は、ANAのマイルでアシアナ航空の特典航空券を検索した結果だ。

 アシアナ航空の運航便では、翌年どころか2014年9月のシルバーウィーク期間でもまだ余裕があることがわかる。また、複数の航空会社のフライトを組み合わせ、東京以外の都市で乗り継ぎをして東京とホノルルを往復することも可能だ。

 このように、ANAマイレージクラブに貯めたマイルだからといって、必ずしもANAのフライトで使う必要は無いのだ。

世界の空は3つに分かれている!
アライアンス(航空連合)を知ろう

 世界の大手航空会社の多くは、それぞれアライアンス(航空連合)を形成している。各アライアンスでは、ネットワークを拡げるためのコードシェア便(共同運航便)やチェックインカウンター、空港ラウンジの相互利用などの業務提携を実施しているほか、マイレージプログラムの提携も行っており、マイルの相互利用が可能になっている。

 世界の大手アライアンスとしては、次の3つが挙げられる。

  ・スターアライアンス
  ・ワンワールド
  ・スカイチーム

 日本の航空会社を見ても、ANAは「スターアライアンス」に、JALは「ワンワールド」に所属している。そのため、ANAマイルは「スターアライアンス」、JALマイルは「ワンワールド」に加盟する海外航空会社のフライトでも利用することが可能だ。

 先ほどはアシアナ航空を例に出したが、これはアシアナ航空がANAと同じ「スターアライアンス」に所属しており、ANAマイルでも特典航空券の発券が可能だからである。

ANA/JALのマイルを交換するときは
他社の検索システムも活用しよう!

 ANAやJALの空席検索システムでは、航空会社をあらかじめ選択する必要があり、「東京からパリに行きたい!」という時には、同じアライアンスに加盟する各社の就航都市やコードシェアを把握しておく必要がある。しかし、素人がそこまでの知識を持つのは正直難しいだろう。

 そこでおすすめするのは、他の航空会社の検索システムを利用する方法だ。筆者がいろいろと試した結果、ANAマイルなら「スターアライアンス」のユナイテッド航空、JALマイルなら「ワンワールド」のブリティッシュ・エアウェイズの検索システムが使いやすい。この2社に会員登録すれば、それぞれのアライアンスで利用できる特典航空券が検索できる。

 下の画像は、ユナイテッド航空の検索システムだ。日本国内線の特典検索も可能なのがわかるだろう。

 ちなみに、「スカイチーム」の特典航空券を調べる場合はエールフランスのシステムが使いやすい。登録は無料なので、取りあえず3社すべてに登録してしまおう。

航空会社の予約システムは複雑
満席でも最後まであきらめず、電話で確認しよう!

 もし、航空会社のサイト上で空席が表示されなくても、そこで諦めてはいけない。

 航空会社の予約システムは複雑を極める。本当に空席がないのかどうか、航空会社のコールセンターに電話して確かめてみよう。インターネット上では満席と表示されていても、電話で問い合わせたらまだ空席が残っているケースもある。

 また、売れ残った座席が直前になって特典航空券枠として開放されることもある。一度の検索だけで諦めずに、空席が出てないかこまめにチェックしよう。

 今回は、海外の航空会社のシステムを使って、JAL/ANAのマイルを特典航空券に交換する方法を紹介した。せっかく貯めたマイルなので、最大限有効に活用して欲しい。


 ザイ・オンラインでは、ANAやJALのマイルを効率よく貯められるおすすめクレジットカードを紹介している。興味のある人は、関連記事を参照して欲しい。
(関連記事⇒【クレジットカードおすすめ比較】マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
確定申告
桐谷さんの米国株

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/確定申告/桐谷さんの米国株入門]

◎第1特集
コロナ禍の乱世を生き延びて覇権を握る
王者が降臨!最強日本株

●2021年はどうなる?
4人の戦術アナリストがクロスレビュー!
日本株5大攻略法
●日本を変える強者たちが集結:国内活躍株
●世界に君臨する猛者株が激突:海外進出株
●小回りを利かせて戦略的に勝て:5万円株
●攻守の両輪で盤石の構え:株主優待株
●十分な定期補給で千人力:高配当株
●下剋上を虎視眈々と狙う有望株:10倍株

◎第2特集
スマホ&入力方法を丁寧に解説!
確定申告ー2021年3月提出分ー

・給与や年金などの所得や控除の入力
・ふるさと納税で自治体に寄附した人
・株や投信で儲けた人/損した人
・投信の分配金や株の配当を得た人
・FXや先物取引で儲けた人/損した人
・市販の薬代や医療費が高額な人

◎第3特集
成績トップ級のファンド運用者が集結!
スゴ腕ファンドマネージャー4人が語る2021年の儲け方
投資テーマや目の付けどころ、戦略まで

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない!宣言
すぐできるオトクワザ88

・クレカとスマホを整える
・情報はマメにチェック!
・商品券も組み合わせる!ほか


◎【別冊付録】
老後にもぴったり
桐谷さんはじめて米国株を買う
初心者向けオススメ株5も

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報