クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]

ANAマイル特典航空券をお得に発券する裏ワザを紹介
「提携航空会社特典航空券」扱いにすることで
必要マイル数が減り、ストップオーバーも可能に?

2015年11月29日公開(2017年10月31日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 ANAマイルを使って「ANA特典航空券」および「提携航空会社特典航空券」を発券する際のルールは、2015年4月12日発券分から変更になった。
(関連記事⇒ANA特典航空券のルール改正を100%活用する方法!東京⇔沖縄の特典航空券が、通常2万1000マイルからソウルを経由することで1万8000マイルとよりお得に

 そこで、ANAマイルの特典航空券の利用条件変更後、実際に筆者が発券してみて気付いたテクニックを読者の皆様にお伝えしておきたいと思う。

エアラインの選択によって、途中降機できるかどうかが変わる

 筆者は、2015年の年末に下記の通りの特典航空券を取得しようと考えた。

1)羽田 ⇒ 関空(国内線普通席)
2)関空 ⇒ 上海(国際線ビジネスクラス)
3)上海 ⇒ 成田(国際線ビジネスクラス)

 国内線を含む、上記のような特典航空券を1枚の航空券として発券できることはすでにご存じかと思うが、ここから先に知っておくべき重要なルールがある。

 筆者が上記ルートの空席を探すと、1)、3)はANA、2)はANAとエアチャイナの双方に空席があった。

 ここで2)においてANAを選択するか、エアチャイナを選択するかによって、発券される特典航空券が「ANA国際線特典航空券」となるか「提携航空会社特典航空券」となるかが異なる。つまり、適用されるルールが違ってくるのだ。

 大きなルールの違いとして、まず「途中降機」の扱いがある。

 「ANA国際線特典航空券」のルールを見ると、「日本発は、途中降機できません」とある。一方、「提携航空会社特典航空券」は、「日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能です」と記されている。

 この違いが具体的にどういうことか説明すると、上記の特典航空券の場合、2)でANAを選択すると、大阪(関空)では「乗継」しかできず、滞在時間は24時間以内に限られる。それに対しエアチャイナを選択すると、大阪での途中降機が可能となり、何日か滞在してじっくり大阪観光を楽しむことが出来るのだ。

特典航空券の発券に必要なマイル数に3000マイルの差が!

 また「ANA国際線特典航空券」には、必要マイル数において季節による変動(ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズン)があるが、「提携航空会社特典航空券」には季節による変動はない。

 それぞれの組み合わせで特典航空券の発券に必要なマイル数を見てみると、まず2)でANAを選択した場合は、筆者が希望する日程が年末のピークシーズンだったため4万3000マイルだった。

「ANA国際線特典航空券」扱いの場合の必要マイル数
拡大画像表示

 それに対しエアチャイナは、年末のピークシーズンでも関係なく必要マイル数は4万マイルだった。

「提携国際特典航空券」扱いの場合の必要マイル数
拡大画像表示

 つまり、2)の「関空⇒上海」のフライトで「エアチャイナ」を選ぶことにより、1人あたり3000マイル少ないマイル数での発券が可能となり、さらにはストップオーバーも出来ることになったのだ。

 今回はあくまでひとつの例であるが、「ANA国際線特典航空券」と「提携航空会社特典航空券」における、ストップオーバーとシーズナリティのルールの違いは、マイラーならしっかり認識しておきたいところである。

 以上、今回はANAマイルの特典航空券の利用条件変更後、実際に筆者が発券してみて気付いたテクニックを紹介した。


【関連記事】
ANAマイルを貯めている人は必見!2枚のクレジットカード+ポイントサイトを使ってANAマイルを通常の1.35倍も貯める裏ワザ大公開!

ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
マイルが貯まる!ANA VISA Suicaの詳細はこちら
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円(マイル移行手数料は年6000円)
家族カード なし
おすすめポイント  マイル移行手数料は割高だが、モバイルSuicaの年会費無料Suicaチャージでのポイント付与はメリット大
ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
確定申告
桐谷さんの米国株

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/確定申告/桐谷さんの米国株入門]

◎第1特集
コロナ禍の乱世を生き延びて覇権を握る
王者が降臨!最強日本株

●2021年はどうなる?
4人の戦術アナリストがクロスレビュー!
日本株5大攻略法
●日本を変える強者たちが集結:国内活躍株
●世界に君臨する猛者株が激突:海外進出株
●小回りを利かせて戦略的に勝て:5万円株
●攻守の両輪で盤石の構え:株主優待株
●十分な定期補給で千人力:高配当株
●下剋上を虎視眈々と狙う有望株:10倍株

◎第2特集
スマホ&入力方法を丁寧に解説!
確定申告ー2021年3月提出分ー

・給与や年金などの所得や控除の入力
・ふるさと納税で自治体に寄附した人
・株や投信で儲けた人/損した人
・投信の分配金や株の配当を得た人
・FXや先物取引で儲けた人/損した人
・市販の薬代や医療費が高額な人

◎第3特集
成績トップ級のファンド運用者が集結!
スゴ腕ファンドマネージャー4人が語る2021年の儲け方
投資テーマや目の付けどころ、戦略まで

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない!宣言
すぐできるオトクワザ88

・クレカとスマホを整える
・情報はマメにチェック!
・商品券も組み合わせる!ほか


◎【別冊付録】
老後にもぴったり
桐谷さんはじめて米国株を買う
初心者向けオススメ株5も

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報