クレジットカード活用術

「ANAカード」のコストと獲得マイルを徹底比較!
「ANA VISA Suicaカード」と「ソラチカカード」で
低コスト&高還元でANAマイルが貯まるのはどっち?

2015年10月26日公開(2022年3月29日更新)
菊地祟仁
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 今回は今年4月に一部のカードで料金体系が変更になった「ANAカード」の中で、あまり飛行機に乗らず、主にクレジットカードでANAのマイルを貯める「陸マイラー」にとって、どのクレジットカードを選べば有利なのかを紹介していきます。

 現在、「ANAカード」を発行している会社はJCB、三井住友カード、アメリカン・エキスプレス、三井住友トラストクラブ(ダイナースクラブカード)の4社となります。

 発行会社が異なっても、ANAが提供するサービスは発行会社で異なることはありません。例えば、「ANAカード」には「一般カード」「ワイドカード」「ワイドゴールドカード」「プレミアムカード」の4つのグレードがあり、「一般カード」の場合は搭乗時ボーナスマイルとして10%増量、入会・継続特典が1000マイルです。また、「ワイドゴールドカード」の場合は搭乗時ボーナスマイルとして25%、入会・継続特典が2000マイルとなります。

 これらの部分は、発行会社が三井住友カードでも、JCBでも、サービスに違いはありません。しかし、クレジットカードで貯まるポイントなどは、発行会社によって異なります。この部分で大きく獲得ポイント数や年会費が変わってきますので、「同じANAカード」でもよく検討して選ばなければなりません。

 では、陸マイラーの場合、どのクレジットカードでANAマイルを貯めるのがいいのでしょうか。

ANAカードを上手に利用するコツは、
「ポイント移行手数料」を抑えること

 まずは、年会費を抑えつつ、マイルを最大化する方法を考えるために、「一般カード」で考えてみます。

 なお、アメリカン・エキスプレスが発行する「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」だけ年会費が高額で、年間利用額によるボーナスポイントの付与もありませんので、陸マイラーとしては選択肢から外してもいいでしょう。残るのは、JCB発行の「ANAカード」か、三井住友カード発行の「ANAカード」になります。「ANAダイナースカード」は「ゴールドカード」扱いとなるため。この表には最初から入っていません。

■「ANAカード」の「一般カード」のスペックを一覧で比較!
カード名 ANA JCB
カード
ANA
To Me CARD PASMO JCB

(ソラチカカード)
ANA VISA
カード
(ANAマスター
カード)
ANA
TOP&ClubQ
PASMO
マスターカード
ANA VISA
Suicaカード
ANA
アメリカン・
エキスプレス・
カード
年会費
(税込)
本会員 2200円 7700円
家族会員 1100円 2200円
搭乗時
ボーナスマイル
10%
入会継続マイル 1000マイル
ポイント
プログラム
Oki Doki ポイント Vポイント メンバーシップ
・リワード
ポイント付与率 1000円につき1ポイント 200円につき1ポイント 100円につき
1ポイント
ポイント交換単位 1ポイント=10マイル 1ポイント=2マイル 1ポイント
=1マイル
ポイント移行
手数料
(税込)
5500円 6600円
年間利用額による
ボーナス
マイル
50万円
以上
10%アップ
100万円
以上
20%アップ 15%アップ
300万円
以上
30%アップ
ボーナスポイント
交換単位
1ポイント=3マイル 通常の
ポイントと同じ
ボーナスポイント
移行手数料
無料
上級
カード
ワイド
カード
ワイド
ゴールドカード
プレミアムカード
(VISAのみ)
搭載されている
電子マネー
楽天Edy PASMO 楽天Edy PASMO Suica 楽天Edy


 上の表の中で注目しなければいけないのは、5500~6600円もかかる「ポイント移行手数料」です。「ポイント移行手数料」とは、各発行会社のポイントをANAマイルに交換するために必要な手数料になります。

 この「ポイント移行手数料」は、「JALカード」には存在しません。そのため、「JALカード」の場合は年会費が2200円(税込)、還元率が2倍になる「ショッピングマイル・プレミアム」に加入しても3300円(税込)の追加で、合計5500円(税込)の年会費となります。

 ところが、「ANAカード」では、年会費が比較的安いJCBと三井住友カードの「ANAカード」ですら「ポイント移行手数料」を考慮した場合の年会費がJCBで7700円(税込)、三井住友カードで8800円(税込)と、一般的なゴールドカード並みの年会費となり、「JALカード」よりもかなり高額となります。

 しかし、「ポイント移行手数料」は、使い方次第で毎年必要なわけではありません。そこで、まずは「ANAカード」の年会費を押し上げる要因となっている「ポイント移行手数料」を抑える方法を紹介しましょう。

 まず、1年目、2年目は「ANAカード」で貯まったポイントをANAマイルに交換しないようにします。そして、3年目の4月1~15日までに1年目に貯めたポイントを交換します。さらに、3年目の3月23~31日までに残ったすべてのポイントを交換するようにしましょう。

 これを実践すると、「ポイント移行手数料」が必要になるのは3年目だけで、4年目、5年目は移行手数料が不要になります。6年目に3年目と同じ方法でポイントをマイルに交換することで、「ポイント移行手数料」は3年に1回だけ支払えば済むことになります。

三井住友カードは「ポイント移行手数料」は高いが、
「年会費割引特典」によって総コストは安くなる!

 さて、それではいよいよ「ANAカード」の「一般カード」をどうやって選べばいいのかを考えていきましょう。

「ANAカード」を選ぶのが難しいのは、上記の表でJCBと三井住友カードの「ANAカード」を単純比較するだけでは、本当の意味で比較することができないためです。

 というのも、「ANA VISA Suicaカード」など、三井住友カードが発行する「ANAカード」の場合、条件をクリアすれば「年会費割引特典」が受けられるからです。

 三井住友カードが発行する「ANAカード」で「年会費割引特典」が受けられる条件は、以下の2つです。

(1)『WEB明細書サービス』への登録
(2)リボ払いの「『マイ・ペイすリボ』への登録+利用

【※編集部追記】
「マイ・ペイすリボ」による年会費優遇の条件が、従来は「『マイ・ペイすリボ』に登録かつ、年1回以上の利用」でしたが、2021年2月の年会費支払い分から「『マイ・ペイすリボ』に登録かつ、年1回以上のリボ払い手数料の支払いがある」に変更されました。

 「『WEB明細書サービス』への登録」では、「一般カード」で550円(税込)、「ゴールドカード」で1100円(税込)の年会費が割引になります。また、リボ払いの「『マイ・ペイすリボ』への登録+利用」では、「一般カード」で1072円(税込)、「ゴールドカード」では3850円(税込)が割引になります(「ゴールドカード」の場合は2つを併用すれば税込4950円に割引金額がアップ)。

 この「年会費割引特典」と3年毎の「ポイント移行手数料」、さらに年間利用額が50万円、100万円、150万円、300万円に達するともらえる「ボーナスポイント」で比較すると、以下のような表になります。

■JCBと三井住友カードの「ANAカード」のコストと獲得マイル数(税込)
 発行会社 JCB 三井住友カード
 カード名 ANA JCB
カード
ANA
To Me CARD
PASMO JCB

(ソラチカカード
ANA VISA
カード
(ANAマスター
カード)
ANA
TOP&ClubQ
PASMO
マスターカード
ANA VISA
Suicaカード
年会費
(三井住友カードは
「年会費割引特典」の
2条件をクリアした場合)
本会員 2200円 1127円 826円
家族
会員
1100円 522円
3年ごとの
ポイント移行手数料
1833円 2200円
年間利用額に対する
獲得マイル数

(ボーナスマイル含む)
50万円 5150マイル
100万円 1万600マイル 1万500マイル
150万円 1万5900マイル 1万5750マイル
300万円 3万1800マイル 3万2700マイル


 JCBが発行する「ANAカード」の中で人気の「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」の場合は3年に1回のポイント交換をする場合の年会費が4033円(税込)と考えることができ、三井住友カードが発行する「ANAカード」の中で人気の「ANA VISA Suicaカード」の場合は3026円(税込)と考えられます(厳密には「ポイント移行手数料」は3年に1回支払うため、金額自体が1/3になるわけではありませんが、便宜上1/3で計算しています)。

 この状態で、年間150万円を利用すると、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」のほうが150マイル多く獲得できますが、年会費(「ポイント移行手数料」含む)は「ANA VISA Suicaカード」のほうが1007円(税込)安いのです。

 どちらの「ANAカード」が得かは、1マイルの価値を考えればわかります。獲得マイルの差が150マイル、年会費の差額が1007円(税込)ということは、「150マイルを1007円で購入する」のと同じことになり、1マイルを約6.7円で購入する計算になります。しかし通常、1マイルは1.5円程度で換算することが多いので、1マイルを約6.7円で購入するというのは割高だと考えられます。

 つまり、年間利用額が150万円の場合、獲得マイル数が150マイル少なくても、年会費(「ポイント移行手数料」含む)が1007円(税込)安い「ANA VISA Suicaカード」を選択したほうが得をすると言えるのです。

ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
マイルが貯まる!ANA VISA Suicaの詳細はこちら
発行元  ANAカード
国際ブランド  VISA
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降2200円
(マイル移行手数料は年6600円)
家族カード なし
おすすめポイント マイル移行手数料は割高だが、モバイルSuicaの年会費無料Suicaチャージでのポイント付与はメリット大
ANA VISA Suicaカード公式サイトはこちら

 

ただし、「マイ・ペイすリボ」は「リボ払い」のため
最初に手数料を支払わないように設定するのを忘れずに

 もちろん、「年会費割引特典」の「『マイ・ペイすリボ』への登録+利用」は、クレジットカード利用代金を「リボ払い」に設定することになるので、普通に使うと高額な手数料が発生します。

【※編集部追記】
「マイ・ペイすリボ」による年会費優遇の条件が、従来は「『マイ・ペイすリボ』に登録かつ、年1回以上の利用」でしたが、2021年2月の年会費支払い分から「『マイ・ペイすリボ』に登録かつ、年1回以上のリボ払い手数料の支払いがある」に変更されました。

 ただし、「『マイ・ペイすリボ』への登録+利用」をしても、手数料を回避する方法があります。つまり、「年会費割引特典」を活用しながら、実際にはリボ払いの手数料を支払わなくて済む“裏ワザ”があるのです。その方法は下記の記事で紹介していますので、詳しくはこちらを参考にしてください。
※関連記事はコチラ!⇒「Amazon MasterCard」が新登場!「Amazon」で得するのは「リーダーズカード」か、それとも「Amazon MasterCard」か!?(後編)

 簡単に説明しておくと、「マイ・ペイすリボ」では「毎月○円を支払います」と金額を設定できるので、クレジットカードの利用枠のうち、リボ払いが可能な「内リボ払い」の金額を「リボ払いの設定金額」にしておけば、「利用金額≦リボ払いの設定金額」となるので、「マイ・ペイすリボ」に登録していても、「一括払い」同様、手数料を支払う必要はありません。

「年会費割引特典」は、三井住友カードが発行する「ANAカード」以外のクレジットカードでも受けられるので、自分が持っているクレジットカードを見直してみることもおすすめします。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2022年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2022年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEX
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~5.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
2021年2月に申し込み受付が始まった「三井住友カード」の新しいクレジットカードで、券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと、還元率5%に大幅アップ(※)するので、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどを日常的に利用する人におすすめ! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
(※ 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。)
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短翌日発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&マックで最大5%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率5%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

1.875%
(※1)
4万9500円 AMEX
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
【スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
2022年2月24日に誕生した「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)」の後継カード。SPGアメックスと同じく、通常100円につき3ポイントが貯まり、「6万ポイント⇒2万5000マイル」の高い交換レート(=還元率1.875%!)でANAやJALなどの航空会社40社以上のマイルに移行可能! しかも、ポイントの有効期限は「最後にポイントが増減した日から2年間」なので“実質”無期限でマイルを貯められるのも大きなメリット。また、世界的ホテルグループ「マリオット・インターナショナル」との提携カードなので、カードを保有するだけで上級会員資格「ゴールドエリート」が手に入り、客室のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトなどの特典が利用できる。さらに、年間150万円以上を利用したうえでカードを更新すると、シェラトンやウェスティンなどの同グループのホテルに2名まで無料で1泊できる「無料宿泊特典」(※2)がもらえるほか、年間400万円以上を利用するとワンランク上の会員資格「プラチナエリート」が手に入り、最大でスイートまでの客室アップグレード、朝食無料サービスなどの豪華特典が利用可能に! 家族カード1枚は年会費が無料(2枚目以降は年会費2万4750円・税込)になり、夫婦や家族でポイントが貯めやすくなっている。
(※1 6万ポイントを一度にマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。※2 交換レートで5万ポイントまでのホテルに宿泊可能。追加で最大1万5000ポイントを支払って、6万5000ポイントまでのホテルに宿泊することも可能)
【関連記事】
「Marriott Bonvoyアメックス」のメリットを解説!「SPGアメックス」の後継の「プレミアム」なら、年400万円の利用で「プラチナエリート」資格を獲得できる!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!(Marriott Bonvoy アメックス・プレミアム編)
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~5.5% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料の高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)通常還元率は1%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のAmazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、「ポイントップ登録(無料)」をすれば「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%に
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

0.5~2.0% 初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※1)
AMEX Suica
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、QUICPay決済を利用した場合は還元率2%に大幅アップ(※2) セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニはもちろん、マツモトキヨシやツルハグループなどのドラッグストア、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店など、QUICPayを利用できる店舗ではいつでもどこでも還元率2%になるので非常にお得! 貯まるポイントは、有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのもメリット!
※1 2年目以降1100円。ただし、年一回でもクレジットカードの利用があれば次年度以降も無料。※2 2022年10月31日までの利用分が対象で、2022年11月1日以降の還元率は未定。
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(ニューカマー部門)
「セゾンパール・アメックス・カード Digital」は、QUICPayで3%還元と超お得! 最短5分で発行できる「SAISON CARD Digital」の申し込み方法も解説!
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~5.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
2021年7月1日に発行が始まった、券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと還元率5%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 SBI証券での積立投資など、一部の支払いは集計の対象外。※2 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで5%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを解説! 同じく“実質”年会費が無料の「エポスゴールドカード」と付帯サービスなどを比較して魅力を解剖!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると最大5%のPontaポイントが貯まる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム】
年150万円利用で「無料宿泊特典」+「上級会員資格」が
もらえて得する最強ホテルカード⇒関連記事はこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報