クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2017年12月23日 ポイ探ニュース

「インヴァストカード」は、年会費「実質」無料で、
利用額の1%で自動的に株(ETF)に積立投資できる!
元手0円で投資ができるので、投資初心者におすすめ!

ポイントを投資できる「インヴァストカード」

 2017年7月24日(月)に、インヴァスト証券のクレジットカード「インヴァストカード」の発行が始まった。

 「インヴァストカード」の年会費は、初年度無料で、2年目以降は1250円(税抜)だが、前年に1回でも利用があれば次年度も無料になる。

 また、「インヴァストカード」の還元率は1%で、貯まったポイントは、「1ポイント=1円」として、インヴァスト証券の資産運用サービス「マネーハッチ」に入金される。「マネーハッチ」とは、入金した資金が、世界のETF(上場投資信託)を自動売買する「トライオートETF」に投資されるサービスのこと。つまり、「インヴァストカード」を利用してポイントを貯めれば、元手0円で投資を始められるというわけだ。

 さっそく筆者も、この「インヴァストカード」に申し込んで、実際に使ってみることにした。

インヴァストカード
還元率 1.0%
「インヴァストカード」のカードフェイス
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
家族カード(税抜) あり(年会費は初年度無料、2年目以降400円。ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
「インヴァストカード」の公式サイトはこちら

「インヴァストカード」に申し込むには、
インヴァスト証券の口座開設が必要

 「インヴァストカード」は、クレジットカード単体で申し込むことはできず、まずは、インヴァスト証券の口座を開設する必要がある。

 筆者は、オンラインでインヴァスト証券の口座開設を申し込んだ。申し込みの際には、マイナンバー確認書類と本人確認書類をオンラインでアップした。午前中に申し込んだところ、その日の夜に口座開設の案内があり、取引に必要なIDとパスワードを記載した書類を発送したとのことだった。

インヴァスト証券の口座開設は2日ほどで完了!

 2日ほどで、「口座開設完了のご案内」が到着。インヴァスト証券のログインに必要なIDとパスワードが書かれていたので、さっそくログインした。

 そして、サイドメニューにある「マネーハッチ」というバナーをクリックして、「インヴァストカード」に申し込んだ。

いまなら、「インヴァストカード」に入会すると、
口座に1000円が入金されるキャンペーンを実施中!

 後日、「インヴァストカード」が到着して、「【トライオートETF】入金手続完了のお知らせ」というメールも届いた。

 2018年1月23日(火)までの期間限定で、「インヴァストカード」の開始記念として、クレジットカードの発行審査が完了すると、1000円が入金されるキャンペーンが行われている。そのため、「【トライオートETF】入金手続完了のお知らせ」というメールが届いたというわけだ。

インヴァストカード
還元率 1.0%
「インヴァストカード」のカードフェイス
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
家族カード(税抜) あり(年会費は初年度無料、2年目以降400円。ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
「インヴァストカード」の公式サイトはこちら

 「マネーハッチ」にログインすると、「次回投資分の積立金額」が1000円となっていた。この「次回投資分の積立金額」は、毎週月曜日に投資されるようだ。

 なお当初は、投資コースが、バランス重視の「世界株ETF自動売買」に設定されていた。投資コースは変更することも可能で、全8つから選択できる(2017年12月21日時点)。

 「マネーハッチ」で選択できる投資コースは下記の通り。

■「マネーハッチ」で選択できる投資コース
投資スタイル 投資コース
 リスク重視 ・高利回り社債ETF自動売買 
・高利回り社債ETF自動売買2倍
 バランス重視 ・世界株ETF自動売買
・世界株ETF自動売買1.5倍
 リターン重視 ・日経225ETF自動売買
・日経225ETF自動売買1.2倍
・S&P500ETF自動売買
・S&P500ETF自動売買1.2倍
 ※2017年12月21日時点。

毎週月曜日に、口座の資金が「トライオートETF」に投資される!

 月曜日の深夜に、「【トライオートETF】注文成立のお知らせ」というメールが届き、750円分が自動的に投資されたとの通知があった。「マネーハッチ」にログインしてみると、「次回投資分の積立金額」が250円、「総合損益」が-2円になっており、運用が開始していることを確認できた。

 また、届いたメールを見ると、商品名に「MSCIワールド」と書かれていた。つまり、投資コースの「世界株ETF自動売買」は、「iシェアーズ MSCI ACWI(MSCIワールド)」を買い付けているというわけだ。

投資状況の確認方法や保有しているETFの売却方法を解説!

 続いて、「総合利益」というボタンをクリックしたところ、現在の投資状況を確認できた。

 また、ポジションサマリーの「ACWI.ARC」をクリックすると、現在の保有状況を確認できた。

 なお、項目の右側にある「×」をクリックすると、保有しているETFを売却することも可能で、出金すると、銀行口座に入金される。

「インヴァストカード」は、子供の教育資金など、
将来に備えた資産運用を手軽に始められるのがメリット!

 では、この「インヴァストカード」は、どのような人が保有すると良いクレジットカードなのだろうか。

 まず、「インヴァストカード」で、毎月1000円(毎月10万円の利用で得られるポイント)を積立投資した場合のシミュレーション結果を見てみよう。

 例えば、2008年3月~2017年7月の期間に、毎月1000円、合計11万2000円を積立投資した場合、16万9451円のリターンになるという結果が出た。つまり、5万7451円のプラスになるというわけだ。

 もちろん、これは、あくまでもシミュレーション結果で、投資商品なので元本割れしてしまう場合もある。しかし、「インヴァストカード」は、貯めたポイントを投資できるクレジットカードなので、実質的な元手は0円。子供の教育資金を積み立てたり、新社会人が将来のために積み立てたりするには良いだろう。

 また、「インヴァストカード」は、ポイントを上手に活用できず、失効させてしまうような人にもおすすめ。「インヴァストカード」は、貯まったポイントを自動的に投資してくれるため、ポイントを無駄にする心配がないうえに、将来的に資産が増える可能性もあるからだ。

 ちなみに、2016年12月には、「セゾンカード」や「UCカード」のポイント運用サービス、2017年8月には、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるサービスが始まった。このように、他社もポイントでの投資サービスを開発していくのではないだろうか。

 以上、今回は、「インヴァストカード」の申し込み方法や利用方法などを解説した。

インヴァストカード
還元率 1.0%
「インヴァストカード」のカードフェイス
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
家族カード(税抜) あり(年会費は初年度無料、2年目以降400円。ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
「インヴァストカード」の公式サイトはこちら

■将来のために投資信託やETFを積み立てたいなら、お得な制度「つみたてNISA」を活用しよう!
つみたてNISAに向いている人、向いていない人は?「iDeCo」より「つみたてNISA」を活用すべき人と、「つみたてNISA」を絶対に使ってはいけない人とは?

つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?