クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2018年6月8日 ポイ探ニュース

映画をお得に観られるクレジットカードはコレだ!
「TOHOシネマズ」の鑑賞料が月1~3回無料になる
「ラグジュアリーカード」は、映画好きにおすすめ!

TOHOシネマズ

 「ラグジュアリーカード」は、2017年11月に「TOHOシネマズ」で映画を無料鑑賞できる特典を追加した。
(※関連記事はこちら!⇒「ラグジュアリーカード」に、無料で映画が観られる特典が追加!コンシェルジュで「TOHOシネマズ」を予約すると、毎月1~3回、映画代が無料になる!

 クレジットカードのグレードに応じて無料回数が異なり、チタンカードの場合は月1回、ブラックカードの場合は月2回、ゴールドカードの場合は月3回無料で映画を楽しむことができる

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【プラチナカード部門】
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら
ラグジュアリーカード(ブラック)
還元率 1.25%
「ラグジュアリカード(ブラック)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 10万円
家族カード(税抜) 2万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード!コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
◆「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリカード(ブラック)」の公式サイトはこちら
「ラグジュアリーカード」だけの豪華な付帯サービスを体験しよう!
「ラグジュアリーカード(ブラック)」の公式サイトはこちら!

 通常、映画館の鑑賞料は一般1800円だ。毎月、制限回数まで映画館特典を利用すれば、チタンカードなら年間2万1600円、ブラックカードなら年間4万3200円、ゴールドカードなら年間6万4800円も得する計算になる。さらに、「TOHOシネマズ」のシネマイレージ会員になれば、6回鑑賞するごとに1回分が無料になる特典もあるため、お得度がよりアップする。

■「ラグジュアリーカード」の年会費や映画館特典の利用可能回数
カード種別 無料鑑賞回数 年間で得する金額
(シネマイレージ会員の無料特典)
クレジットカードの
年会費(税抜)
ゴールドカード 月3回
(年36回)
6万4800円(+1万800円) 20万円
ブラックカード 月2回
(年24回)
4万3200円 (+7200円) 10万円
チタンカード 月1回
(年12回)
2万1600円 (+3600円) 5万円

 「ラグジュアリーカード(チタン)」の年会費は5万4000円(税込)だが、毎月1回、映画館に行くと年間2万1600円のモトが取れる。映画館特典だけで年会費の4割のモトが取れると考えれば、お得度は高い。

 今回は、実際に「ラグジュアリーカード」の特典を使って「TOHOシネマズ」の無料チケットを手に入れてみたので、その予約方法を紹介したい。

「ラグジュアリーカード」の映画館特典を使うなら、
月の初めにコンシェルジュデスクでチケットを予約しよう!

 まず、コンシェルジュデスクに問い合わせて「チケットは何日前から予約ができるのか?」と聞いてみたところ、「『TOHOシネマズ』の通常の前売り券の販売開始と同じ」と案内された。

 そこで「TOHOシネマズ」のWebサイトを見てみると、上映日の2日前から予約ができることがわかった。したがって、「ラグジュアリーカード」の映画館特典の場合も、同じく2日前から予約が可能というわけだ。

 ところが、2018年3月末にコンシェルジュデスクに電話して、映画館特典を利用したい旨を伝えたところ、「3月中の映画館特典の手配は終了しています」と言われてしまった。

 詳しく聞くと、「ラグジュアリーカード」が手配できる座席数(チケット数)は、月ごとの上限があるとのこと。筆者が問い合わせた3月分は、すでにチケット数の上限に達していたというわけだ。つまり、月末に映画館特典を利用しようとしても、チケットが余っていない場合が多いということだろう。

同伴者分のチケットも取るには、
複数回に分けてコンシェルジュデスクに電話しよう!

 3月は映画館特典を利用できなかったので、4月の上旬に、改めてコンシェルジュデスクに電話した。鑑賞する映画は「ドラえもん のび太の宝島」で、人数は大人1名+子供3名だ。

 1度の予約で1席分しか映画館特典を利用できないので、複数人で同じ回の映画を観たい場合は、一度電話を切ってから、再度コンシェルジュデスクに問い合わせて、最初に取った席の隣を指定して予約しよう。1回の電話で複数人分を予約することもできるが、この場合はオペレーションの問題で、1名分しか映画館特典が利用できず、同伴者分は有料になってしまう。

 今回は、3回に分けてコンシェルジュデスクに電話して、3名分のチケットを無料で予約できた。つまり、子供1名分の1000円だけで、4人分の席を確保できたことになる。

 子供1名分のチケットは「ラグジュアリーカード」での支払いとなるので、「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード」を伝えた。

 手続きが完了すると、「TOHOシネマズ」から購入完了のメールが送られてきた。

 このメールに「購入番号」「電話番号」「映画館」「上映日」「上映時間」「合計金額」「座席番号」「映画名称」が記載されていた。当日、チケット発券の際に必要な情報なので、メール画面を印刷するか、外出先でも確認できるメールアドレスに送ってもらうといいだろう。

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【プラチナカード部門】
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら
ラグジュアリーカード(ブラック)
還元率 1.25%
「ラグジュアリカード(ブラック)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 10万円
家族カード(税抜) 2万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード!コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
◆「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリカード(ブラック)」の公式サイトはこちら
「ラグジュアリーカード」だけの豪華な付帯サービスを体験しよう!
「ラグジュアリーカード(ブラック)」の公式サイトはこちら!

予約が完了したら、「TOHOシネマズ」の館内にある
「vit」端末で無料で映画チケットを発券しよう!

 チケットの発券は、「TOHOシネマズ」の館内にある「vit」端末で行う。

「TOHOシネマズ」の館内にある「vit」端末

 「チケット発券」をタップして、メールで送られてきた4桁の購入番号と電話番号を入力する。シネマイレージ会員の場合は、「鑑賞ポイント・マイル登録」画面から登録する。

 内容を確認して「発券する」をタップすると、機器の下からチケットが出てくるので、入場時にこのチケットを提示すればいい。

 ちなみに、チケットには「Tパスポート」と表記されていた。

「ドラえもん のび太の宝島」のチケットとおもちゃ

 「Tパスポート」は「TCチケット」の区分になり、調べてみると、これは企業向けのチケットのことのようだ。ちなみに、福利厚生プログラムの「ベネフィット・ステーション(J’sコンシェル)」などで購入した場合も「TCチケット」となる。
(※関連記事はこちら!⇒レックスカードを使って割安にレジャーを楽しもう!サンシャイン水族館や美ら海水族館を優待価格で楽しめるジャックスの「J'sコンシェル」の使い方

福利厚生プログラムの「ベネフィット・ステーション(J’sコンシェル)」

 「ラグジュアリーカード」の無料鑑賞特典は人気のようだが、月初に問い合わせれば、予約は難しくないと思われる。映画好きの人は、「ラグジュアリーカード」の申し込みを検討してみてはいかがだろうか。

 以上、今回は、「ラグジュアリーカード」に付帯する映画館特典の利用方法などを解説した。

■「ラグジュアリーカード」は、クレジットカード専門家もおすすめのプラチナカード!
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2019年版、クレジットカードのおすすめはコレだ!【プラチナカード部門】

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【プラチナカード部門】
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら
ラグジュアリーカード(ブラック)
還元率 1.25%
「ラグジュアリカード(ブラック)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 10万円
家族カード(税抜) 2万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード!コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
◆「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリカード(ブラック)」の公式サイトはこちら
「ラグジュアリーカード」だけの豪華な付帯サービスを体験しよう!
「ラグジュアリーカード(ブラック)」の公式サイトはこちら!