ネット銀行比較
2015年6月2日 ザイ・オンライン編集部

定期預金の利息にかかる20.315%の税金を0円に?
「ソニー銀行・積み立て定期預金」でコツコツ貯蓄&
裏ワザで税引き前の利息を100%手に入れよう!

 ネット銀行のサイトに載っている普通預金や定期預金の金利を見ると、必ず「税引前」といった表記がついている。普段はあまり意識をしないかもしれないが、銀行預金で発生する利息には、国税と地方税を合わせて20.315%の税金がかかっている。利息の5分の1が税金として消えてしまう計算だ。

 ところが特定の銀行で、特定の金融商品を、特定の方法で保有することで、利息にかかる税金を0円にすることが可能なことを知っているだろうか?

 その特定の銀行と金融商品はいくつかあるが、今回紹介するのはそのひとつ、「ソニー銀行」の「積み立て定期預金」だ。しかし、単純に「ソニー銀行」の「積み立て定期預金」にお金を預けても、それだけでは税金は0円にならない。ある簡単な条件をクリアする必要がある。

 今回は、「ソニー銀行」の「積み立て定期預金」で、利息にかかる税金を0円にする裏ワザを紹介しよう。

 ソニー銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月4回まで無料
5回目以降は100円
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:月1回無料
 2回目以降200円
【ソニー銀行のメリット】全国約7万5000台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間365日、何回でも手数料無料で利用可能。毎月決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
ソニー銀行の公式サイトはこちら

「積み立て定期預金」なら月1000円から積み立て可能で、
少額からコツコツと貯蓄が可能!

 まずは、「ソニー銀行」の「積み立て定期預金」について解説しよう。

ソニー銀行」の「積み立て定期預金」は、その名のとおり、毎月決まった金額を自動的に引き落とし、定期預金として積み立てていく商品だ。毎月1000円以上1000円単位と少額から積み立てられるのが魅力で、毎月定期的な積み立て以外にもボーナス時など追加で積み立てることも可能だ。
(関連記事⇒「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?

 積み立て日は、毎月2日、7日、12日、17日、22日、27日の中から都合の良い日を選択できるため、自分の給料日やライフスタイルに合わせて積み立てやすくなっている。運用期間は1年、2年、3年の3種類で、満期日に解約されなかった分はそのまま自動継続される。

「積み立て定期預金」の金利は、次のとおりだ。現在の金利では1年ものがもっとも高金利になっているので、1年もので積み立てるのが正解だ。

■「積み立て定期預金」の金利
 運用期間 金利(年率、税引前)
 1年  0.12%
 2年  0.10%
 3年  0.10%
 ※ 2015年5月1日時点における、毎月の積み立て金額が1000円以上100万円未満の場合の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかる。最新の金利は公式サイトを参照のこと。

 なお、ザイ・オンラインの「定期預金金利ランキング」を見ても分かるように、「積み立て定期預金」には、基本的に「ソニー銀行」の通常の定期預金と同じ金利が適用されている(ただし、通常の定期預金の預入金額は1万円以上)。「金利アップキャンペーン」など期間限定で定期預金の金利が上がるときも、「積み立て定期預金」の金利にはきちんと反映される。

  単純に定期預金としての金利で比較すると、auユーザーであれば1年ものが0.35%(税引前)の「じぶん銀行」や、1年ものが0.20%(税引前)、3年もの・5年ものが0.30%(税引前)の「オリックス銀行」など、もっと金利の高いネット銀行は多い。
(関連記事⇒定期預金の金利で選ぶ! おすすめネット銀行ランキング!

 しかし、毎月1000円という少額から自動引き落としで積み立てができるというのは、「これから将来を見据えて貯蓄を始めたい」という人にはおすすめの商品と言えるだろう。

 じぶん銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月3回まで無料
4回目以降は100円

※auユーザーなら月何回でも無料!
同行及び三菱UFJ銀行あて:無料
他行あて:161~257円

※auユーザーなら同行&他行問わず、月何回でも無料!
【じぶん銀行のメリット】au(KDDI)と三菱UFJ銀行が共同でつくったネット銀行。通常、セブン、ローソンなどのコンビニATMは月3回まで無料で、三菱UFJ銀行への振込も無料だが、auユーザーならATM&振込手数料が何度でも無料
じぶん銀行の公式サイトはこちら
 オリックス銀行「eダイレクト定期預金~インターネット取引専用定期預金」
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
※ATMでの入出金に未対応。入出金は振込のみ  同行あて:無料
 他行あて:月2回無料
  3回目以降400円
【オリックス銀行のメリット】3年もの、5年ものの定期預金が0.30%! 「eダイレクト2週間定期預金」なら短期間で確実に利息が得られるので、「普通預金に入れておくのはもったいないけど、1か月以上使えない定期預金だといざというときに使い勝手が悪い」という資金の運用先として最適。
オリックス銀行の公式サイトはこちら

毎月の積立金額を“ある金額”にすれば
利息にかかる税金が実質ゼロ円に!

 ここからは、いよいよ税金を0円に抑える裏ワザを解説していこう。

 その裏ワザとは、1年もので、1口の毎月積立金額を5000円にすること。仮に毎月4万円の積み立てたいのであれば、月5000円×8口という形で積み立てればいい。たったそれだけで、税金が0円になるのだ。