ソニー銀行

「ソニー銀行」の金利やATM手数料、振込手数料から
メリット・デメリットや評判まで徹底解説!


【2019年2月20日 情報更新】
 ソニー銀行は、ソニー生命やソニー損保などとともに「ソニーフィナンシャルグループ」の一員として、2001年6月に開業したネット銀行だ。各種メディアや調査会社が実施しているネット銀行の顧客満足度に関するアンケート調査では、毎年のように高い評価を得ている。そんなソニー銀行のメリットやデメリットから、金利・ATM手数料・振込手数料などの詳細スペックまで、くわしく解説していこう。

 ソニー銀行(2019年2月20日時点)
【ソニー銀行のおすすめポイント】
外貨に関わる金融商品やサービスを豊富にラインナップ!
●定番の米ドルやユーロから高金利通貨まで、外貨預金が全12通貨
●Visaデビットの海外事務手数料が0円で、クレジットカードよりお得!
●信用格付機関による「格付け(信用度)」が高い!
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.001% 0.15% 0.02% 0.02%
 ※100万円を預けた場合のの金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(ネット取引の場合・税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月4回~無制限で無料(※1)
以降は100円
同行あて:無料
他行あて:月1~11回まで無料(※2)、以降は200円
※1 優遇プログラム「Club S」のステージによって、無料出金回数は異なる。※2 優遇プログラム「Club S」のステージおよび「Sony Bank WALLET」の有無によって、無料振込回数は異なる。

【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETなら、クレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能

「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?

「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!

ソニー銀行の詳細はこちら

■優遇プログラム「Club S」について

 ソニー銀行は、口座の残高などの利用状況に応じて決まるステージによってお得な特典の対象となる優遇プログラム「Club S」というサービスを提供している。ソニー銀行のメリットをフル活用するには、ぜひ知っておきたいサービスだ。

 優遇プログラム「Club S」のステージは「ステージなし」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つに分かれており、判定条件は以下の通りだ。

■優遇プログラム「Club S」のステージ獲得条件
 ステージ 獲得条件
ステージなし なし
シルバー 以下のいずれかをクリア
・月末の総残高
※1 = 合計300万円以上
・外貨預金の積立購入額 = 月間合計額 5万円以上

・投資信託 積立プラン = 月間合計額 5万円以上
ゴールド 月末の外貨預金残高※2+月末の投資信託残高※3
= 合計500万円以上1000万円未満
プラチナ 月末の外貨預金残高※2+月末の投資信託残高※3
= 合計1000万円以上
【ランクアップ条件】
以下のいずれかを満たすと1ランクアップ、両方満たすと2ランクアップ
1)住宅ローン残高があれば、最長5年間ランクアップ
2)FXの月間取引枚数が1000枚以上でランクアップ
※1 円普通預金、円定期預金、円定期plus+ 、為替リンク預金(円スタート型)、外貨預金、投資信託の残高合計額。※2 外貨普通預金(積立購入を含む)、外貨定期預金、為替リンク預金(外貨スタート型)の残高合計額。※3 投資信託(円建て)、投資信託(外貨建て)の円換算額の残高合計額。

 判定条件がもっとも低い「シルバー」ステージでも、「月末の総残高が300万円以上」や「外貨預金の積立購入額が月5万円以上」など、それなりにハードルが高い。「ゴールド」や「プラチナ」にいたっては、ある程度の金融資産がある人でなければ条件クリアは難しいだろう。自然にステージの判定条件をクリアできる人はいいが、優遇特典のために無理して条件を達成しようとするのは現実的でないだろう。

 次に、優遇プログラム「Club S」で利用できる優遇特典を見ていこう。もっとも気になるのATM出金手数料や他行への振込手数料の無料回数は、ステージごとに以下の通りと決まっている。

■ATM出金手数料と他行への振込手数料についての特典内容
ステージなし シルバー ゴールド プラチナ
◆ATM出金手数料の無料回数(すべての提携ATM)※1
月4回 月7回 月15回 何回でも無料
◆振込手数料の無料回数(Sony Bank WALLET あり)※2
月2回 月4回 月6回 月11回
◆振込手数料の無料回数(Sony Bank WALLET なし)※2
月1回 月3回 月5回 月10回
※1 無料回数終了後は、1回100円(税抜)。※2 無料回数終了後は、1回200円(税抜)。

 ATM出金手数料は、提携ATMであればどこでも無条件で月4回までは無料だが、ステージが上がるにしたがって回数が増え、「プラチナ」になると、24時間365日、いつでもどこでも無料となる。

 一方、振込手数料が無条件で無料になるのは月1回のみ。ただし、Visaデビットカードの「Sony Bank WALLET」を持っていると、無料回数が各ステージとも1回ずつ増える。「Sony Bank WALLET」は、申込手数料も年会費も無料のうえ、申し込み時の審査もない。また、15歳以上なら未成年でも保有できる。「クレジットカードをメインで使うので、特にVisaデビットカードを使う予定はない」という人でも、ソニー銀行の口座を利用するなら「Sony Bank WALLET」をつくっておいて損はないだろう。

【※ソニー銀行の詳細解説記事はこちら!】
⇒【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能

ソニー銀行の詳細ページはこちら

 

ソニー銀行の記事一覧

Special topics pr

ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯! 「三井住友カード」の最大10,000円プレゼントキャンペーン! インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

反撃の最強株95
日本株最新予想! 
人気の株主優待株

6月号4月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

 

底値で買うチャンス!反撃の最強株95銘柄】

日本株最新予想! プロ5人が日経平均を予想
・「秋までに2万4000円も」
底値買い儲けた個人投資家の(秘)テク! 
・メリハリの効いたリスク管理が重要!
・勝率よりも、伸び率で勝負!
反撃の95銘柄! 
・データで裏付け!
攻守に強い最強株
好業績株を楽々チャートで発掘 
上方修正常連
控えめ予想株
・国内で稼ぐ不景気でも強い株
・東証1部残留に賭ける崖っぷち株
10万円以下で買える連続増配株

人気の株主優待株100
・  買っていい × 買ってはダメ を辛口診断
優待株で儲ける方法&銘柄ベスト
値上がり益に的を絞る3週間勝負! 

読者の投信や運用をズバリ! 
投信のお悩み相談室

儲けている兼業トレーダーに聞く!
・毎月1万円FXで稼ぐ方法

【別冊付録・1】
実施全1495銘柄を完全収録!
 株主優待完全カタログ

オトクで楽しい優待ライフを始めよう!
初心者も安心の3ステップをチェック! 
3大ランキングでオトクな優待株を発掘!

【別冊付録・2】
・はたらくおかねの教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報