医薬 サブカテゴリ

最新順 記事一覧

大鵬薬品:活躍している先輩が「教え上手」になれば研修の効率は上がる

大鵬薬品:活躍している先輩が「教え上手」になれば研修の効率は上がる

島村公俊
大鵬薬品では、所属支店の垣根を越え、若手の社員が憧れの社員の仕事を近くで見て学べる機会を設けている。後…
グループ学習と委員会活動が、現場でのアウトプット力を高める

グループ学習と委員会活動が、現場でのアウトプット力を高める

島村公俊
大鵬薬品工業では、人事部主導の新入社員研修が終わった後、医薬教育部での研修が行われる。医薬教育部とは、…
「病は気から」は精神論なのか、科学で証明できるのか

「病は気から」は精神論なのか、科学で証明できるのか

flier
「病は気から」と聞いても、たんなる精神論だと感じる人は少なくないだろう。しかし現実として「病は気から」…
元ヤクザの「お礼参り」も!モンスター患者と対峙した元刑事の述懐(下)

元ヤクザの「お礼参り」も!モンスター患者と対峙した元刑事の述懐(下)

木原洋美
病院内で発生する事件やトラブルのなかでも、代表的な問題がモンスターペイシェントやクレーマーの問題だろう…
日本が目指すべき国家戦略は「難病治療の最後の砦」

日本が目指すべき国家戦略は「難病治療の最後の砦」

鈴木寛
医療イノベーションは生死にかかわる変革なので、IT革命を越える大きな影響を社会に与えるでしょう。今後日…
患者に優しい日本で医療革新が起きにくい残念な理由

患者に優しい日本で医療革新が起きにくい残念な理由

鈴木寛
海外医療の先端研究と日本を比べると、日本の研究者にも世界的に負けない分野がたくさんある。しかし日本では…
武田薬品の不適切広告問題 京大調査も真相解明ならず

武田薬品の不適切広告問題 京大調査も真相解明ならず

週刊ダイヤモンド編集部
謎は謎のままだ。国内製薬最大手である武田薬品工業の高血圧症薬「ブロプレス」に関する臨床試験「CASE‐…
出ばなをくじかれた有望新薬 第一三共が進める合理化策

出ばなをくじかれた有望新薬 第一三共が進める合理化策

週刊ダイヤモンド編集部
国内製薬3位、第一三共が年明け早々、「弱り目にたたり目」の事態となっている。連結売上高の約3割を占める…
主力薬の“消失”で大ばくち 大塚4200億円買収の成算

主力薬の“消失”で大ばくち 大塚4200億円買収の成算

週刊ダイヤモンド編集部
巨額買収とは無縁だった、大塚ホールディングスが動いた。総額約4200億円で米バイオベンチャー、アバニア…
69年ぶりのデング熱国内感染 求められる熱帯病への備え

69年ぶりのデング熱国内感染 求められる熱帯病への備え

週刊ダイヤモンド編集部
「問題は、来夏以降だ」──。東京都以外でも、国内感染の拡大が明らかになったデング熱。9日、海外への渡航…
エボラ感染拡大で急浮上 富士フイルムのインフル薬

エボラ感染拡大で急浮上 富士フイルムのインフル薬

週刊ダイヤモンド編集部
エボラ出血熱の感染が広がる中、富士フイルムホールディングスの薬「ファビピラビル」が治療薬として期待され…
【第一三共】主力製品に迫る「パテントクリフ」 穴を埋める新薬で単独販売に挑戦

【第一三共】主力製品に迫る「パテントクリフ」 穴を埋める新薬で単独販売に挑戦

週刊ダイヤモンド編集部
印ランバクシー・ラボラトリーズの事実上の売却を決め、損切りを断行した第一三共。「複眼経営」にみそが付き…
武田の総会で創業家が迫った 結果を出せなければ「総退陣」

武田の総会で創業家が迫った 結果を出せなければ「総退陣」

週刊ダイヤモンド編集部
「今日の長谷川社長の話に心配事はまったくありません。順風満帆、素晴らしい将来が期待できると私は思ってい…
遠のく武田薬品の信頼回復 真相解明できぬ第三者調査

遠のく武田薬品の信頼回復 真相解明できぬ第三者調査

週刊ダイヤモンド編集部
武田薬品工業の研究不正疑惑の調査結果がまとまった。臨床試験への不適切な関与は認めたが、薬事法で禁じる誇…
塩野義製薬社長 手代木 功 5000億円企業になった後のM&Aが理想

塩野義製薬社長 手代木 功 5000億円企業になった後のM&Aが理想

週刊ダイヤモンド編集部
毎年600億円のロイヤルティー収入を生む高脂血症薬「クレストール」が2016年に特許切れを迎える塩野義…
薬代が1万円以上安くなることもある!!薬剤師に学ぶ、ジェネリックで医療費節約術

薬代が1万円以上安くなることもある!!薬剤師に学ぶ、ジェネリックで医療費節約術

早川幸子
医療費の節約に一役買ってくれるのがジェネリック医薬品だが、いまだに「安かろう、悪かろう」という間違った…
“常識”を見誤ったノバ社 名門外資系製薬会社の落日

“常識”を見誤ったノバ社 名門外資系製薬会社の落日

週刊ダイヤモンド編集部
臨床研究や論文の不正問題が相次いだノバルティス ファーマ。日本人が活躍する外資と評されてきた同社から、…
第一三共で勢い増す旧第一勢 印子会社売却の裏に社内抗争

第一三共で勢い増す旧第一勢 印子会社売却の裏に社内抗争

週刊ダイヤモンド編集部
製薬大手の第一三共は2008年に約5000億円で買収したインドのランバクシー・ラボラトリーズを実質的に…
【医薬品ヘルスケア業界】投資を考える際の3つのポイント 注目企業はアステラス、塩野義、エムスリー――メリルリンチ日本証券リサーチアナリスト 渡辺律夫

【医薬品ヘルスケア業界】投資を考える際の3つのポイント 注目企業はアステラス、塩野義、エムスリー――メリルリンチ日本証券リサーチアナリスト 渡辺律夫

渡辺律夫
高齢化が進む日本で、医療分野は成長産業であると同時に、効率化も求められている。そうした環境下、医薬品ヘ…
糖尿病から各種がんまで「頼れる最新薬」を徹底解剖 製薬業界の裏側にも迫る!

糖尿病から各種がんまで「頼れる最新薬」を徹底解剖 製薬業界の裏側にも迫る!

週刊ダイヤモンド編集部
このクスリ、はたして飲み続けていいんだろうか──。日本でも製薬業界の不祥事が次々と明るみに出るなか、不…