野地秩嘉

1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。出版社勤務、美術プロデューサーなどを経て、ノンフィクション作家に。食や美術、海外文化の評論、人物ルポルタージュなど幅広く執筆。近著に、「TOKYOオリンピック物語」「イベリコ豚を買いに」「打ち合わせの天才」「アジア古寺巡礼」「アジアで働く いまはその時だ」など。

キンミヤ焼酎にこだわる学芸大学駅そばの酒飯処は、夫婦の絶妙なコンビネーションで、実に多彩な料理を提供
汁物で〆る酒飲みなら、感涙。“ラーメンの旨い居酒屋”、金町にあり。アイデアに富んだ料理も実に楽しい

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP