クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

「d払い」の支払い方法やポイント還元率を解説!
スマホ決済サービスの「楽天ペイ」「LINE Pay」
「Origami Pay」と比較して、お得度を徹底検証!

2018年3月28日公開(2018年7月18日更新)
ポイ探ニュース
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
NTTドコモのスマホ決済サービス「d払い」

 NTTドコモは、2018年4月から、「d払い」をローソンや高島屋などに導入する予定だ。

 「d払い」とは、ドコモのスマホ決済サービスのこと。「d払い加盟店」でスマートフォン用アプリを起動して、表示されるバーコード(加盟店によってはQRコード)をスキャンしてもらうだけで、通信料金などと合算して商品代などを支払える。
(※関連記事はこちら!⇒ドコモのスマホ決済「d払い」が2018年4月に開始!決済時にポイントが貯まるうえ、dポイントカードとクレジットカードのポイントも獲得できて超お得!

 ドコモの記者会見では、「電話料金合算払いが便利」と推していたが、「便利」なのに加えて、「お得」でなければ使われないだろう。そこで今回は、「d払い」「楽天ペイ」「Origami Pay」「LINE Pay」を比較して、どのスマホ決済サービスがお得なのか検証してみよう。
(※関連記事はこちら!⇒Android Pay、Apple Pay、楽天ペイなど、スマホでクレジットカードや電子マネーが使える便利な「スマホ決済サービス」をまとめて解説!

「d払い」「楽天ペイ」「Origami Pay」「LINE Pay」の
4つのスマホ決済サービスを徹底的に比較!

 まず、それぞれのスマホ決済サービスの支払い方法や還元率をまとめたのが、下記の表だ。

■それぞれのスマホ決済サービスを比較!
  d払い  楽天ペイ  Origami Pay  LINE Pay 
非接触
タイプ
QRコード提示
or
バーコード提示 
QRコード提示
or
バーコード提示 
QRコード読み取り
or
お支払いコード 
QRコード提示
or
バーコード提示 
支払い方法 クレジットカード
(Visa、Master)
or
電話料金合算払い 
クレジットカード
(Visa、Master、
楽天カード) 
クレジットカード(Visa、Master、
セゾンカード) 
LINE Pay残高 
ポイント
利用の可否
○  ○  ─ 
貯まる
ポイント
クレジットカードのポイントとは別に、200円(税込)につき1dポイント  クレジットカードのポイントとは別に、200円(税込)につき1楽天スーパーポイント  クレジットカードの
ポイント 
─ 
割引特典 不明  ─  加盟店で3~5%程度の割引を実施  ─ 

 「お得かどうか」という観点で見ると、「LINE Pay」は脱落する。なぜなら、「LINE Pay」は、決済時にポイントを獲得できないからだ。ただし、「LINE Pay」のコード決済ではなく、「LINE Payカード」で決済すれば、決済額の2%分のLINEポイントを獲得できるので、「LINE Payカード」を保有しているなら、こちらを活用しよう。
(※関連記事はこちら!⇒「LINE Payカード」は最強の決済用カード!クレカ同様に使えてポイント還元率は驚異の2%。LINEユーザーなら審査なしで誰でも利用できる!

 また、「Origami Pay」は、割引サービスが多いのが特徴だ。加盟店によっては、3~5%ほどの割引を受けられるうえに、紐付けたクレジットカードのポイントも獲得できる。

 そして、「d払い」と「楽天ペイ」のそれぞれは、クレジットカードのポイントに加えて、0.5%分のポイントを獲得できる点が優秀だ。表を見ても、この2つのスマホ決済サービスは、仕様がほぼ同じなのがわかる。両者の違いは、「電話料金合算払いの有無」と「割引特典の有無」くらいだ。
(※関連記事はこちら!⇒ローソンで「ポイントの3重取り」ができる裏ワザ!「楽天ペイ」なら、楽天スーパーポイントに加えて、クレカやポイントカードのポイントも貯まってお得!

 なお、「d払い」の割引特典については「不明」とした。なぜなら、「d払い」の支払い方法を「電話料金合算払い」ではなく、「クレジットカード払い」に変更して、「dカード」を登録した場合、ローソンでの支払い時に3%の割引を受けられるのかどうか問い合わせたのだが、担当者もわからなかったからだ。また、「dカード特約店」の高島屋で「d払い」を利用したときに、2倍のdポイントが貯まるのかどうかも不明だった。
(※関連記事はこちら!⇒「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!

dカード
還元率 1.0%
「dカード」のカードフェイス
発行元 NTTドコモ
国際ブランド VISA、Master
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度以降も年会費無料
家族カード(税抜) あり
(年会費初年度無料、2年目以降400円。ただし、年1回でも利用すれば、次年度以降も年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
「dカード」の公式サイトはこちら

 さらに、高島屋で「タカシマヤカード」を利用すると、8%分のタカシマヤポイントを獲得できるが、「d払い」の支払いカードに「タカシマヤカード」を登録して利用したときに、8%分のタカシマヤポイントを獲得できるかどうかもわからなかった(おそらく、獲得できないと思うが……)。
(※関連記事はこちら!⇒高還元カードの代表格、百貨店系クレジットカード!還元率5~10%のカードも多い中、本当に使えるのは「ペルソナ・アメックス」と「MICARD GOLD」

 もともと「dカード特約店」や「dポイント加盟店」だった店が、「d払い加盟店」にもなったら、どのような特典を受けられるようになるのか、いまのところ不明だ。実際には、「d払い」ではなく「dカード」で直接払ったほうが得する可能性もあるだろう。このあたりは、実際に使えるようになったときにレポートしたい。

 ただし、「d払い」の開始時に、大規模なキャンペーンを実施すると思われる。そのため、不明点が多いという理由で「d払い」を敬遠せず、積極的に活用したほうがいいだろう。例えば、「楽天ペイ」の開始時も、最大10%分のポイントを獲得できるキャンペーンが実施されたため、「d払い」も、同様のキャンペーンを実施する可能性は十分にある

 新しい決済ツールが登場したときは、「どう使えば多くのポイントが貯まるか」を意識すると、お得に節約できるはずだ。

 以上、今回は、「d払い」「楽天ペイ」「Origami Pay」「LINE Pay」といったスマホ決済サービスの違いについて解説した。

dカード
還元率 1.0%
「dカード」のカードフェイス
発行元 NTTドコモ
国際ブランド VISA、Master
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度以降も年会費無料
家族カード(税抜) あり
(年会費初年度無料、2年目以降400円。ただし、年1回でも利用すれば、次年度以降も年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
「dカード」の公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
2019年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年5月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら


ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株・投信・貯蓄で実現
人生で必要な
1億円の作り方

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人生で必要な1億円の作り方

●貯金テク 株・投信のしくみ。
勝ち組のワザを解説! 
・貯蓄? 投資?
人生で必要なお金の仕分け
最高6億円も! 株でお金を作った6人のワザ
投資信託お金を作った6人のワザ 
節税効果でより増える! iDeCoやNISAを使いこなせ

●気軽に投資できて儲
けやすい5万円株54銘柄
ライザップ、ZOZO、レオパレスは売りか買いか?
桐谷さん厳選!
オトク度が高い優待株9銘柄
・減配リスクが小さくて
安心な高配当株18銘柄
・短期で大化けもあり
値上がりを狙う株27銘柄

●ザイ独自の1万人アンケートを実施! 

億を作った勝ち組563人の必勝法!
勝ち組/負け組ってどんな人?
勝ち組の資産、運用法、投資先、生活習慣など大解剖!

別冊付録・1
266社のおみやげリスト付き! 
株主総会ガイド! 2019年版
・総会みやげセレクト10
・総会でわかる 良い株・悪い株
・今年の総会の見どころは

別冊付録・2
・リスクにビビるな! おかねをまもる教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報