クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

クレジットカード“不正利用”事件の調査結果を報告!
警察は犯人を逮捕できたのか、本当の被害者は誰なの
かなど、カードの「不正利用」事件の一部始終を解説クレジットカード専門家・菊地崇仁の「カードの不正利用」体験記(3)

2019年5月8日公開(2019年4月22日更新)
ポイ探ニュース
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
クレジットカード「不正利用」事件の顛末

クレジットカード「不正利用」事件の顛末を
時系列順にまとめてみると……

 2019年12月末に筆者の保有する「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」が不正利用されたが、被害に気がついてから10日ほどでカード会社に被害額を全額補償してもらい、金銭的には解決した。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードの専門家が「カードの不正利用」の被害に遭遇! 悪用された金額の調査方法や、カード会社に被害を補償してもらう方法をわかりやすく解説 
「クレジットカードの不正利用」の犯人を警察は逮捕できない!? カード所有者は被害届を出せない、不正利用の犯人特定は99%不可能など、衝撃の事実が発覚 

 今回の不正利用の件を時系列で書くと、下記の通り。

• 2019年01月27日 12月末に不正利用されたことに気がつき、アメックスに電話
• 2019年01月28日 Yahoo! JAPANにID調査依頼
• 2019年02月01日 警察に行く
• 2019年02月04日 アメックスによる利用金額調整

 一般的なクレジットカードの規約には、不正利用に対する補償期間が60日間と書いてある。しかし、加盟店やカード会社、警察などへの問い合わせが長引いて60日を過ぎてしまい、補償対象外になったという話も聞いたことがある。今回の「アメリカン・エキスプレス」のスピーディーな対応をみると、その点では安心して利用できるカード会社だと感じた。
【※関連記事はこちら!】
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
還元率 0.33~1.5%
(※年3000円(税抜)の「メンバーシップ・リワード・プラス」加入、ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 2万9000円※初年度無料キャンペーン実施中
家族カード(税抜) あり(1人は年会費無料。2人目から年会費1万2000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の公式サイトはこちら

 金銭的には解決したが、クレジットカードの不正利用があったサービスを提供している「Yahoo! JAPAN」、不正利用されたクレジットカードの発行会社である「アメリカン・エキスプレス」、そして「警察」の三者それぞれに問い合わせて、ようやく今回の不正利用の全容がわかってきたので紹介したい。

クレジットカードの不正利用の最終的な被害者は、
加盟店である「Yahoo! JAPAN」になる

 今回の不正利用について図で説明すると、以下のようになる。

 クレジットカード利用者が図の(5)で、身に覚えのない支払履歴を見つけた場合は、最初に損害を被るのはカード利用者となる。理由は、この時点で金銭的被害を受けているのはカード利用者だからだ。おそらく、ここでカード会社などに連絡せずに警察へ行けば、被害届を出せるのではないだろうか。

 続いて、筆者(カード利用者)がカード会社に不正利用があったことを伝えたところ、該当のクレジットカード番号を変更することになった。さらに、問い合わせから60日以内の不正利用ならば、下の図の(7)のように、原則的にカード会社は利用料金を調整、つまり、不正利用分を補償してくれる。

 今回、筆者は6000円ほど不正利用されたが、後日、全額がカード会社から補償された。実際に、翌月の利用明細を見たところ、不正利用分が調整されていることが確認できた。

 この時点で“被害者”は、カード利用者からクレジットカード会社に移る。つまり、カード利用者は不正利用分の補償を受けたので被害者ではなくなり、不正利用分を補償したカード会社が被害者になるわけだ。

 筆者が交番に行って「被害届を出せますか」と聞いたときに、「この場合はカード会社が被害者なので、カード利用者からは被害届を出せません。カード会社から被害届を出してもらう必要があります」と言われたのは、すでに筆者がカード会社に連絡済みだったからなのかもしれない(警察はそこまで考えて発言していないと思うが……)。

 しかし、クレジットカードの利用規約には「不正利用の被害に遭った場合は、警察署に連絡してから、被害届の番号を伝える」と書いてあった。このことをカード会社に連絡すると「カード会社から被害届を出すことはありません」と言われた。

 つまり、カード会社は「カード利用者が警察に被害届を出す」と言っており、警察は「カード利用者は被害者ではないので、カード会社が被害届を出す」と言っているわけだ。回答に矛盾が生じているので、これまでの経緯をカード会社の担当者に説明して、カード会社のスタンスを再度確認してもらうことにした。

 そして、数日後に「カード会社は被害者ではありません。今回の場合の被害者は加盟店であるYahoo! JAPANとなります。したがって、カード会社が被害届を出すことはありません」という回答をもらった。

 2月4日に金額調整が行われたので、一時的にカード会社が不正利用分を補填したことになるが、不正利用された金額(明細)は加盟店に差し戻される。つまり、最終的に被害額を補填するのは加盟店となるので、カード会社はその時点で被害者ではなくなるのだ。

 要約すると、クレジットカードの不正利用に関する最終的な被害者は「加盟店(Yahoo! JAPAN)」になるので、被害届を出せるのも「加盟店(Yahoo! JAPAN)」になるというわけだ。

 では、Yahoo! JAPANは不正利用されたら被害届を出すのだろうか。こちらもカード会社と警察への調査依頼と並行して確認していたのだが、「Yahoo! JAPANから警察への被害届を出すことはありません」との回答があった。

 これは今回の筆者のケースだけではなく、不正利用があった際のYahoo! JAPANとしての対応を聞いたので、常に被害届は出さない方針と思われる。

 正直、被害額が6000円ほどと少額なので、被害届を出しても割に合わないと考えているのかもしれないが、クレジットカードを不正利用した犯人だけが得をしていることには変わりない。

 今回、犯罪者だけが得するのは納得できないので警察署に行ってみたのだが、結局、被害届は出せなかった。そのため、警察にはただ調査を依頼しているに過ぎない状況となっている。この調査依頼については、受付の控えをもらったわけでもなく、いつまでに連絡が来るというものでもない。あくまでも、時間があるときに調査する程度なのだ。

 警察署で「調査する」と伝えられてあっさり引き下がったが、よく考えると個人情報の壁があるのに本腰を入れて調査するか疑問だ。「CCCがTカードの情報を令状なしに提供した」というニュースがあったときに、筆者もこの件についてテレビや雑誌などの取材を受けたが、今回の件は、まさにこの“個人情報の壁”に阻まれそうだ。

 というもの、今回は筆者から被害届を出せない。そして、被害者であるYahoo! JAPANも被害届は出さない方針だ。となると、警察が該当するアカウントの情報開示をYahoo! JAPANに求めたとしても、Yahoo! JAPANがIPアドレスや氏名などの個人情報を提供するとは思えない。

 今回のケースも犯人を特定しようとしたら、「Tカード」の情報開示でも使われた「捜査関係事項照会書」でYahoo! JAPANに問い合わせることになるのではないか。だとすると、「Tカード」の一件で「令状なしに個人情報を提供するなんてけしからん」と話題になってしまった今、Yahoo! JAPANが捜査協力をしないことも大いに考えられる。

 たしかに、個人情報の保護も重要だが、犯人が野放しにされるほうが問題ではないかと個人的には思うのだが……。

警察も「不正利用」の犯人を特定することができず、
結局、事件は未解決のまま捜査終了……

 そして、後日、警察から「犯人の特定は難しい」という連絡が入った。Yahoo! JAPANへの照会はできたようだが、照会結果が複数のIPアドレスや人物に繋がり、これ以上調べても犯人を特定できないという。

 そもそも、筆者は本来であれば地元の警察に届け出るところ、管轄が違う渋谷警察署に行ってしまったので、これ以上の調査をするには地元の警察署に引き継ぐことになるそうだ。しかし、地元の警察署で調査しても結果は同じだと思われるので、これで調査終了ということになった。

 結局、最初に「ネットの金融犯罪の犯人は99%捕まらない」と言われたとおりの結果になってしまった。

 とはいえ、今回は自分のクレジットカードが不正利用されたことで、いろいろと確認ができていい経験になった。筆者の場合は、クレジットカードの専門家として仕事をしているので“いい経験”と割り切れるが、一般利用者だったら「クレジットカードは怖い」と思ってしまうだろう。

 しかし、クレジットカードを不正利用されても、被害の補償には60日間の猶予があるので、日頃から利用明細を確認する習慣さえ身につけておけば、現金よりも安全なツールと言える。カード会社のアプリやWeb明細を活用して、早めに不正利用の被害を見つけられる環境にしておくべきだろう。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードやポイントの不正利用から身を守る最強の防御法は、利用明細をこまめに確認すること!Web明細の確認アプリは、必ずインストールしよう!
「Web明細サービス」に変更するとポイントが貯まるお得なクレジットカードを紹介! 還元率が2倍になるカードや、年会費以上のポイントが貯まるカードも!

 以上、今回は、クレジットカードの不正利用の調査結果と、その被害者について解説した。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
還元率 0.33~1.5%
(※年3000円(税抜)の「メンバーシップ・リワード・プラス」加入、ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 2万9000円※初年度無料キャンペーン実施中
家族カード(税抜) あり(1人は年会費無料。2人目から年会費1万2000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
2019年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年5月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら


「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株・投信・貯蓄で実現
人生で必要な
1億円の作り方

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人生で必要な1億円の作り方

●貯金テク 株・投信のしくみ。
勝ち組のワザを解説! 
・貯蓄? 投資?
人生で必要なお金の仕分け
最高6億円も! 株でお金を作った6人のワザ
投資信託お金を作った6人のワザ 
節税効果でより増える! iDeCoやNISAを使いこなせ

●気軽に投資できて儲
けやすい5万円株54銘柄
ライザップ、ZOZO、レオパレスは売りか買いか?
桐谷さん厳選!
オトク度が高い優待株9銘柄
・減配リスクが小さくて
安心な高配当株18銘柄
・短期で大化けもあり
値上がりを狙う株27銘柄

●ザイ独自の1万人アンケートを実施! 

億を作った勝ち組563人の必勝法!
勝ち組/負け組ってどんな人?
勝ち組の資産、運用法、投資先、生活習慣など大解剖!

別冊付録・1
266社のおみやげリスト付き! 
株主総会ガイド! 2019年版
・総会みやげセレクト10
・総会でわかる 良い株・悪い株
・今年の総会の見どころは

別冊付録・2
・リスクにビビるな! おかねをまもる教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報