クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]

「不正ログイン」でクレジットカードやポイントを
利用された被害者の体験をもとに犯人の手口を解説!
カードやポイントの不正利用を防ぐ対策とは?

2016年8月30日公開(2022年3月29日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
クレジットカードやポイントの不正利用を防ぐ対策を伝授

 先日、NHKのテレビ番組「あさイチ」に出演し、クレジットカードの不正利用について話をした。番組の中で、クレジットカードを不正利用された被害者が被害状況を話していたが、従来の不正利用の手口とは異なるものだった。

 被害者はカメラが趣味で、日頃からネットショッピングでカメラ関係の商品を購入していた。ある日、たまたま明細を確認すると、見に覚えのない数千円のカメラ関連の商品に目が止まった。クレジットカード会社に連絡したが、自分が購入していないという証明に時間がかかって、補償期間である60日が過ぎてしまい、泣き寝入りになってしまったという内容だ。

 最近は、ネットショッピングやネットオークションの運営会社、クレジットカード会社の監視システムの性能が良くなり、多くの被害を未然に防いでいる。

 しかし、従来は、高額商品を一気に購入するという不正利用が多かったが、被害者が購入しそうな商品を定期的に購入し続け、監視の目をくぐり抜けるケースが増えてきているという。

ポイントの不正利用も、監視の目をくぐり抜ける手口が増えているように思える。先日、筆者にポイントの不正利用についての情報が届いたので、その手口について詳しく紹介したい(画面のキャプチャは被害者に提供していただいた)。

Tポイントが1万ポイント以上も減っていることに気づく

 被害者のAさんは、ポイ探にあるポイント管理機能の「ポイント自動管理」を利用している。その「ポイント自動管理」を更新したところ、数万ポイントあったTポイントが、突然、数百ポイントに減っていることに気がついた。

 そこで、Aさんは、「Tサイト」にログインし、Tポイントの履歴を確認した。

「Tサイト」にログインし、Tポイントの履歴を確認
2016年7月11日に、1万3062ポイント使われていることが判明
拡大画像表示

 すると、2016年7月11日(月)に「ヤフー・かんたん決済 *」で、1万3062ポイントを使われていることが判明した。

足がつきにくいゲームのダウンロードで、Tポイントを使用

 Aさんはメールを確認したが、「Yahoo! ショッピング」や「ヤフオク!」からのメールはなかった。通常は、購入に関するメールがあるはずだが、確認しても、そのようなメールは存在しなかったようだ。そのメールも、不正利用した犯人に削除されたのだろうか。

 Tポイントを何に使われたのかわからないので、「Yahoo! ポイント通帳」を確認。ポイント通帳の「内容」にあったリンクからアクセスすると、「ヤフオク!」で落札した「[3DS] 暗殺教室 殺せんせー大包囲網!!(ダウンロード版)」の代金が、2016年7月11日(月)に支払済みとなっていた。

 足がつきにくいゲームのダウンロードに、ポイントが使われていたのである。

Tポイントをゲームのダウンロードに使われていたゲームのダウンロードにTポイントを使われていた
拡大画像表示

 ちなみに、出品者にも連絡したようだが、「コードはすでに使われました」との返信しか来なかったそうだ。現時点では、出品者のアカウントは停止中となっており、そのアカウントの評価も2016年7月9日(土)からしか付いていないため、ポイントの不正利用に使うためのアカウントだった可能性がある。

2件の不正ログイン履歴を発見

 被害にあった後に、ログイン履歴を確認したところ、見に覚えのないログイン履歴を2件見つけた。2016年7月3日(日) 15時2分32秒の「戦国IXA(センゴクイクサ)(外部)」と、2016年7月11日(月) 12時30分47秒の「ショッピング」だ。

見に覚えのないログイン履歴を2件見つけた見に覚えのないログイン履歴が2件あった
拡大画像表示

 2016年7月11日(月)は、「Tサイト」や「ヤフオク!」を利用している日付と同じなので、この日のアクセスでポイントが使われたということになる。

 さらに、日付を遡ると、2016年7月3日(日)にも、見に覚えのないアクセスがあった。つまり、犯人は、最初のログインから8日後にポイントを不正利用しており、ログインに成功したときにポイントを使用したわけではない。

 自作自演のような出品者アカウントである点、ログイン直後の利用ではないという点から、ポイント不正利用の準備をしていたことが予想される。

被害者が少ないため、不正利用が発覚しにくい

 従来のポイント不正利用の手口は、他のWebサイトから流出したIDとパスワードの組み合わせを順番に試す「リスト型攻撃」が多かった。「リスト型攻撃」を連休中に仕掛け、ログインに成功すると、ポイントを「Amazonギフト券」や「iTunesギフトコード」に交換するものだ。連休が終わると、大量の被害者が発生していることが発覚し、企業は、すぐにポイントの不正利用に気がつく。

 ポイントの不正利用に気がついた企業は、ポイントシステムを停止し、被害状況を詳しく調べ、利用者にポイントを補填し、警察に被害届を出す。そして、不正利用対策を行い、システムを再稼働する、というのが一般的だ。

 しかし、今回のケースは、大規模にポイント不正利用が発生したわけではない。さらに、不正ログインに成功してから、8日間もポイントを使っていない。冒頭で紹介したクレジットカードの不正利用の被害と同様に、監視の目をくぐり抜けるために、ログインに成功した直後にポイントを使わなかった可能性もある。

クレジットカードとは違い、ポイントには補償がない

 Aさんは、警視庁サイバー犯罪相談窓口にも電話したが、「この場合の被害者は、勝手にアドレスを使われたYahoo!になる」とのことで、被害届を出すこともできなかった。

 また、クレジットカードと違い、ポイントの補償については、規約に書かれていない。先ほど、「企業は利用者にポイントを補填」と書いたが、一般的には補填する義務はないのだ。大規模な被害があり、メディアにも大きく取り上げられた場合は、世間体を考えて補填される可能性がある。しかし、今回のように、メディアで大きく紹介されないような被害の場合は、ポイントの補填は行われないだろう。

 もともと、ポイントは利用者の所有物ではなく、ポイント発行企業のものだ。また、ポイントを保護する法律もない。第三の通貨とも言われるポイントだが、実は非常に脆弱な通貨であることを覚えておいて欲しい。

ポイントの不正利用を防ぐ方法を解説!

 では、ポイントを不正利用されないようにする対策を3つ紹介しよう。

 1つ目は、大量のポイントを貯めこまずに、こまめに使い切ることだ。

 筆者は、不正ログインは防ぎようがないと考えている。しかし、不正ログインされたとしても、ポイントがなければ使われることはない。
(関連記事⇒クレジットカードで貯めたポイントやマイルは長期間貯め込まずに、積極的に使うのが正解!貯まったポイントをすぐに使うべき5つの理由とは?

 また、先日の「あさイチ」でも紹介したように、ショッピングサイトにクレジットカードを登録しないのもおすすめだ。クレジットカードを登録している場合は、ログインが成功しただけで、商品を購入できてしまうからだ。ポイントの不正利用であれば、保有ポイント以上の被害はないが、クレジットカードの不正利用の場合は、高額被害もあり得る。

 2つ目は、ログインアラートを活用することだ。

 Webサイトによっては、ログイン時にアラートメールを送る機能が用意されている。Yahoo! JAPANの場合は、ログインアラートを設定することができ、「ログイン時は常に通知」にチェックしておくと、「ログイン日時」や「IPアドレス」などがメールで通知される。アラートメール機能を利用していれば、今回のケースの場合、2016年7月3日(日)時点で気がつく可能性もあった。

 3つ目は、IDとパスワードをWebサイトごとに違うものにすることだ。

 「あさイチ」でも紹介したが、例えば、Test123という固定パスワードを作成し、それにWebサイト名を付けるなどすると良い。つまり、「Test123+site」というようなパスワードだ。

 不正アクセスの手口は、「総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)」か「リスト型攻撃」が一般的だ。

 「総当たり攻撃」とは、辞書に掲載されている単語や数字の組み合わせを手当たり次第に確認する方法のこと。最近では、同じIPアドレスからの大量アクセスを検知するような仕組みも用意されているため、「総当たり攻撃」よりも成功確率の高い「リスト型攻撃」が使われる場合が多いだろう。

 「リスト型攻撃」とは、他のWebサイトで漏洩したメールアドレスとパスワードで機械的にログインを試み、失敗したら次のメールアドレスとパスワードでログインを試みる方法のこと。そのため、前述のように、固定パスワードにWebサイト名などをプラスするだけでも、ある程度は防御できるというわけだ。

 どんなにIDとパスワードをWebサイトごとに変えたとしても、世界中のクラッカーは、それに対応するようなプログラムを作っていくだろう。そのため、IDとパスワードでのログインの場合、どうやっても不正ログイン被害を防ぎきることはできない。つまり、前述の「大量のポイントを貯めこまずに、こまめに使い切る」「ショッピングサイトにクレジットカードを登録しない」というのが最強の防御方法となる。

 以上、今回は、ポイントの不正利用の対策について解説した。この時代、「不正ログインは当たり前」と考え、不正にログインされても、ポイントやクレジットカードを利用されないような対策を考えながら使っていくべきだろう。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2022年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2022年10月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEX
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~5.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
2021年2月に申し込み受付が始まった「三井住友カード」の新しいクレジットカードで、券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと、還元率5%に大幅アップ(※)するので、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどを日常的に利用する人におすすめ! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
(※ 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。)
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短翌日発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&マックで最大5%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率5%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

1.875%
(※1)
4万9500円 AMEX
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
【スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
2022年2月24日に誕生した「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)」の後継カード。SPGアメックスと同じく、通常100円につき3ポイントが貯まり、「6万ポイント⇒2万5000マイル」の高い交換レート(=還元率1.875%!)でANAやJALなどの航空会社40社以上のマイルに移行可能! しかも、ポイントの有効期限は「最後にポイントが増減した日から2年間」なので“実質”無期限でマイルを貯められるのも大きなメリット。また、世界的ホテルグループ「マリオット・インターナショナル」との提携カードなので、カードを保有するだけで上級会員資格「ゴールドエリート」が手に入り、客室のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトなどの特典が利用できる。さらに、年間150万円以上を利用したうえでカードを更新すると、シェラトンやウェスティンなどの同グループのホテルに2名まで無料で1泊できる「無料宿泊特典」(※2)がもらえるほか、年間400万円以上を利用するとワンランク上の会員資格「プラチナエリート」が手に入り、最大でスイートまでの客室アップグレード、朝食無料サービスなどの豪華特典が利用可能に! 家族カード1枚は年会費が無料(2枚目以降は年会費2万4750円・税込)になり、夫婦や家族でポイントが貯めやすくなっている。
(※1 6万ポイントを一度にマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。※2 交換レートで5万ポイントまでのホテルに宿泊可能。追加で最大1万5000ポイントを支払って、6万5000ポイントまでのホテルに宿泊することも可能)
【関連記事】
「Marriott Bonvoyアメックス」のメリットを解説!「SPGアメックス」の後継の「プレミアム」なら、年400万円の利用で「プラチナエリート」資格を獲得できる!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!(Marriott Bonvoy アメックス・プレミアム編)
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~5.5% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料の高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)通常還元率は1%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のAmazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、「ポイントップ登録(無料)」をすれば「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%に
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

0.5~2.0% 初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※1)
AMEX Suica
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、QUICPay決済を利用した場合は還元率2%に大幅アップ(※2)セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニはもちろん、マツモトキヨシやツルハグループなどのドラッグストア、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店など、QUICPayを利用できる店舗ではいつでもどこでも還元率2%になるので非常にお得! 貯まるポイントは、有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのもメリット!
※1 2年目以降1100円。ただし、年一回でもクレジットカードの利用があれば次年度以降も無料。※2 2022年10月31日までの利用分が対象で、2022年11月1日以降の還元率は未定。
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(ニューカマー部門)
「セゾンパール・アメックス・カード Digital」は、QUICPayで3%還元と超お得! 最短5分で発行できる「SAISON CARD Digital」の申し込み方法も解説!
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~5.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
2021年7月1日に発行が始まった、券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと還元率5%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 SBI証券での積立投資など、一部の支払いは集計の対象外。※2 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで5%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを解説! 同じく“実質”年会費が無料の「エポスゴールドカード」と付帯サービスなどを比較して魅力を解剖!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると最大5%のPontaポイントが貯まる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム】
年150万円利用で「無料宿泊特典」+「上級会員資格」が
もらえて得する最強ホテルカード⇒関連記事はこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報