ネット銀行比較
2012年7月13日公開(2018年4月2日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

メガバンクに最低10万円預けなさい!
金利換算で5%以上お得になる場合も

 現在、銀行に10万円を1年間預けると(定期預金)、利息はいくらになるかご存知だろうか?

(A)20円
(B)300円
(C)1000円

 一般的なメガバンク(みずほ、三菱UFJ銀行、三井住友)の場合、1年間の定期預金金利は0.025%(7/9現在)なので、正解は(A)の20円(税引き後)である。

 普通預金の金利も0.02%なので、税引き後の利息は16円。定期預金とそれほど変わらない。仮に定期預金を10年預けたとしても利息は200円にしかならない。この利率では資産を増やすことは無理だ。

 地方銀行ではメガバンクの20倍の利息が付く定期預金もあるが(参照:「メガバンクに定期預金を預けるな! 20倍以上の金利が付く銀行もたくさんあった!」)、メガバンクを上手に使う方法はないのだろうか?

 そこでザイ・オンラインのおススメが「メガバンクの普通預金に10万円を預けておくこと」だ。

 「少ない利息の普通預金に預けるメリットはないでしょ?」と思うかもしれないが、普通預金に10万円以上入っているだけで「顧客」としての扱いはグンとアップし、様々な「優遇」が得られ、1年間に数千円お得になる可能性がある。金利に換算すれば5%以上の計算となる。

最低でも10万円。金額が多くなればおトク度が増していく!

 なぜ「普通預金に10万円」なのか? 次の表を見てもらいたい。

 上の表はみずほ銀行の普通預金の残高(月末時)に応じたサービスを示したもの。普通預金口座を作った後、みずほマイレージクラブに入会し(入会は無料)、月末に一定額(10万円以上、50万円以上)の残高があれば翌々月のATM使用料と振込手数料が安くなるか、もしくは無料になる(その他の取引条件でも可:後述)。

 ほとんどの方は現金を引き出す際にコンビニストアのATMか、銀行のATMを使うだろう。その際の手数料は金額と時間帯にもよるが、1回あたり105円もしくは210円かかる。

 仮に毎月4回コンビニで引き出しをした場合、1年間に48回×105円=5040円かかる。金利にすると5%(!)に相当する。定期預金の金利が0.025%の時代に、これは由々しき事態といわねばならない。

コンビニATMは全国に3万8000台。24時間無料の場合も

 手数料も安くなるが、コンビニのATMが使えるのは大変なメリットとなる。

 メガバンクの現金引き出しで使えるコンビニのATMで代表的なものは、セブン銀行、E-net(イーネット)、ローソンの3つ。

 全国にセブン銀行のATMは1万6895台(7/12時点)、ローソンのATMは9357台(7/10時点)、イーネットのATMは1万1799台(6/30時点)設置されている。日本全国津々浦々、コンビニのあるところでは手数料無料で元金を引き出せるので旅行の際も便利だ。

 ちなみにイーネットはファミリーマート、ミニストップ、セーブオン、ポプラ、デイリーヤマザキ、セイコーマートなどに設置されている。

 また、コンビニATMはほぼ24時間稼働している。深夜にちょっと手持ちがなくなっても手数料無料で下ろせるのだ。

振込手数料も安くなる

 メガバンクの優遇はATMの使用料だけではない。振込手数料も安くなる。

 みずほ銀行を例に取ると、月末に10万円以上残高があれば自行宛(みずほ銀行の他支店への振込)が金額の多寡にかかわらず無料となる。他行(他の金融機関)でも105円安くなる。

 いまはネット通販などで商品を購入することも少なくない。振込手数料が無料もしくは安くなれば、これまた1年間で1000円単位の削減が可能となる。

残高が10万円なくても優遇が受けられるケースも

 メガバンクの優遇サービスの場合、普通預金の月末時点の残高が基本条件となっているが、その他の条件でも優遇サービスが受けられる

 みずほ銀行の場合、普通預金のみならず定期預金や外貨預金も対象となり、住宅ローンかマイレージクラブカード(クレジットカード)を使用していても、同じ優遇サービスが適用される。三菱UFJ銀行銀行と三井住友銀行については次ページ以降で解説する。

 いずれにせよ、メガバンクで10万円預けても1年間で利息は20円しか付かないことは前述したとおり。それなら10万円を普通預金に入れておいたほうが手数料やその他の優遇で、1年間だけでも数千円のお得になる。

 ただ、普通預金に入れておくといつでも引き出せてしまうのが難点(定期預金なら解約しない限り一定期間は引き出せない)。「普通預金の10万円は使えないお金!」と決めておくべきだろう。

定期預金の金利も優遇される三菱UFJ銀行銀行

 次に三菱UFJ銀行銀行の優遇システムをみていこう。

 まず、優遇を受けるには「メインバンクプラス」に申込む必要がある。すでに普通預金口座を持っている場合はスーパー普通預金に変更し、三菱UFJダイレクトに申込む(店頭、郵送、インターネットなど)とメインバンクプラスとなる。

 コースは3つあり、運用資産残高によって10万円以上(ホワイト)、50万円以上(シルバー)、500万円以上(プラチナ)となっており、それぞれ優遇内容が異なっている。内容については下表を参照してほしい。

 なお、判定の対象は普通預金の残高だけでなく、同一名義の円預金、外貨預金、投信なども合算され、月末時点の残高が基準に達していれば翌月20日から翌々月の19日まで適用される。

 みずほ銀行と異なるのは優遇の対象となる範囲。ATM利用料と振込手数料以外にも定期預金金利や為替手数料、投信申込手数料なども優遇される。キャンペーン時によって内容が変わるので詳しくはHPで確認をしてほしい。

優遇の対象残高は30万円以上の三井住友銀行

 もうひとつのメガバンク、三井住友銀行「SMBCポイントパック」という優遇システムがある。

 通常の普通預金の口座を「SMBCポイントパック契約口座」とし、ある一定以上の条件を満たすと各種優遇サービスが適用されるが、他の2つの銀行と大きく異なるのが残高が30万円以上であること。定期預金や外貨預金なども残高の対象となり、残高が30万円未満でもWeb通帳契約や給与・年金の受取りをしていれば優遇サービスが受けられる。

 また、取引に応じてポイントが貯まる形式になっており、ポイントの多寡によって優遇の幅が変わってくるのも大きな特徴。詳しくは下表もしくはHPで確認をしてほしい。

手数料を少しでも軽減するために必要なこと

 これまでメガバンク3行の優遇サービスについてみてきた。

 ATM利用料と振込手数料が安くなる、もしくは無料になるだけで、金利数%分がおトクになることがおわかりいただけただろうか?

 現在、メガバンクを使用しているなら、
(1)自分が現在使っている銀行にどのような優遇サービスがあるか?
(2)自分が優遇サービスを使うと1年間でどれぐらいお得か?
(3)優遇サービスを使うために足りない条件はなにか?

 の順番でチェックし、実行に移すとよいだろう。

 それほど手間をかけずに効果が大きいメガバンクの優遇サービス。すぐにチェックと試算をしてみることをおススメする。

(取材協力・データ提供/ストックリサーチ 大和田智美)

ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら!  カードローンおすすめ比較 住宅ローンおすすめ比較
 【2019年1月15日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(「イオン銀行Myステージ」の
「シルバーステージ」の場合)
0.02% 0.02% 0.02%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になれば、普通預金金利が定期預金並みの0.10%に! しかも、「シルバーステージ」になるには、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、「イオン銀行」のインターネットバンキングに登録、「イオンカードセレクト」のクレジット機能またはWAON機能で月に1回以上決済といった、簡単かつノーリスクな条件をクリアするだけ。「シルバーステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料は月2回まで、他行あて振込手数料も月1回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.20%
(「冬の特別金利キャンペーン」
適用時)
0.03% 0.03%
【じぶん銀行おすすめポイント】
KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資してできたネット銀行。コンビニATMからの出金手数料が最大月11回まで無料のうえ、三菱UFJ銀行への振込み手数料が何回でも無料なので、三菱UFJ銀行を使っている人にもおすすめ! また、スマホ取引の使い勝手にも注力している。
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱UFJ銀行の共同出資でできたネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月15回まで無料に!
じぶん銀行の口座開設はこちら!
 ◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.13% 0.03% 0.04%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
「普通預金金利が5倍になることも! 低コスト&多彩なメニューのネット銀行とは? 
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.20%
(「特別金利キャンペーン」
適用時)
0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
 ◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%
(「100万円上限定期預金
<ミリオくん>」の場合)
0.20% 0.25%
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
 ◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.03%(※2) 0.03%(※2) 0.025%
【東京スター銀行銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.10%~の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。※2「スターワン円定期預金+」(店頭・テレホンバンク限定、6カ月複利)の場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2019年1月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「じぶん銀行」なら、1年もの定期預金金利が
0.2%と高金利! さらに、ATM出金手数料は
最大で月11回まで無料!⇒関連記事はこちら

Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン ソニー銀行の住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯! インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング