クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]

年会費5万円のプラチナカードのコスパを考察!
2万円分のカタログギフト、空港ラウンジなどの
付帯サービスで年会費のモトは取れるのか!?

2015年2月12日公開(2019年11月8日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
2

「コンシェルジュサービス」は
どんな問い合わせでも可能

 プラチナカードの多くは、付帯サービスとして、電話で旅行やレストランの手配、ギフトの手配などが可能な「コンシェルジュサービス」がついている。

 パンフレットやWebサイトには、「コンシェルジュサービス」の内容として「高級レストランの手配」などが書かれているため、「高額な旅行やレストランに行かないから、自分には必要ない」と感じる人も多いだろう。しかし、「コンシェルジュサービス」は、どんな事でも問い合わせ可能なのだ。

 たとえば、「友達が地方から遊びに来ているので、○○駅周辺の居酒屋を探して欲しい」といった相談でも問題ない。実際、担当者に聞いてみると、飲食関連で使う利用者が多いとのことだ。プラチナカードのイメージもあるため、「居酒屋を探す」といったサービスはパンフレットなどに書かれていないが、基本的にどんなことでも相談できると考えていいだろう。

 クレジットカードを特集する雑誌などでプラチナカードが取り上げられている場合、「コンシェルジュサービス」に関しては「付いているか付いていないか」という情報しか載っていないことが多い。

 しかし、クレジットカード会社によって「コンシェルジュサービス」の対応の質はまったく異なるため、単純にサービスの有無だけで判断することはできない。実際に利用してみると、「コンシェルジュサービス」に力を入れている会社と入れていない会社がわかるだろう。

 筆者の体験を書くと、これまで新幹線の予約と大相撲チケットの予約で、「ザ・クラス」のコンシェルジュサービスを使ったことがある。

 どちらの予約のときも、非常に対応は良かった。どちらのチケットも自分で予約することができるが、その場合、予約開始日時が決まっている。大人気の公演など、予約開始と同時に電話やインターネットで申し込まなければ予約が取れないようなチケットの場合、代理で予約をしてくれる「コンシェルジュサービス」は非常に便利だ。

 手配してもらったチケットの受け取りもスムーズだった。大相撲チケットのときは、予約番号を電話で伝えてもらい、セブン-イレブンの店頭で受け取った。新幹線チケットの方は、指定した住所に簡易書留で送ってもらった。代理予約だからといって、別途料金を取られることはない。

 ただし、ミュージカルなどのチケットを取りたいと電話すると、「自分でネット予約したほうが早い」と言われることもある。「ザ・クラス」を保有している筆者の友人も、同じことを言われたことがあるようだ。

 実際に自分で予約したほうが早く入手できるようだが、最初にこれを言われると、「コンシェルジュサービスって何ができるのかわからない」と感じてしまう。「ザ・クラス」のユーザーとしては、いったん予約希望日時を聞いてから、郵送などでも間に合うと思えば、そのまま受け付けてくれたほうがありがたい。

 「コンシェルジュサービス」を通せば、「なかなか予約できないチケット」や一般では販売していないような良い席」が予約できると勘違いしている方もいるだろうが、実際は一般予約と同じチケットしか手に入らない。一見さんお断りのレストランや大相撲の溜席を用意しているというのは、特別に提携しているから可能なだけであり、提携していない場所で特別な席を無理やり用意してくれるわけではない。

 また、「コンシェルジュサービス」だからといって、一般予約がすでに満席になっている状況で無理やり席を開けてくれたり、人気のミュージカル公演で一番前の席を前日に予約してくれたりということはない。あくまでも、「自分の代理をお願いできる」という程度だと考えておこう。

高級レストランで1名分の食事が無料になる
「グルメ・ベネフィット」

 プラチナカードは、「2名以上のコース料理を予約した場合、1名分が無料になる」というサービスを提供していることがあり、「ザ・クラス」では「グルメ・ベネフィット」と呼ばれている。

 たとえば、六本木のイタリア料理「Il Mulino New York(イル・ムリーノ ニューヨーク)」では、「West 3rd Streetコース」が1万9800円(税別・サービス料込)となっている。2名以上の利用で1名分が無料となるため、1回利用すると2万1384円分が 無料となる。

 筆者は、以前からこの「グルメ・ベネフィット」を使ってみたいと考えているのだが、あいにくまだ利用したことがない。理由は、未就学児童が3人いるからだ。「グルメ・ベネフィット」は高級レストランが対象となっており、子供を同行させることは難しいと考えたからだ。実際、「Il Mulino New York」も年齢規定が「6歳以上」となっており、筆者は当分利用することができない。

 しかし、今回この記事を書くために、あらためて「グルメ・ベネフィット」の年齢規定を調べてみた。すると、東京の麻布・六本木・赤坂・白金・南青山・表参道・早稲田エリアでは、15店舗利用できるが、そのうち8店舗には年齢規定がなく、中には未就学児童でも利用可能なお店もあるようだ。

 当然、未就学児童も利用可能かどうか事前に確認しなければならないが、これまで「未就学児童はNG」という思い込みだけで諦めていたのはもったい話だった。近いうちに、ぜひ「グルメ・ベネフィット」利用して、レポートしたいと思う。

世界の約600ヵ所以上の空港で会員専用ラウンジが利用できる
「プライオリティ・パス」

 「プライオリティ・パス」は、世界の約600ヵ所以上の空港で利用できる、独立系の空港VIPラウンジ・プログラムだ。「ザ・クラス」には、無料でこの「プライオリティ・パス」に入会できる特典がついている。

 「プライオリティ・パス」で利用できるラウンジでは、軽食や飲み物などが無料で提供される。手荷物検査を終えた後のエリアにあるため、搭乗直前までゆっくり過ごすことが可能だ。

 「プライオリティ・パス」の会員には、「スタンダード会員」、「スタンダード・プラス会員」、「プレステージ会員」の3つのグレードがあり、「ザ・クラス」で取得できるのは「プレステージ会員」となる。

■「プライオリティ・パス」のグレード
会員 年会費 会員利用料金 同伴者利用料金
 スタンダード 99米ドル  32米ドル/回 32米ドル/回
 スタンダード・プラス 249米ドル  年10回まで無料、
 その後は32米ドル/回
32米ドル/回
 プレステージ 429米ドル  無料 32米ドル/回


ザ・クラス」会員は、「プライオリティ・パス」の年会費も会員利用料金も無料となるので、「ザ・クラス」を取得したのであれば、「プライオリティ・パス」も申し込むといいだろう。

 「My JCB」にログイン後、「JCBザ・クラス 会員限定サービス」のリンクから「プライオリティ・パス」リンクをクリックすると、申し込み方法がくわしく説明されている。

 筆者も一応「プライオリティ・パス」を申し込んだが、ANAの「SFC(スーパーフライヤーズカード)」を保有しているため、これまで利用したことはない。「SFC」で利用できるANAのラウンジは同伴者1名まで無料で利用可能だが、「プライオリティ・パス」のラウンジでは同伴者が有料となるからだ。今後1人で出張に行くことがあれば、「プライオリティ・パス」を使ってみたい思う。

 ただし、お得に「プライオリティ・パス」を利用したいだけであれば、「ザ・クラス」より「楽天プレミアムカード」の方がおすすめだ。「楽天プレミアムカード」であれば、1万円+税の年会費で「プライオリティ・パス」の「プレステージ会員」の資格が手に入る。

楽天プレミアムカード
還元率 1.0~5.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天トラベル利用時は還元率3.0%、楽天市場・楽天ブックス利用時は還元率5.0%に。なお、楽天トラベル、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+2~3%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
「楽天プレミアムカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!
「プライオリティ・パス」をもっともお得に使えるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」だ!空港ラウンジの使い方や同伴者の利用料金も解説!
「楽天プレミアムカード」の公式サイトはこちら
楽天プレミアムカードへの新規入会&利用で
ポイントがもらえるキャンペーンを実施中!
楽天プレミアムカード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!

東京ディズニーリゾートの会員向け特別プラン

 JCBは、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーのひとつだ。そのため、東京ディズニーリゾートの予約サイトでは、「ザ・クラス」会員向け特別プランが用意されている。

 しかし、今まで何度か「ザ・クラス」会員向け特別プランを検索してみたが、正直お得かどうかは不明だった。そこで今回はプラン内容をくわしく比較してみた。

 「ザ・クラス」会員向け特別プランを申し込むには、まず「My JCB」にログインし、「JCBザ・クラス 会員限定サービス」のリンクから専用ページを表示。「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」の案内ページから「お申し込みはこちら」をクリックした。プランパスワード、出発日、泊数、客室数を選択した後、「検索する」ボタンをクリックすると、「東京ディズニーリゾートで過ごすラグジュアリーな休日 2DAYS」というプランがヒットした。

 「バケーションパッケージ」は、「ザ・クラス」会員以外でも普通に予約ができるが、同様の条件で検索しても同じ名前のプランはヒットしなかった。そこで内容が似ていた「特別な日を大切な人と祝う 2DAYS(ホテル夕食付き)」というプランを選び、それぞれの価格や違いなどを比較してみた。

■「ザ・クラス」向けプランと一般プランの比較
  「ザ・クラス」向けプラン 一般プラン
 プラン名  東京ディズニーリゾートで過ごす
 ラグジュアリーな休日 2DAYS
 特別な日を大切な人と祝う 2DAYS
(ホテル夕食付き)
 1日目夕食  S.S.コロンビア・ダイニングルーム  ルームサービス
 他の違い  ディズニーアンバサダーホテル
 ルームサービス
(ケーキ&スパークリングワイン)
 大人2名1室
 1名分料金
6万9200円 7万6300円

 まったく同じプランではないため、比較は非常に難しいが、上の比較表を見る限りでは、「ザ・クラス」向けのプランが特別お得というわけではない。部屋の予約状況も、「ザ・クラス」用に用意されている部屋があるわけでもなく、「ザ・クラス」会員向け特別プランだからといって、一般向けプランよりメリットがあるとまでは言えないようだ。

東京ディズニーリゾート内にある会員専用の
「JCBラウンジ」が無料で使える

東京ディズニーリゾート内で使える「JCBラウンジご招待券」

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでJCBがスポンサーしているアトラクションには、会員向けの特別ラウンジが用意されている。「ザ・クラス」会員は、そのラウンジが使えるチケットを年間に1枚申し込むことが可能だ。

 ラウンジが利用できるのは、1枚のチケットで4人まで。ラウンジでは飲み物を飲むことができ、休憩後はすぐにアトラクションに乗ることが可能だ。そのため、そのアトラクションに関しては、ファストパスが不要となる。

 特別ラウンジの招待券は郵送で送られ、また利用日時も要予約のため、ラウンジを利用するには余裕を持った計画が必要となる。また、この招待券は「ザ・クラス」以外のクレジットカードでは入手できない。もし、何らかの方法で招待券だけ入手したとしても、利用時に「ザ・クラス」の提示が求められる。まさに、プレミアムカードの特別感が感じられるサービスだ。

 筆者は、先日、実際に特別ラウンジを利用してきた。詳細は、関連記事を参照して欲しい。
(関連記事⇒JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者向けにディズニーシー内に設けられた特別ラウンジを公開! 東京ディズニーリゾートの“都市伝説”は本当だった!

JCBゴールド
還元率 0.5~2.5%
「JCBゴールド」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1万円
(初年度無料はオンライン入会&期間限定)
家族カード(税抜) あり(1人は年会費無料。2人目から年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「JCBゴールド」の公式サイトはこちら

 今回は、JCBカードが発行するプラチナカード「ザ・クラス」の魅力をくわしく紹介した。

 「ザ・クラス」は、300万円使ったときの還元率が0.8%と、ポイントだけで考えると魅力のあるクレジットカードではない。やはりポイントとなるのは、付帯サービスだ。もし付帯サービスに9万円近くの価値はないと判断するのであれば、還元率の高い「リクルートカードプラス」などを使ったほうがお得だろう。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2020年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2020年2月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10%

永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
関連記事
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! SPGアメリカン・エキスプレス・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

驚異の5万円株
つみたてNISA+
iDeCoでじぶん年金

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

驚異の5万円株じぶん年金計画

驚異の上昇力を味方につけろ! 5万円株ベスト87銘柄
・少額株の賢い買い方を図解!
・5万円株の2大攻略法
・社長に直撃!企業へGO
高成長&割安の値上がり狙い株33銘柄
増収増益で将来性ありの株18銘柄
実力と比べ株価が割安な株5銘柄
赤字や減益でも魅力的な株10銘柄
安心して長く持てる高配当株40銘柄
高配当5万円株ランキング38銘柄
高配当で優待もイイ5万円株ベスト7銘柄

つみたてNISAとiDeCoだけ!じぶん年金計画
45歳から楽に2000万円作れるプラン
60歳で1000万円でも安心老後プラン
つみたてNISAとiDeCo違いを徹底比較

毎月分配型投信100本の本当の利回り
本当の利回りベスト30
・2大ダメ行動を正せ!
・6つのチェックポイント
・人気100本の実力リスト

みんな持ってる人気20銘柄の通信簿
最新決算&アナリスト予想でわかった
来期も絶好調な株28銘柄

●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!ライフ
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
スマホで5分!株の買い方ガイド!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報