ふるさと納税おすすめ特産品情報
2017年9月3日 ザイ・オンライン編集部

ふるさと納税で「定期便」や「頒布会」を選べば、
1回の申し込みで特産品が何度も届く! 定期的に
肉・海産物・ビールがもらえるおすすめ自治体を紹介

1回の申し込みで特産品が何回も届く、「定期便」&「頒布会(はんぷかい)」方式のふるさと納税をチェック!

発売中のダイヤモンド・ザイ10月号には、別冊付録「2017年下半期ふるさと納税秋冬大カタログ」が付いてくる! 「北海道・東北」「関東・中部」など、エリア別の注目自治体&特産品のランキングのほか、「牛肉」「豚肉」「飲料」など、特産品の種類ごとのランキングも掲載しているので、寄付先選びにぴったりだ。

今回はその中から、「定期便」や「頒布会」方式を採用している自治体をピックアップ! ふるさと納税の定期便・頒布会とは、いずれも決まった回数だけ、定期的に特産品などが届けられる方式のこと。複数回届く分だけ寄付金額はやや高額になる。ただし、寄付先が5つの自治体までなら確定申告が不要の「ワンストップ特例」を使いたいけど、いろんな特産品をもらいたい人には便利で、お値打ちなものも多いので魅力は十分だ。

ダイヤモンド・ザイ10月号

(※関連記事はこちら!)
⇒【2017年度版】お得な「ふるさと納税」ランキング~牛肉編~特産品でもらえる「牛肉」で得する自治体は?

寄付額5~6万円で、何度も特産品が届いて楽しめる!

 今回取り上げる「定期便」&「頒布会」方式のふるさと納税は、1回の申し込みで定期的に特産品が届くため、手間が少ない割にお得感が大きい。その分、寄付額はやや高くなるものの、2017年のふるさと納税の寄付金がまだまだ上限に達していない人には、むしろ適しているだろう。また、「ワンストップ特例」を使うために寄付先を5つ以内に絞っている人には、いろんな特産品をもらう方法として便利だ。

 ここでは、「肉」「海産物」「地ビール」がもらえる自治体をピックアップ。まず、「肉」の定期便で注目したいのが、「鹿児島県曽於市」だ。

 「曽於市」の返礼品の中から今回取り上げるのは、「定期便(2)」。5万円の寄付で、5カ月にわたって毎月29日(ニクの日)にさまざまな肉が届く。「曽於市」は肉の定期便が(1)と(2)の2種あり、(1)は和牛、黒豚の肩ロース各350gが5回届く。だが今回おすすめする(2)のほうは、部位や用途が異なる精肉や、時に加工品もあり、毎月飽きずに楽しむことができる。

 続いては、「海産物」の定期便を用意する「佐賀県」のNPO法人(特定非営利活動法人「浜-街交流ネット唐津」)。

 「佐賀県」は、寄付の使い道としてNPOを指定できる。このNPO(特定非営利活動法人「浜-街交流ネット唐津」)は玄海地区の水産業の情報発信等を行なう団体で、当然お礼は玄界灘の海の幸。単品も人気だが、6万円寄附すると、1年間にわたって奇数月に多様な海の幸が届く定期便の魅力、お得さはピカ一だ。

 最後は、地ビールがもらえる「山口県山口市」。

 寄付額5万円の「山口地ビール 定番4種と季節の限定ビール定期便」では、12本のビールを年4回届けてもらえる。定番ビールのほか、その時々の季節限定ビールも楽しめるので、地ビール好きの人にはぴったりだ。

(※関連記事はこちら!)
⇒ふるさと納税で秋冬におすすめの「北海道・東北」の自治体&返礼品の人気ランキングを発表! カニ、メロンなど、4つの人気自治体の返礼品ベスト3は?
⇒ふるさと納税の「牛肉」還元率は、大阪府泉佐野市の「国産黒毛和牛が1万円の寄付で2kg」が一番お得!ふるさと納税で得する「牛肉」還元率トップ5を紹介!