クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2017年9月24日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

スルガ銀行の「スルガSTARプログラム」を攻略!
「ATM出金手数料」や「他行あて振込手数料」が
格段にお得な「4ツ星」に簡単になれる方法を伝授!

スルガ銀行の「スルガSTARプログラム」を攻略

 筆者は、ポイントやマイルを貯めるために、「住信SBIネット銀行」や「新生銀行」などのネット銀行を使っている。

住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-イレブン ミニストップ
(イオン銀行)
ファミリーマート
(E-net)
ローソン
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
【関連記事】
【住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら
新生銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-イレブン ミニストップ
(イオン銀行)
ファミリーマート
(E-net)
ローソン
24時間365日、何回でも無料  同行あて:無料
 他行あて:
月1~10回無料
 以降97~285円
(※)
※「新生ステップアッププログラム」のステージによって、無料振り込みの回数および振込手数料は異なります。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
新生銀行の公式サイトはこちら

 筆者がメイン口座として使っているのは、旧シティバンク銀行の「SMBC信託銀行(プレスティア)」だ。「SMBC信託銀行(プレスティア)」の場合、ポイントは貯まらないが、上級会員の「PRESTIA GOLD」になると、他行あて振込手数料が月に何回でも無料になるうえに、米ドルを米ドルのまま入金する際の手数料(外貨現金取扱手数料)も無料になる。以前、筆者がアメリカにいたときに、現地のシティバンクで米ドルのまま出金できる国際キャッシュカードを利用していたことなども「SMBC信託銀行(プレスティア)」を使っている理由のひとつだ。

 また、クレジットカードの引き落とし口座には、ANAマイルを貯めるために「スルガ銀行ANA支店」を使っている。

 スルガ銀行ANA支店
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
セブン-イレブン ミニストップ
(イオン銀行)
ファミリーマート
(E-net)
ローソン
平日の7~18時、土の9~14時は無料
それ以外は月0回~無制限で無料
以降は100~200円
(※)
 同行あて:無料
 他行あて:
 月0~10回まで無料
 以降は200~400円
(※)
※「スルガSTARプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
【関連記事】
「住信SBIネット銀行」vs「スルガ銀行ANA支店」ATM出金手数料や振込手数料、ポイントプログラムを比較して、本当にお得な銀行はどちらか徹底検証!
スルガ銀行の公式サイトはこちら

 「スルガ銀行ANA支店」の場合は、クレジットカードの引き落とし1件につき毎月5マイルを獲得できる。さらに、「スルガ銀行ANA支店」を給与振込口座に指定すると、毎月50マイル獲得できるなど、ANAマイラーには必須の口座だろう。

 「スルガ銀行ANA支店」をメイン口座として使っていなかった理由は、なんといっても他行あて振込手数料にあった。「スルガ銀行ANA支店」から他行あてに振込をすると、1件につき200~400円の手数料がかかるからだ。

 しかし、2017年8月1日(火)より、月に最大10回まで他行あて振込手数料が無料になるランク制度「スルガSTARプログラム」がスタートした。
(※関連記事はこちら!⇒「スルガ銀行」の使い勝手がネット銀行並みに向上!新サービス「スルガSTARプログラム」の開始により、ATM出金や他行あて振込の手数料がますますお得に!

 この「スルガSTARプログラム」は、通常口座だけでなく、ANA支店やTポイント支店などの口座保有者も対象となる。

 「スルガSTARプログラム」で、最高ランクの「4ツ星」になった場合は、ATM出金手数料は無制限で無料、他行あて振込手数料は月10回まで無料となる。月10回無料であれば、十分、メイン口座として使えるだろう。

 「スルガSTARプログラム」のランクアップ条件と各ランクの手数料無料回数は、下記の通りだ。

■「スルガSTARプログラム」のランクアップ条件と各ランクの手数料無料回数
  取引条件 ATM出金手数料の
無料回数
他行あて振込手数料の
無料回数
星なし 無料回数なし 無料回数なし

(1ツ星)
円預金またはローン残高20万円以上 月3回 月3回
★★
(2ツ星)
円預金またはローン残高100万円以上 月5回 月5回
★★★
(3ツ星)
円預金またはローン残高300万円以上 月7回 月7回
★★★★
(4ツ星)
※下記いずれかの条件をクリア
・円預金またはローン残高1000万円以上
・円預金またはローン残高20万円以上かつデジタル通帳を契約
無制限
(ゆうちょ銀行ATM、
提携機関ATMも対象)
月10回

 「4ツ星」になるためには、「円預金またはローン残高が1000万円以上」か「円預金またはローン残高20万円以上かつデジタル通帳(Webブックフリー)契約」のいずれかの条件をクリアする必要がある。後者の条件のほうが圧倒的にクリアしやすいため、今回は、この「デジタル通帳(Webブックフリー)」について解説しよう。

 スルガ銀行ANA支店
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
セブン-イレブン ミニストップ
(イオン銀行)
ファミリーマート
(E-net)
ローソン
平日の7~18時、土の9~14時は無料
それ以外は月0回~無制限で無料
以降は100~200円
(※)
 同行あて:無料
 他行あて:
 月0~10回まで無料
 以降は200~400円
(※)
※「スルガSTARプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
【関連記事】
「住信SBIネット銀行」vs「スルガ銀行ANA支店」ATM出金手数料や振込手数料、ポイントプログラムを比較して、本当にお得な銀行はどちらか徹底検証!
スルガ銀行の公式サイトはこちら

「デジタル通帳(Webブックフリー)」の
契約をしているかどうか確認する方法を解説!

 「デジタル通帳(Webブックフリー)」とは、紙の通帳ではなく、インターネット上で見られる通帳のことだ。

 自分がデジタル通帳の契約をしているかどうかは、「スルガ銀行」のインターネットバンキングにログインすることで確認できる。まず、左側のメニューの「口座情報」をクリックし、「Webブックフリー」をクリックする。そこに「お取引明細表」という項目があれば、デジタル通帳の契約をしていることになる。

「デジタル通帳(Webブックフリー)」の申し込み方法を解説!

 「お取引明細表」の項目がない場合は、デジタル通帳の契約をしていない状態だ。

 デジタル通帳の契約をするには、まず、左側のメニューの「各種変更・届け出」をクリックし、「Webブックフリーに関する手続き」をクリックする。利用規定を確認して、「上記について同意しました」にチェックを入れたら、「次へ」ボタンをクリック。そして、インターネットバンキングにログインする確認パスワードを入力し、「実行」ボタンをクリックすると、デジタル通帳の申し込みは完了だ。

 あとは、口座残高を20万円以上にしておくだけで、「スルガSTARプログラム」の「4ツ星」を維持できる。

 「スルガ銀行ANA支店」なら、給与振込口座の指定やクレジットカード引き落とし口座の指定のそれぞれで、ANAマイルを獲得できる。さらに、「4ツ星」になれば、ATM出金手数料は無制限で無料、他行あて振込手数料は月10回まで無料になるので非常にお得だ。

 以上、今回は、「スルガSTARプログラム」の最高ランクである「4ツ星」に、簡単になれる方法を解説した。

 スルガ銀行ANA支店
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
セブン-イレブン ミニストップ
(イオン銀行)
ファミリーマート
(E-net)
ローソン
平日の7~18時、土の9~14時は無料
それ以外は月0回~無制限で無料
以降は100~200円
(※)
 同行あて:無料
 他行あて:
 月0~10回まで無料
 以降は200~400円
(※)
【スルガ銀行ANA支店のメリット】
「キャッシュカード」と「ANAマイレージカード」、「Visaデビット」の3つの機能が一体になったカードを発行。給与振込や引き落としなどの銀行取引で自動的にANAマイルが貯まる! 海外旅行傷害保険も自動付帯に!
※「スルガSTARプログラム」のランクによって異なります。
【関連記事】
「住信SBIネット銀行」vs「スルガ銀行ANA支店」ATM出金手数料や振込手数料、ポイントプログラムを比較して、本当にお得な銀行はどちらか徹底検証!
スルガ銀行の公式サイトはこちら
住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-イレブン ミニストップ
(イオン銀行)
ファミリーマート
(E-net)
ローソン
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】
コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利を大幅に引き上げ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および<無料振込回数は異なります。
【関連記事】
【住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら
新生銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-イレブン ミニストップ
(イオン銀行)
ファミリーマート
(E-net)
ローソン
24時間365日、何回でも無料  同行あて:無料
 他行あて:
月1~10回無料
 以降97~285円
(※)
【新生銀行のメリット】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料! 他行への振込手数料も最大で月10回まで無料(「新生プラチナ」の場合)と割安。短期間で利息がつく「2週間満期預金」で、すぐに使う予定のない普通預金のお金をかしこく運用できる。
 ※「新生ステップアッププログラム」のステージによって、無料振り込みの回数および振込手数料は異なります。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
新生銀行の公式サイトはこちら