クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2018年4月15日 ポイ探ニュース

「リクルートカード」が、電子マネーチャージ分の
ポイント付与の上限額を「月3万円まで」に改悪!
乗り換えにおすすめのクレジットカードも紹介!

「リクルートカード」が電子マネーチャージを改悪

 「リクルートカード」は、2018年4月16日(月)より、電子マネーへのチャージ分に限り、ポイント付与上限を設定する。

 リクルートカード
還元率 1.2%
「リクルートカード」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanaco、
ICOCA(VISA、Masterのみ)、楽天Edy(VISA、Masterのみ)
関連記事 「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!
「リクルートカード」の公式サイトはこちら

 「nanaco」「モバイルSuica」「楽天Edy」「SMART ICOCA」のそれぞれは、毎月16日~翌月15日の1カ月間で、合計3万円までのチャージ分がポイント付与の対象になるが、合計3万円を超える部分に対しては、ポイント付与の対象外となる。

 例えば、1カ月間に、まず「nanaco」に1万5000円、次に「モバイルSuica」に1万5000円、そして「楽天Edy」に1万円をそれぞれチャージしたとしよう。その場合は、「nanaco」と「モバイルSuica」へのチャージ分についてはポイント付与の対象になるが、「楽天Edy」へのチャージ分については合計3万円を超えてしまうため、ポイント付与の対象外になる。

 また、2018年4月15日(日)以前の利用でも、4月16日(月)以降に売り上げデータがカード会社に到着した場合は、制限に引っかかる。

 ちなみに、以前発行していた「リクルートカードプラス(JCB)」については、電子マネーのチャージ利用分のポイント加算は、2016年9月15日で終了している。

 以上、今回は、「リクルートカード」の電子マネーチャージが改悪されることをお伝えした。

 リクルートカード
還元率 1.2%
「リクルートカード」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanaco、
ICOCA(VISA、Masterのみ)、楽天Edy(VISA、Masterのみ)
関連記事 「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!
「リクルートカード」の公式サイトはこちら

■nanacoチャージにおすすめのクレジットカードは「セブンカード・プラス」!
電子マネーに強いクレジットカードまとめ(前編)セブンカード・プラスやリクルートカードなら、今後もnanacoチャージでポイントが貯まる可能性大

セブンカード・プラス
還元率 0.5~1.0%
「セブンカード・プラス」のカードフェイス
発行元 セブン・カードサービス
国際ブランド VISA、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、nanaco
関連記事 nanacoチャージのポイント付与率が激減する「nanacoショック」が高還元カードで発生中!一方、「セブンカード・プラス」の存在感が急上昇!
「セブンカード・プラス」の公式サイトはこちら

■「モバイルSuica」へのチャージにおすすめのクレジットカードは「ビックカメラSuicaカード」!
Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!

■「楽天Edy」へのチャージにおすすめのクレジットカードは「楽天カード」!
◆【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)