クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2018年5月4日 ポイ探ニュース

「住信SBIネット銀行」の有料サービス「プレミアム
サービス」に入ったほうが得する損益分岐点が判明!
「ミライノ カードGOLD」が還元率1.4%の高還元に

住信SBIネット銀行の「ミライノ カード GOLD」と「Visaデビット付きキャッシュカード」

 筆者は、住信SBIネット銀行をよく利用している。その住信SBIネット銀行が、2018年6月に、月額500円(税抜)の有料サービス「プレミアムサービス」を開始すると発表した。
(※関連記事はこちら!⇒住信SBIネット銀行の「プレミアムサービス」とは?「ミライノ カード」の還元率が0.4%もアップする有料サービス「プレミアムサービス」の特典を解説!

 今回は、住信SBIネット銀行のお得な活用術に加えて、「プレミアムサービス」を利用すべきかどうか検証しよう。

 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】
コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」なら普通預金金利が大幅にアップ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

「ミライノ カードGOLD」を保有すれば、住信SBIネット銀行の
「スマートプログラム」のランクが2つアップしてお得!

 まず、住信SBIネット銀行をお得に活用したいのであれば、「ミライノ カード」に申し込もう。特におすすめなのは、ゴールドカードの「ミライノ カード GOLDだ。
(※関連記事はこちら!⇒「ミライノ カード」は銀行系カードでもっともお得な年会費「実質」無料+高還元+キャッシュバック型のクレジットカード!住信SBIネット銀行利用者は必携

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 「ミライノカード」を作るなら、“実質”年会費無料で最もお得な「ミライノカード GOLD」がおすすめ! 旅行保険が自動付帯で、ATM手数料などもお得に!
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

 「ミライノ カード GOLD」は、年会費3000円(税抜)だが、年間100万円以上の利用で次年度は無料になる“実質”年会費無料のゴールドカード。

 「ミライノ カード GOLD」を利用すると、月間利用額1000円につき5ミライノ ポイントを獲得でき、「1ミライノ ポイント=1円」として支払総額から差し引くことができる。例えば、3000円のクレジット利用があり、1000ミライノ ポイントを交換した場合、2000円の支払いとなる。いわゆる“キャッシュバック系クレジットカード”なのだが、還元率は0.5%と高くない。

 ただし、この「ミライノ ポイント」を住信SBIネット銀行の「スマプロポイント」に交換すると、「1ミライノ ポイント⇒2スマプロポイント(交換は1000ポイント以上100ポイント単位)」になる。例えば、1000ミライノ ポイントを保有している場合は、2000スマプロポイントに交換できる。

 この「スマプロポイント」は「1ポイント=1円(交換は500ポイント以上100ポイント単位)」で現金に交換できるので、住信SBIネット銀行の利用者の場合は、実質的に「ミライノ カード」の還元率が1.0%になる。なお、スマプロポイントを現金に交換した場合は、その金額が口座に振り込まれる。

スマプロポイントを現金に交換スマプロポイントを現金に交換すると、住信SBIネット銀行の口座に振り込まれる。
拡大画像表示

 また、「ミライノ カード GOLD」は、住信SBIネット銀行のランク制度「スマートプログラム」のランクが2つアップするのもメリット。この特典は、「ミライノ カード」の引き落とし口座を住信SBIネット銀行に設定するだけで適用される。例えば、新規で住信SBIネット銀行の口座を開設した人でも、「ミライノ カード GOLD」を保有すれば、自動的に「ランク3」にアップする。

 「スマートプログラム」は、ランクに応じて、他行あて振込手数料や提携ATMの出金手数料が月に何回か無料になるなどの特典がある。例えば、「ランク3」の場合は、他行あて振込手数料が月7回まで、提携ATMでの出金手数料も月7回まで無料になる。

 「スマートプログラム」の各ランクの特典は下記の通りだ。

■「スマートプログラム」の各ランクの手数料無料回数
  ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
 ATM入金手数料 無制限で無料
 ATM出金手数料 月2回まで無料 月5回まで無料 月7回まで無料 月15回まで無料
 自行あて振込手数料 無制限で無料
 他行あて振込手数料 月1回まで無料 月3回まで無料 月7回まで無料 月15回まで無料
 ※無料回数以降は、ATM出金手数料100円(税抜)、他行あて振込手数料142円(税抜)

 「スマートプログラム」では、住信SBIネット銀行の預金残高が30万円以上だと「ランク2」になれる。筆者は、預金残高が30万円以上なので「ランク2」だ。さらに、「ミライノ カード GOLD」を保有しているため、そこからランクが2つアップして、最高ランクの「ランク4」になっている。筆者は、子供が習い事をしているため、毎月、月謝の振込みを数件しているのだが、振込手数料は月15回まで無料なので、手数料がかからずお得だ。
(※関連記事はこちら!⇒【ATM手数料&振込手数料を徹底比較!】コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら!

 また、「ミライノ カード GOLD」は海外旅行保険も充実しているのもメリット。海外旅行傷害保険が自動付帯のうえに、傷害疾病保険金・疾病治療保険金が最高500万円まで補償される。これは、他社のプラチナカード並みの補償内容だ。
(※関連記事はこちら!⇒海外旅行保険の補償額は、実際いくら必要なのか?海外の高額な医療費もカバーできる保険金額と年会費無料で保険が付帯するクレジットカードを解説

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 「ミライノカード」を作るなら、“実質”年会費無料で最もお得な「ミライノカード GOLD」がおすすめ! 旅行保険が自動付帯で、ATM手数料などもお得に!
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

住信SBIネット銀行のキャッシュカードは、海外で便利な
「Visaデビット付きキャッシュカード」を選ぼう!

 次に、住信SBIネット銀行のキャッシュカードについて解説しよう。

 住信SBIネット銀行には、「Visaデビット付きキャッシュカード」と「通常のキャッシュカード」がある。

 住信SBIネット銀行をお得に活用したいなら、「Visaデビット付きキャッシュカード」を選ぶのがおすすめだ。「ミライノ カード」は現時点でJCBブランドしかなく、JCB加盟店が少ない海外では、使いたいときに使えない場合がある。しかし、海外ではVisa加盟店が多いため、「Visaデビット付きキャッシュカード」を持っておけば、海外での買い物に困ることは少なくなる。

【※編集部追記】
2018年4月20日より、住信SBIネット銀行とライフカードの提携クレジットカードとして、国際ブランドがMastercardの「ミライノ カード」の発行が始まりました。
住信SBIネット銀行の「Visaデビット付きキャッシュカード」

 さらに、外貨普通預金口座(米ドル)に残高がある場合、「Visaデビット付きキャッシュカード」の決済通貨を米ドルにしておくと、海外での利用時に米ドルで直接支払えるのもメリット。しかも、2017年11月からは、年間30回まで、海外事務手数料の2.5%がスマプロポイントで還元されるサービスが始まっている。

 つまり、「Visaデビット付きキャッシュカード」の決済通貨を米ドルしておけば、海外で買い物したときに、年間30回まで2.5%還元というわけだ。お得なサービスなので、海外旅行するときのために覚えておくと良いだろう。

 なお、「Visaデビット付きキャッシュカード」の決済通貨を設定するには、住信SBIネット銀行にログインして、上部メニューから「デビットカード クレジットカード」を選択。次に、ページ右側の「Visaデビット明細等」をクリックして、「各種変更」から「決済通貨指定」をクリックすれば、外貨預金口座(米ドル)からの引き落としが可能となる。

 さらに、住信SBIネット銀行の「Visaデビット付きキャッシュカード」には、「Visa payWave」も搭載されているため、非接触での決済もできる。

 このように、住信SBIネット銀行を使いこなすのであれば、「ミライノ カード GOLD」を保有したうえで、「Visaデビット付きキャッシュカード」を選ぶのがおすすめだ。

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 「ミライノカード」を作るなら、“実質”年会費無料で最もお得な「ミライノカード GOLD」がおすすめ! 旅行保険が自動付帯で、ATM手数料などもお得に!
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら
 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】
コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」なら普通預金金利が大幅にアップ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

月額500円(税抜)の有料サービス「プレミアムサービス」に
申し込むべきかどうか徹底検証!

 では、住信SBIネット銀行が新たに始めた、月額500円(税抜)の「プレミアムサービス」の特典内容を見ていこう。その特典内容は、下記の4つだ。

(1)「ミライノ カード」の還元率が0.4%アップして、実質的に還元率1.4%のクレジットカードとして使える
(2)「Visaデビットカード」の還元率が0.4%アップして、実質的に還元率1.0%のデビットカードとして使える
(3)「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」や「THEO+ 住信SBIネット銀行」といったロボアドバイザーを利用した際の手数料の20%相当が、毎月、スマプロポイントで還元される
(4)人工知能を活用した金融・経済分野の情報提供サービス「日経Deep Ocean」によるニュース提供を受けられる

 まず、目を引くのは、「ミライノ カード」または「Visaデビットカード」を利用すると、0.4%分のスマプロポイントが加算される特典だ。キャンペーンなどで別途加算があった場合は、さらに還元率がアップするのは嬉しい。

 月540円(税込)を支払って、還元率が0.4%アップすることを考えると、「ミライノ カード」または「Visaデビットカード」を月13万5000円以上利用すると、モトが取れる計算になる。

「プレミアムサービス」の損益分岐点
「ミライノカード」または「Visaデビットカード」を月13万5000円以上使えば、0.4%の上乗せ分のポイントで、「プレミアムサービス」の月額540円(税込)のモトが取れる。
拡大画像表示

 もし、毎月13万5000円を利用すれば、年間利用額は162万円になるため、「ミライノ カード GOLD」の年会費が無料になる(「ミライノ カード GOLD」は、年間100万円以上の利用で、次年度の年会費が無料)。

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 「ミライノカード」を作るなら、“実質”年会費無料で最もお得な「ミライノカード GOLD」がおすすめ! 旅行保険が自動付帯で、ATM手数料などもお得に!
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

 続いて、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」や「THEO+ 住信SBIネット銀行」利用時に、ロボアドバイザー手数料が20%還元される特典を見てみよう。

 どちらのロボアドバイザーも投資一任報酬は年利1.0%となり、運用額が変わらないという前提で計算すると、次のようになる。


ロボアドバイザーで月350万円以上の運用をすれば、20%の手数料還元で、「プレミアムサービス」の月額540円(税込)のモトが取れる。
拡大画像表示

 上記の図表の通り、月350万円以上をロボアドバイザーで運用すると、手数料の還元額が「プレミアムサービス」の月額を上回る。そのため、ロボアドバイザーで月350万円以上を運用するのであれば、「プレミアムサービス」の加入を検討してもいいだろう。

 また、「プレミアムサービス」の会見では「日経DeepOcean」の情報提供を推していたが、どれだけの情報量か不明だ。したがって、「ミライノ カード」の還元率0.4%上乗せと、ロボアドバイザー利用時の手数料還元で、月500円(税抜)を払うメリットがあるかどうか計算してみるといいだろう。

 正直、筆者としては、この特典内容で月500円(税抜)というのは、高いのではないかと思っている。筆者の感覚的には、月300円(税抜)ほどなら加入を検討してもいい。月324円(税込)なら、「Visaデビットカード」や「ミライノ カード」を月8万5000円ほど利用すればモトが取れる。そして、月8万5000円を利用したとすると、年102万円の利用となり、「ミライノ カード GOLD」の年会費も無料になるので、利用者にとってもわかりやすいだろう。今後、月500円(税抜)の利用料を“安い”と思えるような特典の追加を期待したい。

 以上、今回は、住信SBIネット銀行のおすすめ活用術を解説した。

 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】
コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」なら普通預金金利が大幅にアップ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら
ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 「ミライノカード」を作るなら、“実質”年会費無料で最もお得な「ミライノカード GOLD」がおすすめ! 旅行保険が自動付帯で、ATM手数料などもお得に!
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら