クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2020年5月21日 ポイ探ニュース

「かぞくのおさいふ」のプリペイドカードは、子供に
持たせるのにおすすめ! スマホから遠隔でチャージ
可能で、子供が使うとメールで通知されるので安心!

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!


家族写真

 筆者には小学生の子供が3人おり、子供たちには、電車に乗るときのために「小児用PASMO」を持たせている。

 「小児用PASMO」は、スマートフォンの「おサイフケータイ」アプリから「ICカード残高読み取り」機能を利用すると残高を確認できる。

 「小児用PASMO」の残高確認はスマホでできるが、チャージは駅の券売機やセブン銀行ATMなどで行わなければならない。2020年3月18日に誕生した「モバイルPASMO」は、クレジットカードでのチャージに対応しているが、2020年5月時点では、残念ながら「小児用PASMO」は「モバイルPASMO」で利用できない。
【※関連記事はこちら!】
「モバイルPASMO」の登録方法や対応機種、オートチャージができて便利なクレジットカードを紹介! 端末によっては「モバイルSuica」と併用できないので要注意

 しかし、筆者は「小児用PASMO」にオートチャージできる「東急カード」を保有しており、オートチャージの設定もしているので、子供が通学定期の区間外で電車を利用しても、残高不足になることはない。とはいえ、残高管理だけでなく“PASMOの利用管理”と考えると、やはり、管理しきれていないのが現状だ。
【※関連記事はこちら!】
子供用PASMOでもオートチャージできる裏ワザとは!?TOKYU CARDジュニアオートチャージの申込方法とポイントの貯まるクレジットカードを徹底解説!

TOKYU CARD ClubQ JMB
還元率 1.0%
「TOKYU CARD ClubQ JMB」のカードフェイス
発行元 東急カード
国際ブランド VISA、Master
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1000円
家族カード(税抜) あり(年会費300円)
ポイント付与対象の
電子マネー
PASMO
関連記事 子供用PASMOでもオートチャージできる裏ワザとは!?TOKYU CARDジュニアオートチャージの申込方法とポイントの貯まるクレジットカードを徹底解説!
「TOKYU CARD ClubQ JMB」の公式サイトはこちら

三井住友カードの「かぞくのおさいふ」を利用すれば、
子供のVisaプリペイドカードの残高と利用状況を管理できる!

 クレジットカードの家族カードを利用すれば、その家族カードで「どこで」「いくら」を使ったのか把握できるが、小学生の子供は家族カードを発行できない。また、前述のとおり「小児用PASMO」の利用管理も難しいので、子供が使うキャッシュレス決済をどうするか悩んでいた。

 そんなときに「三井住友カード」が、家族のキャッシュレス決済を管理できるサービス「かぞくのおさいふ」を2019年3月16日にスタートした。筆者としては、非常に興味を持ったサービスなのだが、世間的にはあまり話題になっていないので、そのサービス内容を詳しく解説しよう。
【※関連記事はこちら!】
未成年の子どもに持たせるキャッシュレス決済には、Visaプリペイドカードの「Visaプリペ」もおすすめ!小学生が「本人限定受取郵便」を受け取る方法も解説

 「かぞくのおさいふ」は、「Visaプリペイドカード」で共通の残高を利用できるシステムで、スマホなどを使えばクレジットカードからチャージできるほか、セブン銀行ATMなどでもチャージ可能だ。なお、サービスの名前もプリペイドカードの名前も、どちらとも「かぞくのおさいふ」となる。

 「かぞくのおさいふ」の年会費は無料で、還元率は0.25%。利用した翌月に、利用金額の0.25%分が残高にキャッシュバックされる仕組みとなる。

 また「かぞくのおさいふ」は、残高を管理する方法が2種類あるのが特徴だ。

 1つ目が、本会員と家族会員で同一の残高を共有できる「共通のおさいふ」。この「共通のおさいふ」を利用できる家族カードは1枚までとなるので、夫婦で利用するのがおすすめだ。

 たとえば、家族で1カ月10万円の予算を決めて「共通のおさいふ」に10万円をチャージしたとする。この「共通のおさいふ」を利用できる「Visaプリペイドカード」は、本会員と家族会員の2人までとなる。本会員が3万円を利用すれば「共通のおさいふ」の残高は7万円になり、さらに家族会員が1万円を利用すると「共通のおさいふ」の残高は6万円になる。つまり、本会員と家族会員で「Visaプリペイドカード」を別々に持てるが、その残高は共有されているというわけだ。

 2つ目が、本会員とは別の残高を保有できる「個別のおさいふ」だ。こちらは、別途で9枚まで家族カードを発行できるので、子供に持たせるといいだろう。

 「個別のおさいふ」の場合は、「共通のおさいふ」の残高を利用することはできない。「個別のおさいふ」の「Visaプリペイドカード」を利用するには、「共通のおさいふ」から「個別のおさいふ」に残高移動(チャージ)する必要がある。そうすれば、チャージした範囲で支払えるようになる。

 なお、この「共通のおさいふ」と「個別のおさいふ」は、どちらか一方ではなく、それぞれ同時に利用可能だ。また、インターネットショッピングで利用できないように設定することも可能なので、子供が勝手にスマホのアプリなどに課金することを防ぐこともできる。

 「個別のおさいふ」の「Visaプリペイドカード」は、もちろん、子供だけでなく祖父母なども発行できる。また、それぞれの「Visaプリペイドカード」を「Apple Pay」や「Google Pay」に登録すれば、iD加盟店でも利用可能だ。

 さらに、それぞれの会員が「Visaプリペイドカード」を利用した際は、メールで通知されるほか、本会員のマイページから家族の利用明細を確認することもできる。

 家族全体のキャッシュレス化を望む筆者としては、「かぞくのおさいふ」は、まさに最適なソリューションといえるのだ。
【※関連記事はこちら!】
「キャッシュレス決済」おすすめ比較!「PayPay」や「LINE Pay」「楽天ペイ」など、主要な「スマホ決済」の還元率や利用可能なコンビニ、最新のキャンペーン情報を紹介!

「かぞくのおさいふ」の申し込み方法を詳しく解説!

 ここからは「かぞくのおさいふ」の申し込み方法を解説しよう。

 ちなみに、筆者は「三井住友カード」が発行するプリペイドカード「Visaプリペ」に「かぞくのおさいふ」の機能が搭載されるのかと思い、自分用と子供用の「Visaプリペ」を発行していた。しかし、実際は「Visaプリペ」と「かぞくのおさいふ」は、まったく別のプリペイドカード(サービス)だったので、これから「かぞくのおさいふ」を利用しようと思っている人は気をつけてほしい。
【※関連記事はこちら!】
未成年の子どもにおすすめのキャッシュレス決済は、プリペイドカードの「Visaプリペ」! 小学生が申し込む方法や「本人限定受取郵便」の受け取り方を解説!

 「かぞくのおさいふ」に申し込むには、専用ページから氏名、生年月日、性別、住所、携帯電話番号、暗証番号を入力し、カードデザインと発行する「家族枚数」を選択する。「Visaプリペ」との違いは、発行する家族カードの枚数を選択する点だろう。

 今回は、家族カードを2枚申し込んだ。1枚目の家族カードは、残高方式に残高を共有する「共通のおさいふ」を選んだ。

 「共通のおさいふ」を利用できるのは、本会員1人+家族会員1人なので、2枚目は自動的に「個別のおさいふ」になった。おそらく、1枚目の家族カードで「個別のおさいふ」を選択すれば、2枚目も「共通のおさいふ」と「個別のおさいふ」から選べるはずだ。

 最後の確認画面で「登録」ボタンを押すと申込完了だ。

 以上、今回は「かぞくのおさいふ」のサービス内容と申し込み方法について解説した。次回以降は「かぞくのおさいふ」の設定方法や実際の利用方法などを紹介したい。
【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!

TOKYU CARD ClubQ JMB
還元率 1.0%
「TOKYU CARD ClubQ JMB」のカードフェイス
発行元 東急カード
国際ブランド VISA、Master
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1000円
家族カード(税抜) あり(年会費300円)
ポイント付与対象の
電子マネー
PASMO
関連記事 子供用PASMOでもオートチャージできる裏ワザとは!?TOKYU CARDジュニアオートチャージの申込方法とポイントの貯まるクレジットカードを徹底解説!
「TOKYU CARD ClubQ JMB」の公式サイトはこちら