クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2015年2月23日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「ステータスマッチ」で航空会社の上級会員に!
「デルタ アメックス・ゴールドカード」を使って
ユナイテッド航空の上級会員資格ゲットに挑戦!

 「ステータスマッチ」は、条件を満たしていなくても航空会社やホテルの上級会員になれる便利なサービスだ。競合他社の上級会員資格(ステータス)を保有している人を引き込むために、搭乗距離や宿泊数などの条件をクリアしていなくても、自社の上級会員資格に適合(マッチ)させるのである。

 以前の記事では、このステータスマッチの基本的な仕組みについて解説した。
(関連記事⇒「SPGアメックス」を使えば他社でも上級会員に! 条件を満たさなくても、エアラインやホテルの上級会員資格が手に入る「ステータスマッチ」とは?

 今回は、実際に筆者がステータスマッチに挑戦した経験を例に、ステータスマッチの流れを紹介していこう。

デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」を取得

デルタスカイマイルの「MY SKYMILES」

 世界には「スターアライアンス」「ワンワールド」「スカイチーム」という三大航空アライアンスがあるが、筆者はそれぞれANA、JAL、デルタ航空でマイレージを貯めている。しかし、どのエアラインも頻繁に使うわけではなく、上級会員資格は持っていなかった。

 それが先日、たまたまアメリカに行く機会があったので、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を取得し、デルタ航空の上級会員資格である「ゴールドメダリオン」を得た。「ゴールドメダリオン」を取得すると、デルタスカイマイルの「MY SKYMILES」ページの画面に、「GOLD MEDALLION」の文字が表示される。

ユナイテッド航空のステータスマッチキャンペーンに応募

 ユナイテッド航空は、「MileagePlus Premier Status Match Challenge(マイレージプラスプレミア資格適合チャレンジ)」というステータスマッチキャンペーンを行っている。

 ステータスマッチにチャレンジするには、キャンペーンサイトにアクセスし、条件を確認した上でユナイテッド航空にメールを送る必要がある。メールは英語だが、必要な情報が網羅されていればいいので、決して難しくはない。

   
  Dear Sirs,
  I would like to challenge your FFP Status Match.
  My information is as below.
  ————————————
  MileagePlus Account : (ユナイテッド航空のアカウント番号)
  NAME : (名前)
  MAILING ADDRESS :(住所)
  E-MAIL ADDRESS : (メールアドレス)
  Matching FFP : DELTA SKYMILES(デルタ航空のアカウント番号)
  Elite Level : GOLD MEDALLION
  ————————————
  The picture of my membership card is on attached file.
  Please contact me if anything is faulty.
  Thanks & Regards
 

 上のようなメールに、自分の上級会員カードの写真を添付して送れば申し込みは完了。カードの写真は、名前、会員番号、上級会員資格などの情報が鮮明に写っていれば、携帯のカメラで撮影したもので十分だ。

 筆者がユナイテッド航空のステータスマッチに応募した当時は明記されてはいなかったが、デルタ航空のほか、アメリカン航空やアラスカ航空、LANやTAM(どちらも南米の航空会社)などからのステータスマッチも受け付けていたようだ。現在は、ホームページ上に申し込みフォームが設置されており、「ワンワールド」と「スカイチーム」、その他、提携を結んでいない競合会社(ヴァージングループなど)からのステータスマッチを受け付けている。

「MileagePlus Premier Status Match Challenge」の参加条件

ユナイテッド航空より返信メールがあり、アカウントが上級会員に

ユナイテッド航空の「プレミアゴールド会員」を取得

 申し込みメールを送信後、翌々営業日に返信メールがあり、ステータスマッチに合格したと記載されていた。早速ユナイテッド航空のアカウントを確認すると、見事「プレミアゴールド会員(PREMIER GOLD MEMBER)」になっていた。

 メールには、今回のステータスマッチは「チャレンジ」であって、90日間限定であること、そして90日以内に所定の搭乗実績があれば正式に「プレミアゴールド会員」として認められることが記されていた。

ついでに「マリオットホテル」の上級会員にもマッチ

 ユナイテッド航空とマリオットホテルは相互に提携を結んでおり、お互いの上級会員をマッチさせるサービスを提供している。ユナイテッド航空は90日間限定の仮上級会員だったが、マリオットホテルの上級会員資格「マリオットリワードゴールド」にも問題なくマッチでき、ゴールド会員カードが自宅に送付されてきた。こちらは暦年で1年間有効な資格となっている。

 今回は、筆者が行ったステータスマッチを例に、ステータスマッチの流れを簡単に説明した。もちろん、ユナイテッド航空以外にもステータスマッチを受け付けている会社はある。

 エアラインの上級会員資格を持っていなかった筆者だが、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を取得したことで、デルタ航空の「ゴールドメダリオン」を獲得して「スカイチーム」の上級会員になった。そこから、ステータスマッチでユナイテッド航空の「プレミアゴールド」を獲得し、「スターアライアンス」の上級会員に。さらに、マリオットホテルの「マリオットリワードゴールド」も取得できた。上級会員資格を取得するために、無理して飛行機に搭乗するといったことは一切していない。

 前回の記事でも書いたが、ステータスマッチはそうそう何度も受け付けてもらえるものではない。ここぞというタイミングで挑戦することが肝心だ。