クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2015年9月10日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

高還元でキャッシュバック型のクレジットカードなら
手間いらずで簡単に支出の1%以上を節約できる!
【ポイント生活の本当のメリットとは?(後編)】

 ポイントを貯めることを面倒くさいと考える人に向けて、前回、前々回と「ポイントを金融商品として考える」、「ポイントをゲームとして考える」という内容の記事を書いた。

クレジットカードのポイントをかしこく貯めると、銀行に定期預金をするより何倍も得をする!【ポイント生活の本当のメリットとは?(前編)】

クレジットカードや電子マネーのポイントは、ゲームを攻略する感覚で楽しみながら貯めよう!【ポイント生活の本当のメリットとは?(中編)】

 この2本の記事を読んでも、まだポイントは面倒くさいと考える人には、キャッシュバックカードをおすすめする。

キャッシュバックカードは、ポイントを使う手間がないので楽

 キャッシュバックカードとは、その名の通りキャッシュバックサービスが受けられるクレジットカードのことだ。このキャッシュバックが受けられるクレジットカードには、2つのパターンが存在する。

 1つ目は、クレジットカードの利用に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントをキャッシュバックしてもらう、というパターン。「SBIレギュラーカード」などがこのパターンのクレジットカードだ。
(※「SBIレギュラーカード」の還元率や年会費などのスペックが、2015年10月1日より変更(ポイント制度は改悪)されています。詳しくはこちらの記事を参照してください「SBIカード」がポイントサービスを大幅改悪?新たに追加されたボーナスポイントを計算に入れると「SBIカード」ユーザーの最もお得な選択とは?

SBIレギュラーカード
還元率 1.0~1.2%
SBIレギュラーカード
発行元 SBIカード
国際ブランド MasterCard
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
 電子マネー
モバイルSuica、ICOCA

 ただし、このパターンのクレジットカードは、結局ポイントのことを気にしなければキャッシュバックできないため、ポイント集めが面倒くさいという人には向いていない。

 2つ目は、請求時にキャッシュバックされるパターン。ルミネで使うと、請求時に5%引いた金額が引き落とされる「ルミネカード」がわかりやすいだろう。
(関連記事⇒本を5%以上も安く購入できる「6つの方法」とは?「リクルートカードプラス」や「楽天ブックス」などクレカや電子マネー、ポイントモールを駆使しよう!

ルミネカード
還元率  0.5~5.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%、「ルミネ」では5%オフ
おすすめクレジットカード!ルミネカード
発行元  ビューカード
国際ブランド  VISA、Master、JCB
年会費(税込)  初年度無料、2年目以降1048円
家族カード  —
ポイント付与対象の
 電子マネー
 Suica、モバイルSuica
ルミネカード公式サイトはこちら

 ただし、「ルミネカード」はルミネ以外の利用では5%のキャッシュバックはなく、通常のクレジットカード同様ポイントが貯まってしまう。そこで、どこで使ってもポイントのことを考える必要がなく、請求時にキャッシュバックされるクレジットカードを紹介しよう。

請求時1%OFFの「P-oneカード<Standard>」が
最強のキャッシュバックカード>

 最強のキャッシュバックカードは、「P-oneカード<Standard>」だ。年会費は無料、国際ブランドはJCB、Visa、MasterCardから選べる。通常のショッピング利用時にはポイントは付かないが、請求時に1%OFFになるクレジットカードだ。

 つまり、「P-oneカード<Standard>」で払ってさえいれば、常に1%のリターンがあるということになる。
(関連記事⇒「P-one Wiz(ピーワン ウィズ)」は、年会費無料で還元率1.5%の高還元クレジットカードの新定番!ただし、支払い方法を変更する設定は確実に!

P-oneカード<Standard>
還元率 1.0%
おすすめクレジットカード!P-oneカード
発行元 ポケットカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード(税込) あり(初年度無料、2年目以降は管理費として年220円)
ポイント付与対象の
 電子マネー

 筆者の経験では、取材時に「P-oneカード<Standard>」を紹介すると、メディアの食いつきが違う。担当者がポイントは面倒くさいと感じている場合には、必ず取り上げられる。わかりやすいためテレビでも紹介されやすい。

クレジットカードを出すことすら面倒な人は、
固定費の引き落としを変更するだけでもOK

 「P-oneカード<Standard>」を申し込んだら、次に固定費の支払いを「P-oneカード<Standard>」に変更することをおすすめする。電気料金、ガス料金、水道料金、固定電話料金、携帯電話料金、NHK受信料など、毎月必ず支払うものがあるはずだ。

 総務省統計局が集計した『勤労者世帯の世帯支出』のExcel表を確認すると、2人以上の世帯の勤労者世帯では、平均で電気代が8636円、ガス代が5338円、上下水道が5732円、通信費が1万6653円となっている。合計すると、1カ月3万6359円の支出となる。

 これらの固定費の多くは、「P-oneカード<Standard>」払いができる。これだけでも1カ月363円、1年間で4356円もお得になる。固定費の支払いだけに「P-oneカード<Standard>」を利用している場合は、財布に「P-oneカード<Standard>」を入れる必要もないだろう。一度登録しておけばそれ以降は何もする必要がなく、毎年自動的に4356円も固定費が安くなるということだ。

 お得に生活したいが、ポイントを貯めるのも使うのも面倒くさいという人には、「P-oneカード<Standard>」が最強だ。

 以上、今回はポイントを貯めるのが面倒くさいと考える人は、キャッシュバックを受けられるクレジットカードがおすすめ、という話を解説した。

【関連記事】
クレジットカードのポイントをかしこく貯めると、銀行に定期預金をするより何倍も得をする!【ポイント生活の本当のメリットとは?(前編)】

ポクレジットカードや電子マネーのポイントは、ゲームを攻略する感覚で楽しみながら貯めよう!【ポイント生活の本当のメリットとは?(中編)】

ルミネカード
還元率  0.5~5.5%
(一般加盟店では0.5%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなどは1.5%、「ルミネ」では5%オフ
おすすめクレジットカード!ルミネカード
発行元  ビューカード
国際ブランド  VISA、Master、JCB
年会費(税込)  初年度無料、2年目以降1048円
家族カード  —
ポイント付与対象の
 電子マネー
 Suica、モバイルSuica
ルミネカード公式サイトはこちら
P-oneカード<Standard>
還元率 1.0%
おすすめクレジットカード!P-oneカード
発行元 ポケットカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード(税込) あり(初年度無料、2年目以降は管理費として年220円)
ポイント付与対象の
 電子マネー
SBIレギュラーカード
還元率 1.0~1.2%
SBIレギュラーカード
発行元 SBIカード
国際ブランド MasterCard
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
 電子マネー
モバイルSuica、ICOCA

(※「SBIレギュラーカード」の還元率や年会費などのスペックが、2015年10月1日より変更(ポイント制度は改悪)されています。詳しくはこちらの記事を参照してください「SBIカード」がポイントサービスを大幅改悪?新たに追加されたボーナスポイントを計算に入れると「SBIカード」ユーザーの最もお得な選択とは?