クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2016年6月2日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

クレジットカードで熊本地震の復興支援をする方法!
「VIASOカード」や「くまモンのカード」なら、
利用額の一部を義援金やふるさと納税に寄付できる!

熊本地震の被災地を支援できるクレジットカードを紹介

 2016年4月14日(木)に発生した熊本地震の被災地では、復興のための支援を必要としている。そこで今回は、利用することで熊本県を支援できるクレジットカードを3枚紹介する。なお、今回紹介するクレジットカードは、すべて震災前から発行されているものだ。

【熊本を支援できるクレジットカード・その1】
利用額の0.15%が寄付される「くまもとCARD」

利用額の0.15%が寄付される「くまもとCARD」

 「くまもとCARD」を使うと、カードショッピング利用額の0.15%が「ふるさとくまもと応援寄附金」に寄付される。なお、寄付金はジャックスより年1回、一括で支払われ、会員負担はない。「ふるさとくまもと応援寄附金」に寄付されたお金は、「教育・文化の振興」、「産業振興」、「環境の保全・再生」、「地域活性化」、「保険・医療・福祉の充実」、「安全で安心な県民生活の確保」に活用される。

 また、上記の寄付金に加えて、2017年3月31日(金)までの利用分については、さらに0.15%分が「熊本地震義援金」として寄付される

 「くまもとCARD」の年会費は初年度無料、2年目以降は1250円(税抜)だが、前年度に5万円以上の利用があれば、2年目以降も無料となる。国際ブランドはVisa。

⇒「くまもとCARD」の公式サイトはコチラ!

【熊本を支援できるクレジットカード・その2】
収益の一部などが寄付される「くまモンのカード(VISA)」

収益の一部と利用額の0.1%が寄付される「くまモンのカード(VISA)」

 熊本城がデザインされた「くまモンのカード(VISA)」を利用すると、収益の一部が「ふるさとくまもと応援寄附金」に寄附される。こちらも会員負担はない。なお、2016年5月1日(日)から2017年3月31日(金)の利用分については、さらに0.1%分が「熊本地震義援金」して寄付される。

 また、クレジットカードの利用で付与されるポイントを寄付することも可能で、200ポイントを600円に換算し、熊本県の各種公益法人に寄付できる。対象の公益法人は阿蘇グリーンストック、熊本善意銀行、熊本県観光連盟だ。

 「くまモンのカード」の年会費は初年度無料、2年目以降は1250円(税抜)だが、前年度に1回以上の利用があれば、2年目以降も無料となる。国際ブランドはVisa。

⇒「くまモンのカード(VISA)」の公式サイトはコチラ!

【熊本を支援できるクレジットカード・その3】
利用額の0.4%が寄付される「VIASOカード(くまモンデザイン)」

利用額の0.4%が寄付される「VIASOカード(くまモンデザイン)」

 「VIASOカード(くまモンデザイン)」を利用すると、国内でのクレジットカード利用額の0.2%が熊本県の「ふるさと納税」に寄付される。こちらも会員負担はない。なお、2016年4月1日から2017年3月31日までの利用については、さらに0.2%分が上乗せされ、利用額の計0.4%が寄付される。

 「VIASOカード(くまモンデザイン)」の年会費は無料で、国際ブランドはMasterCard。券面デザインは、グリーンとピンクの2種類から選択できる。
(関連記事⇒「VIASOカード」に人気の「くまモン」が登場!ショッピングで利用した金額の一部を熊本県の「ふるさと納税」に寄付できる仕組みも

VIASOカード(くまモンデザイン)
 還元率  0.5~1%
VIASOカード(くまモンデザイン)の公式サイトはこちら
VIASOカード(くまモンデザイン)の公式サイトはこちら
 発行元  三菱UFJニコス
 国際ブランド  Master
 年会費  永年無料
 家族カード  あり(永年無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 -


 以上、今回は、利用することで地震被害にあった熊本県を支援できるクレジットカードを紹介した。寄付される金額は微々たるものかもしれないが、熊本県の復興を助ける力になることは間違いない。