節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

「ふるさと納税」の特産品で食費を節約する方法!
FPおすすめの「ふるさと納税」の特産品と
「ふるさと納税」初心者が気を付けるべき注意点とは

【第16回】 2016年2月10日公開(2022年3月29日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
1

「ふるさと納税」に挑戦したことがない人は
今年こそ、少額から寄付を始めてみよう!

 「ふるさと納税」の利用者が、ここ数年で急増しています。ザイ・オンラインでも専用カテゴリがあるので、読者の皆さんの中でもすでに挑戦した人は多いのではないでしょうか?
(※ザイ・オンラインの「ふるさと納税」情報はこちら!お得なふるさと納税情報局

 今回は、改めて「ふるさと納税」の注意点や「ふるさと納税」が家計に与える影響、それに私自身の「ふるさと納税」との付き合い方などを紹介します。

 まずは、「ふるさと納税」について簡単にまとめておきましょう。

「ふるさと納税」とは、自治体への寄付の大半が、所得税や住民税の減税という形で戻ってくる制度のことです。「納税」という名前がついていますが、実質的には「寄付」です。そして、「ふるさと」という名前がついてはいますが、寄付先は縁もゆかりもない好きな自治体でもOKです。

 ただし、節税効果がある寄付の金額には上限(=最低自己負担額2000円を超える全額が還付(所得税)または控除(住民税)される上限金額)があります。この上限金額は、人それぞれ、所得に応じて変化します。

 というのも、「ふるさと納税」はあくまで寄付した金額が戻ってくる(もしくは控除される)制度であって、税金逃れができる秘策ではありません。よって、本来納めるべき税金以上に寄付をしても、上限を超過した分には節税効果がなく、単に寄付しただけになるということです。
(※関連記事はこちら⇒マンガでスッキリわかる「ふるさと納税」! ボーナスで寄附して特産品をガッポリもらえ!

「ふるさと納税」の魅力は、何といっても寄付のお礼として特産品がもらえることです。普通に所得税や住民税を納付しても何ももらえませんが、「ふるさと納税」では、最低自己負担2000円を超える金額は還付、または控除されるにもかかわらず、特産品をもらえるので節税効果があると言えます。

「ふるさと納税」でもらえる特産品の内容は自治体によってさまざまですが、人気があるのはお米や肉、海産物、フルーツなどの食料品です。食料品以外では、宿泊券、カタログギフト、電化製品、家具、日用雑貨などを用意している自治体もあるものの、全体を見ると圧倒的に食料品が多い印象を受けます。

 全国には1800前後の自治体があり、すべての自治体が「ふるさと納税」の特産品を用意しているわけではありません。ただ、近年は「ふるさと納税」ブームによって、特産品を用意する自治体が増加傾向にあります。

 前述のように、「ふるさと納税」では、“寄付金の上限額以内で寄付をした場合”、自己負担額がたった2000円で済みます。2000円の負担で特産品をもらえるのは、非常にお得です。というのも、寄付額の50%相当の特産品を贈る自治体も多いのです。つまり、1万円の寄付で、普通に買ったら5000円以上するような特産品をもらえることもあります。

 そのように考えると、「ふるさと納税」は食費の節約にも効果的と言えます。ですから、所得が一定以上(年収300万円以上)ある人は、ぜひチャレンジしてみてください。

お米、野菜、豚肉、鶏肉は食費節約の救世主
還元率の高い(もらえる量の多い)自治体を探そう

 「ふるさと納税」でもらえる食料品には、伊勢エビやアワビなどの海産物や、ブランド牛のサーロインステーキといった、非日常感あふれる高級品も多いので、そういったものに目を引かれがちかもしれません。

 もちろん、普段あまり食べられない高級品を注文して楽しむのもアリでしょう。が、食費節約を目指すのであれば、分量が多く、日常的に使いやすく、保存が利くような食材を選んで注文するのがおすすめです。

 その代表格がお米です。自治体によってもらえる分量には大きな差があるので、よく調べてから寄付先を決めましょう。高級なブランド米もありますが、還元率が高い(寄付に対してもらえる分量が多い)自治体を選択したほうが、当然節約になります。

 また、さまざまな料理に使いやすい野菜や、豚肉や鶏肉も、大量に送ってくれる自治体が結構あります。適宜冷凍保存しつつ使うようにすれば、やはり食費節約になることは言うまでもありません。

(※関連記事はこちら⇒【2015年度版】お得な「ふるさと納税」ランキング~お米編~特産品でもらえる「お米」で得する自治体は?
(※関連記事はこちら⇒【2015年度版】お得な「ふるさと納税」ランキング~豚肉編~特産品でもらえる「豚肉」で得する自治体は?
(※関連記事はこちら⇒【2015年度版】お得な「ふるさと納税」ランキング~鶏肉編~特産品でもらえる「鶏肉」で得する自治体は?

 私自身、2015年には、「宮崎県都城市」に1万円寄付して、「ふれあい飼育吉豚おまけ付き」を受け取りました。内容は、ロースしゃぶしゃぶ用肉400g、バラしゃぶしゃぶ用肉500g、うで・ももしょうが焼き用肉800g、あらびきウインナー140g×3、さけひれ(ヒレハム)50g×2でした。

「宮崎県都城市」には、さらにボリュームの多い豚肉のセットもありますが、それは争奪戦になっています。

 わが家は夫婦2人暮らしなので、これだけ豚肉が届いたことで、何食分ものメイン食材を買わずに済みました。もちろん味もおいしく、人気の特産品だというのも頷ける満足度の高さだったと思います。

「宮崎県都城市」の豚肉以外に、2015年で私が寄付をした自治体(一部)は以下のとおりです。

■2015年に風呂内さんが「ふるさと納税」した自治体と特産品の一部を公開!
 自治体名  寄付金額  もらった特産品
 佐賀県玄海町  5000円  いちご
 高知県室戸市  5000円  むろとの味・新鮮野菜セット
 岡山県真庭市  5000円  まにわの新鮮野菜セット
 山形県最上町  1万円  米(はえぬき15kg)
 北海道上士幌町  1万円  ハンバーグ
 宮崎県都城市  1万円  ふれあい飼育吉豚おまけ付き
 岡山県岡山市  1万円  完熟トマトゼリー
 奈良県奈良市  1万円  白雪ふきん
(オススメモダン柄セット)
 広島県三次市  1万円  米(こしひかり)
 福岡県うきは市  1万円  KONOI+O
 ガーゼのバスタオル2枚組

 ご覧のとおり、食料品が中心になっています。食料品の原価を踏まえると、2000円の自己負担で、最低でも年間で3万円分くらいは食費を節約できたと考えられます。

特産品にも「当たり」「はずれ」はつきもの?
心配なら人気のあるもの、評価がわかるものをチョイス

 個人的な感想ですが、特産品の味に関しては「大はずれ」と感じた自治体はありませんでした。ただ、ある程度の当たり外れはあるはずなので、慎重に失敗を避けたければ、すでに寄付した人の評価などをチェックしたほうがよさそうです。

 私の場合、自治体を選ぶ際は、単純に「食べたい」と思ったものを選ぶことも多いですが、寄付金額に対してどれくらいの分量の特産品が送られてくるか、という「還元率」を見ています。

>岡山県岡山市の返礼品「完熟トマトゼリー」岡山県岡山市の特産品。湯むきしたトマトが丸ごと1個入っていて、食べごたえがある。6個入りセットで届く。

 ただし、正直なところ還元率はイマイチですが、私の地元である「岡山県岡山市」にも寄付をしています。お得な特産品をもらうためだけでなく、地元にわずかばかりの恩返しができるのも、「ふるさと納税」のいいところです。

 食料品では、野菜もボリュームたっぷりで、さまざまな料理に使えて便利でした(「高知県室戸市」「岡山県真庭市」など)。

 5000円の寄付で、ダンボールにどっさり詰められて届いたのですが、そのまま食べても甘いトウモロコシや、あまり見たことのない珍しい野菜なども豊富で、食卓が充実しました。

 ただ、2人暮らしだと食べきるのに大変さも感じたので、ファミリー世帯に特におすすめです。

無理して食料品の特産品をもらいすぎると
消費するのが難しくなる場合があるので要注意

奈良県奈良市の特産品「白雪ふきん」奈良県奈良市の特産品「白雪ふきん」。1万円寄付するともらえる。すべておしゃれな柄で、はずれナシ。

 食料品だけでなく、「奈良県奈良市」の「白雪ふきん オススメモダン柄セット」などの日用品も、もらってよかったと思う特産品です。2015年にはいくつか食料品以外のものも注文していますが、それは夫婦2人で大量の食料品を受け取ってしまうと、消費しきれないからです。

 特に、2015年4月からは、住民税から控除される金額がこれまでの2倍になり、「ふるさと納税」の節税効果がよりアップしています。そのため、単身世帯やDINKS世帯だと、食料品だけで控除の上限いっぱいまで寄付するのは、難しい場合も多いと思われます。

 無理に食料品の特産品を大量にもらってしまうと、結局傷ませたり、冷蔵庫に入りきらなくて苦心したりする可能性が高いので、おすすめできません。それならば食料品以外の特産品がもらえる自治体にも注目してみましょう。

 あるいは、寄付金額に応じてポイントがもらえて、保有ポイントに応じて特産品を選択できる自治体に寄付するのも手。好きなタイミングでポイントを使い、特産品を注文できるので便利です。自治体によって異なりますが、有効期限は大抵1~2年です。

 次ページからは、自分が体験して感じたことを含め、「ふるさと納税」の注意点を解説します。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2022年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2022年6月15日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「ゴールドステージ」の場合)
0.01% 0.01% 0.01%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「ゴールドステージ」になれば、普通預金金利が0.05%に!「ゴールドステージ」になるには、イオン銀行スコアが100点必要なので、「イオンカードセレクト」の保有(+10点)、インターネットバンキングの登録(+30点)、最低1000円からの投信自動積立の口座振替(+30点)、最低500円からの外貨普通預金積立の口座振替(+30点)といった条件をクリアするのがおすすめ。さらに、「ゴールドステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月3回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.10%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(※1)
0.002% 0.002% 0.002%
【東京スター銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込や年金受取の口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」や「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。※2「スターワン円定期預金+」(インターネット限定、50万円以上)の場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.15%
(※1)
0.02% 0.02%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
※1 2022年6月30日までの「特別金利キャンペーン」適用時の金利。
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込や口座振替などで「楽天ポイント」も貯まる!
「楽天証券+楽天カード+楽天銀行」で積立投資すると、ポイント還元率が1%以上になって得! 獲得した楽天ポイントは、株や投資信託の購入にも活用可能!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
【楽天銀行は楽天証券と同時口座開設がお得!】
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
最大0.10%
(※1)
0.20%
(※2、3)
0.30%
(※3)
0.35%
(※3)
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブン(セブン銀行)やミニストップ(イオン銀行)、ファミリーマート(E-net)のATMなら、出金手数料が最低でも月10回まで無料でお得なほか、他行あて振込手数料も最低で月5回まで無料なので、月に何回も振込をする人にもおすすめ!
※1 通常の0.02%分の利息に加えて、月内の最低残高(上限1000万円)に対して0.08%分の追加利息を受け取れる「普通預金プラス」の場合。※2 「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。※3 2022年7月20日までの「SBJ モアキャンペーン」適用時。
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.13%
(※1)
0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
※1 2022年8月31日までの「円定期特別金利」適用時の金利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2022年6月1日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

 
 

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
米国株150診断
全上場銘柄の理論株価

8月号6月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入


◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株

●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェットが10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報