クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2016年7月28日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「dポイントカード」がおサイフケータイに対応して
ドコモ限定「dカードmini」との併用が超お得に!
ローソンでは、スマホ1台で6.5%還元が可能!

ローソンでは、スマートフォン1台で6.5%還元を受けることが可能になった

 2016年6月10日(金)から、「dポイントカード」がおサイフケータイで使えるようになった。スマートフォンに「dポイントクラブアプリ」をインストールし、おサイフケータイ設定を行うと、ローソンでは「dポイントカード」の提示が不要となる。
(関連記事⇒おサイフケータイのメリット&お得な使い方と相性抜群でさらに得するクレジットカードを紹介!Suica、nanacoなどの電子マネーの徹底活用術

「dポイントカード」をおサイフケータイに設定する方法を解説!

 「dポイントカード」をおサイフケータイに設定する方法を解説しよう。なお、すでに「dポイントクラブ」に「dポイントカード」を紐付けていることとする。

 まず、「dポイントクラブアプリ」を起動し、メニューの下にある「dポイントカード」をタップする。そして、「おサイフケータイ設定スタート」というボタンをタップ。

 次に、ブラウザが起動するので、「さっそく設定する」をタップする。dアカウントのIDとパスワードを入力してログインすると、おサイフケータイ設定の画面が表示される。画面に「dポイントカード」の番号下4桁が表示されるので、一致しているか確認してから「次へ」をタップ。

 「かざすフォルダ(会員証)にダウンロード中」のメッセージが表示され、「dポイントカードをおサイフケータイに設定しました」と表示されれば、設定は完了だ。

おサイフケータイの「かざすフォルダ」

 ちなみに、「ローソンモバイルPonta」と「dポイントカード」の両方をおサイフケータイに設定している場合は、利用時に「ローソンモバイルPonta」の方が優先されてしまう。そのため、おサイフケータイのかざすフォルダを確認し、「ローソンモバイルPonta」と「dポイントカード」の両方が入っていないかを確認しておこう。

 「dポイントカード」だけであれば問題ないが、「ローソンモバイルPonta」と「dポイントカード」の両方が設定されている場合は、「整理」ボタンをタップし、「ローソンモバイルPonta」を削除しよう。これで、「dポイントカード」をおサイフケータイで利用できる。

「dポイントカード」をおサイフケータイに設定して、
ローソンで実際に利用できるかを筆者が実践!

 実際に、「dポイントカード」をおサイフケータイで利用できるか、筆者が試してみた。

 ローソンに行き、レジで「おサイフケータイで」と伝え、端末にスマートフォンを乗せると、2回音が鳴って支払いが完了した。レシートを確認すると、「dポイントカード」の番号下4桁が記載されており、おサイフケータイの支払いでdポイントが付与されていることを確認できた。

 また、「dポイントクラブ」のWebサイトでも、dポイントが付与されていることを確認できた。

ローソンでは、「dカードmini」での決済がお得!
スマートフォン1台で合計6.5%還元が可能に

ローソンでは「dカードmini」での支払いがお得だ。なぜなら、「dカードmini」で支払うと0.5%分のdポイントが貯まり、ローソンでの請求時3%オフの特典を受けられる上に、別途クレジットカード決済のポイントも貯まるからだ。
(関連記事⇒「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+年会費無料」のクレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!

【※編集部 追記】
2020年11月30日をもって、「dカード」によるローソンでの3%オフ特典は終了します。詳細は下記の記事をご確認ください。
「ローソンで3%オフ」になる「dカード」の特典が、2020年11月末で終了! ローソンでお得に買い物を続けるなら「au PAY カード」への乗り換えがおすすめ!
「dカードmini」の利用上限額

 まず、「dカードmini」について解説しよう。「dカードmini」とは、支払い金額がドコモの利用料と合算されて引き落とされる支払い方法だ。例えば、ドコモの利用料が5000円、「dカードmini」での決済代金が500円の場合は、携帯電話料金として合計5500円の支払いとなる。また、「dカードmini」は、カードではなく、アプリで利用できるサービス。つまり、スマートフォンさえあれば、決済ができるのだ。
(関連記事⇒「dカード」は従来の「DCMX」から何が変わった?「iD」や「dポイントカード」が付帯するなど、「dカード」と「DCMX」の5つの違いを解説!

 前述したように、「dカードmini」で支払うと、0.5%分のdポイントを獲得することができる。さらに、「dカードmini」を利用して、携帯電話料金をクレジットカードで支払えば、クレジットカードのポイントも獲得可能だ。

 例えば、還元率が2%のクレジットカードで携帯電話料金を支払っている場合、ローソンでは、おサイフケータイの「dポイントカード」提示で1%分、「dカードmini」決済で0.5%のdポイントを貯められ、さらに請求時に3%オフ、「dカードmini」利用分の決済時に2%のポイントが貯まる。つまり、スマートフォン1台で、合計6.5%還元を受けることが可能なのだ。

・「dポイントカード」の提示:1%
・「dカードmini」で決済:0.5%
・ローソンでの請求時3%オフ:3%
・「dカードmini」利用分をクレジットカード決済:2%

合計6.5%

 「dカード」を単体で利用する場合は、おサイフケータイの「dポイントカード」の提示で1%、「dカード」決済で1%、請求時3%オフで、合計5%還元となる。

【※編集部 追記】
2020年11月30日をもって、「dカード」によるローソンでの3%オフ特典は終了します。詳細は下記の記事をご確認ください。
「ローソンで3%オフ」になる「dカード」の特典が、2020年11月末で終了! ローソンでお得に買い物を続けるなら「au PAY カード」への乗り換えがおすすめ!

 「dカードmini」はドコモ回線でなければ使えないことと、限度額が1カ月1万円(人によっては2000円)となっているのがネックだが、「dカード」を単体で使うよりもお得度は高い。

 以上、今回は、「dポイントカード」がおサイフケータイに対応したことで、ローソンでは、スマートフォン1台で6.5%還元が可能になったことを解説した。