政治 サブカテゴリ

最新順 記事一覧

国葬反対が急増も、統一教会問題が「安倍氏だけの責任」といえない歴史的理由

国葬反対が急増も、統一教会問題が「安倍氏だけの責任」といえない歴史的理由

上久保誠人
安倍晋三元首相の国葬が9月27日に実施される。しかし国葬を巡っては、賛成派・反対派に世論が二分されたま…
女王死去で揺れる「英国」こそ、日本の安全保障の切り札になる理由

女王死去で揺れる「英国」こそ、日本の安全保障の切り札になる理由

上久保誠人
英国でエリザベス女王が死去し、国葬の様子が日本でも大々的に報じられた。これを機に、英国王(または女王)…
岸田政権が支持率急落でも「野党復権」は望み薄、光が見える唯一の政党は?

岸田政権が支持率急落でも「野党復権」は望み薄、光が見える唯一の政党は?

上久保誠人
安倍元首相の殺害事件をきっかけに、旧統一教会と自民党の関係が問題視されていることなどから、岸田内閣の支…
河野氏・高市氏・萩生田氏、岸田改造内閣のキーマン3人は「未来の宰相」たり得るか

河野氏・高市氏・萩生田氏、岸田改造内閣のキーマン3人は「未来の宰相」たり得るか

上久保誠人
8月10日に前倒しで実施された内閣改造では、旧統一教会と関係を持っていた閣僚たちを交代させたはずだった…
ペロシ氏訪台で「アジア主戦場の米中新冷戦」の足音、日本に覚悟はあるか

ペロシ氏訪台で「アジア主戦場の米中新冷戦」の足音、日本に覚悟はあるか

上久保誠人
米国のナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪れ、世界中で議論を呼んでいる。経済危機を避けるため、米中が対話…
旧統一教会、日本会議、創価学会…自民党「宗教で票集め」の冷徹な実態

旧統一教会、日本会議、創価学会…自民党「宗教で票集め」の冷徹な実態

上久保誠人
安倍元首相の銃撃事件を機に、世間では「政治と宗教」に対する関心が高まっている。歴史をひもとくと、確かに…
安倍元首相の下で自民党は「左傾化」、左派野党が壊滅した今の対抗勢力は?

安倍元首相の下で自民党は「左傾化」、左派野党が壊滅した今の対抗勢力は?

上久保誠人
安倍晋三元首相が銃撃されて亡くなった。本稿では安倍氏に哀悼の意を表しつつ、首相としての歩みをじっくりと…
参院選で野党惨敗の理由、安全保障と「自民党の左傾化」の対応で後手

参院選で野党惨敗の理由、安全保障と「自民党の左傾化」の対応で後手

上久保誠人
選挙期間中の7月8日、安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃されて亡くなった。これは許すことのできない蛮行で…
日本がウクライナの徹底抗戦を支持すべき理由、「妥協案」が招き得る末路とは

日本がウクライナの徹底抗戦を支持すべき理由、「妥協案」が招き得る末路とは

上久保誠人
ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから4カ月が経過したが、いまだに膠着(こうちゃく)状態が続いている…
岸田首相の“新しい資本主義”に「今更感」が強い理由、何が足りない?

岸田首相の“新しい資本主義”に「今更感」が強い理由、何が足りない?

上久保誠人
岸田文雄首相が掲げる経済政策「新しい資本主義」の実行計画の骨子が明らかになった。だが筆者は、その内容に…
ロシア停戦に米英が「本気を出さない」2つの理由、紛争長期化でも得る恩恵とは

ロシア停戦に米英が「本気を出さない」2つの理由、紛争長期化でも得る恩恵とは

上久保誠人
マクロン仏大統領とショルツ独首相が、ロシアのプーチン大統領と、80分間にわたって電話で3者会談した。こ…
サハリン権益が諦めきれない日本、ロシア制裁で「脱・八方美人」の覚悟を

サハリン権益が諦めきれない日本、ロシア制裁で「脱・八方美人」の覚悟を

上久保誠人
G7の首脳が「ロシアへのエネルギー依存から段階的に脱却する」という共同宣言を出した。日本も同調する方針…
中国のゼロコロナ固執で露呈した、「習近平国家主席は絶対正しい」の限界

中国のゼロコロナ固執で露呈した、「習近平国家主席は絶対正しい」の限界

上久保誠人
中国は、最初に新型コロナウイルスが感染拡大した国だ。しかし、徹底した都市封鎖と行動制限の「ゼロコロナ政…
日本の安全保障政策、今こそ「英国」との連携強化を急ぐべき理由

日本の安全保障政策、今こそ「英国」との連携強化を急ぐべき理由

上久保誠人
ウクライナの想像を超える奮戦で、ウクライナ紛争が長期化・泥沼化している。そのウクライナの背後には、「味…
中国がロシアを飲み込み「モンゴル帝国」再出現?日本の難しい舵取り

中国がロシアを飲み込み「モンゴル帝国」再出現?日本の難しい舵取り

上久保誠人
ロシア側は今や「プーチンの顔をいかに立てるか」が停戦実現の最大の課題となっていて、機能不全に陥っている…
プーチン保身でロシア国内総崩れ?有事に崩壊する権威主義体制の弱点

プーチン保身でロシア国内総崩れ?有事に崩壊する権威主義体制の弱点

上久保誠人
ウクライナ紛争でロシアが最低限譲れないのは、ウクライナはNATOに加盟しない「中立化」である。すでに、…
プーチンの大誤算、中国に引き込まれた「進むも地獄、引くも地獄」の戦争

プーチンの大誤算、中国に引き込まれた「進むも地獄、引くも地獄」の戦争

上久保誠人
ロシアは、今「進むも地獄、引くも地獄」という状況に陥っているのではないか。国際社会からの非難や制裁も厳…
「新冷戦」勃発は杞憂?ロシアがウクライナ侵攻で窮地に追いやられる理由

「新冷戦」勃発は杞憂?ロシアがウクライナ侵攻で窮地に追いやられる理由

上久保誠人
ロシアが、ウクライナへの軍事侵攻に踏み切った。東西冷戦終結後、米国や欧州が築いてきた国際秩序は崩壊し、…
北京五輪で見えた中国の信用欠如ぶり、「違反」「失格」 続出で疑惑の祭典に

北京五輪で見えた中国の信用欠如ぶり、「違反」「失格」 続出で疑惑の祭典に

上久保誠人
北京冬季五輪が閉幕した。日本は、金3個、銀6個、銅9個の合計18個の冬季五輪史上最多のメダルを獲得した…
中国人留学生が「日本の民主主義を学びたい」、共産党支持でも複雑な母国への思い

中国人留学生が「日本の民主主義を学びたい」、共産党支持でも複雑な母国への思い

上久保誠人
北京五輪が開幕したが、新疆ウイグル、南モンゴル、香港などの人権侵害に対する抗議として、米国、英国などが…