クレジットカードおすすめ最新ニュース[2023年]

「マイナンバーカード」は「マイナポイント事業」以外に
も、住民票の発行やWebサイトのログインに使える!
「マイナンバーカード」対応のサービスをまとめて紹介

2020年6月21日公開(2022年6月30日更新)
ポイ探ニュース
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!


マイナポータル

 筆者は「郵便局のネットショップ」で切手やレターパックを購入している。先日、この「郵便局のネットショップ」にログインしようとしたところ、「マイナンバーカード」でログインできる「ゆうびんIDでログイン」というリンクがあることに気がついた。

 「ゆうびんIDでログイン」は始まったばかりのサービスではなく、少なくとも2017年11月から利用できる状態だったようだ。

 ちなみに「マイナンバーカード」は、ニュースなどでも取り上げられているとおり、2020年9月から「マイナポイント事業」を始める。
【※関連記事はこちら!】
「マイナポイント」に申し込む方法と注意点を解説!マイナンバーカードとキャッシュレス決済を登録し、最大5000円分(還元率25%)のポイントを獲得しよう

 「マイナポイント事業」とは、「マイナンバーカード」によるポイント還元事業のこと。「マイナポイント事業」に参加するには、「マイナンバーカード」を入手した後に「マイキープラットフォーム」にアクセスする「マイキーID」を取得。次に、2020年7月以降に「マイキープラットフォーム」でキャッシュレス事業者を1つ選択し、9月以降に申し込んだキャッシュレス決済手段でチャージまたは決済すると、キャッシュレス事業者から最大25%のポイントが還元される。「マイナポイント事業」の期間は2020年9月~2021年3月で、期間中の還元上限は5000円。つまり、2万円までの利用額が還元対象となる。
【※関連記事はこちら!】
「マイキープラットフォーム」の登録方法を解説!マイナンバーカードの「自治体ポイント」を使うなら自治体の図書館などで「マイキーID」を作成しよう!

 一方、2019年10月~2020年6月末まで実施している「キャッシュレス・ポイント還元事業」は最大5%還元だが、還元上限は毎月1万5000円までのケースが多いので、これに比べると「マイナポイント事業」は物足りなく感じるだろう。
【※関連記事はこちら!】
「キャッシュレス・ポイント還元事業」でお得度がアップするクレジットカードの“還元上限額”や“還元方法”をまとめて解説! 消費増税後にお得になるカードとは?

 しかも「マイナンバーカード」は申し込みに時間がかかるうえに、申し込みや受け取りの際には、基本的に役所に行く必要がある。また、マイキーIDの取得も大変だ。にも関わらず、還元上限が5000円では、マイナポイントのためだけに「マイナンバーカード」を作ろうという気持ちにはならないのではないだろうか。

 しかし「マイナンバーカード」には「マイナポイント事業」以外のメリットがある。たとえば、自治体によっては「マイナンバーカード」があれば住民票をコンビニで取得できるうえに、窓口で発行するよりも発行手数料が安く済む。実際に世田谷区の場合は、役所の窓口だと300円の手数料がかかるが、コンビニだと200円だ。しかも、コンビニでは、23時まで住民票を発行できるうえに、土日も対応している。このように、役所の窓口が閉まっている時間帯も利用可能かつ安く住民票を発行できるのは便利だ。
【※関連記事はこちら!】
「住民票」をコンビニで発行する方法を詳しく解説!クレジットカードでチャージしたnanacoで支払えば、住民票の取得でもカードのポイントが貯まってお得!

 そして、冒頭でも紹介したように「マイナンバーカード」を持っていれば「郵便局のネットショップ」でのログインにも利用できる。今回は、その「ゆうびんIDでログイン」の利用方法を解説しよう。

「マイナンバーカード」でログインするために、
「PaSoRi」などの「ICリーダー/ライタ」を準備しよう!

 「マイナンバーカード」で「郵便局のネットショップ」にログインするには、非接触ICカード技術「FeliCa」を読み取れる「ICリーダー/ライタ」が必要になる。筆者は、SONYの「PaSoRi」を持っているが、一般家庭では新たに購入する必要があるだろう。

 また「郵便局のネットショップ」に「マイナンバーカード」でログインするには、初期登録が必要だ。

 従来は「マイナンバーカード」を自宅で利用する場合の対応ブラウザはInternet Explorer 11のみだったが、最近はプラグインをインストールすれば、EdgeやFirefox、Chromeなども利用できる。なお、対応ブラウザはOSによって異なる。それぞれの対応ブラウザは下記のとおりだ。

■「マイナンバーカード」を自宅で利用する場合の対応ブラウザ
プラットフォーム OS ブラウザ
Windows Windows 10 Microsoft Internet Explorer 11
Microsoft Edge 40以上
Google Chrome 69以上
Mozilla Firefox 68以上
Windows 8.1
Macintosh macOS Catalina Safari 12以上
Google Chrome 69以上
Mozilla Firefox 68以上
macOS Mojave
macOS High Sierra
Android Android 6.0~10.0 Chrome 69以上
iOS iOS 13.1以上 Safari 13以上

 筆者もプラグインをインストールした後、再度「郵便局のネットショップ」にアクセスした。そして「PaSoRi」に「マイナンバーカード」を乗せたところ、ログイン画面が表示されたので「利用者証明用電子証明書パスワード」を入力してログインした。

 「マイナンバーカード」は、事前に4種類のパスワードを設定する必要がある。「利用者証明用電子証明書パスワード」は、そのうちの1つだ。この4種類のパスワードの内容をまとめると下記のとおり。

■「マイナンバーカード」に登録する4種類のパスワード
パスワードの種類 内容 パスワード
住民記帳台徴
(個人番号カード)
個人番号カードを利用する移動手続の際などの
本人確認時に使用
数字4桁
券面事項入力補助 区役所等での窓口申請書作成時に使用 数字4桁
利用者証明用電子証明書 住民票の写し等証明書のコンビニ交付時、
マイナポータルへのログイン等に利用
数字4桁
署名用電子証明書 e-Taxなど、電子申請の利用時に使用 英数字6文字以上
16文字以下

 これらのパスワードはしっかり覚えておこう。なぜなら「住民記帳台徴」「券面事項入力補助」「利用者証明用電子証明書」のパスワードはそれぞれ3回、「署名用電子証明書」のパスワードは5回間違えるとロックされてしまうからだ。

 さて、話を「郵便局のネットショップ」に戻そう。「利用者証明用電子証明書」のパスワードを入力すると、「ゆうびんID」や「郵便局のネットショップID」との連携画面が表示されて、ログインが完了した。

「e-Tax」や「ねんきんねっと」なども
「マイナンバーカード」でログインできる!

 このほかにも「マイナンバーカード」でログインできるサイトはある。そのサイトの一覧は、政府運営のオンラインサービス「マイナポータル」にアクセスし、「マイナポータルの機能」メニュー内の「もっとつながる」から確認できる。

 アクセスすると、筆者の場合は「つながっていないウェブサイト」として、以下の4つのサイトが表示された。

• 国税電子申告・納税システム(e-Tax)
• ねんきんねっと
• 総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite
• e-私書箱(野村総合研究所)

 これらのWebサイトを利用する際は「つなぐ」ボタンをクリックして接続すれば、「マイナンバーカード」でログインできる。

 たとえば「e-Tax」では、利用者識別番号と暗証番号を入力せずに「マイナンバーカード」だけでログインできるようになる。

「2次元バーコードでログイン」を利用すれば、
「ICカードリーダー/ライタ」がなくてもスマホでログイン可能!

 「マイナポータル」にアクセスすると、「ICカード リーダーでログイン」のほかに「2次元バーコードでログイン」というメニューがある。

 2次元バーコード(QRコード)でのログインは、スマートフォンを利用する。まず、スマホにアプリをインストールして、パソコンで「2次元バーコードでログイン」をクリックする。すると、QRコードが表示されるので、スマホのアプリで「2次元バーコード読取」をタップし、表示されるQRコードを読み取る。

 そして「利用者証明用電子証明書」のパスワードを入力して「次へ」ボタンをタップ。スマホを「マイナンバーカード」にかざすとパソコンの画面が切り替わり、ログインが完了する。この方法なら「PaSoRi」などの「ICカードリーダー/ライタ」は必要なく、手持ちのスマホだけでログイン可能だ。

 ただし、現時点で、QRコードでのログインに対応したサイトは少なく、「郵便局のネットショップ」も対応していないので、わざわざアプリをインストールする必要はなさそうだ。

「マイナポータル」を活用すれば、
行政機関保有の個人情報も簡単に確認できて便利!

 ポイント還元をアピールして「マイナンバーカード」を普及させようとしているが、筆者的には、住民票が取得しやすくなるなどの基本的なサービス面を強調したほうがいいように思う。

 たとえば「マイナポータル」には、「あなたの情報」として「世帯情報」「税」「社会保障(健康・医療)」「社会保障(子ども・子育て)」「社会保障(福祉・介護)」「社会保障(雇用・労働)」「社会保障(年金)」というメニューがあり、それぞれ選択して「確認」ボタンをクリックすると、自分の情報を閲覧できる。

  たとえば「社会保障(子ども・子育て)」を選択すると「児童手当支給情報」として児童手当の月額、「税」を選択すると「個人住民税情報」などを確認できる。また「社会保障(年金)」を選択すると「年金給付記録情報」が表示され、「ねんきん定期便」よりは簡易的な情報になるものの「厚生年金加入月数情報」や「国民年金加入月数情報」なども閲覧可能だ。このような簡易情報でよければ、住民票を取得したり、課税証明書を取得するまでもなく、「マイナポータル」で十分だろう。

 今後は「健康保険証」として使えるようになるそうなので、さらに便利になりそうだ。

 税や健康保険証などの情報が「マイナンバーカード」に入っていると「怖い」と思う人もいるかもしれないが、パスワードがなければアクセスできない。しかも、そのパスワードも3回間違えればロックがかかるなど、セキュリティ対策もしっかりしている。

 筆者は、自治体ポイントやマイナポイントの確認のために「マイナンバーカード」を保有しているが、マイナポイントよりも、これらの便利な機能を利用するために「マイナンバーカード」を作成することをおすすめする。

 以上、今回は「マイナンバーカード」を発行するメリットや「マイナポイント事業」について解説した。

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2023年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2023年11月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEX
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天ポイント」が改悪続きでも“最強のポイント”である理由を専門家が解説!「楽天カード」などだけでなく、無料でポイントを獲得できるサービスが魅力!
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~7.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、Apple PayやGoogle Payに「三井住友カード(NL)」を登録して「Visaのタッチ決済」または「Mastercardタッチ決済」を利用すれば、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなど、対象のコンビニや飲食店では還元率7%に大幅アップ(※)する! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
※ 一部店舗および一定金額を超える支払いでは指定の決済方法を利用できない場合、または指定のポイント還元にならない場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外。
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短10秒発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&飲食店で最大7%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率7%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

1.0~1.5%  
(※1)
1万6500円 AMEX
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
【ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイント】
2021年3月から発行が始まった、高級ホテル「ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ」との提携カード。ヒルトンの上級会員資格「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」が無条件で付帯し、レイトチェックアウトや部屋のアップグレード(最高でエグゼクティブ)、朝食無料サービスなどを利用できるのが最大の魅力! さらに、年間150万円以上を利用すると「ウィークエンド無料宿泊特典(金・土・日のみ利用可)」がもらえて、ヒルトンやコンラッドなどの1泊3万円以上するような高級ホテルに無料で宿泊できる! また、通常100円につき2ポイント、ヒルトン系列では100円につき3ポイントの「ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント」を獲得でき、貯めたポイントでヒルトン系列のホテルに宿泊することも可能!
※1 ヒルトン系列ホテルの宿泊にポイントを利用した場合。1ポイント=0.5円換算。
【関連記事】
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード登場! ヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に!
「ヒルトン・オナーズ・アメックス」のメリットを解説!1泊9万円強の高級ホテルへの無料宿泊特典や朝食無料サービスなど、高額な年会費以上にお得な特典が付帯
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する13枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!(ヒルトン・オナーズ アメックスの解説へ)
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~7.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、Apple PayやGoogle Payに「三井住友カード ゴールド(NL)」を登録して「Visaのタッチ決済」または「Mastercardタッチ決済」を利用すれば、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、サイゼリヤ、バーミヤンなど、対象のコンビニや飲食店では還元率7%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 対象取引などの詳細は、三井住友カードの公式サイトでご確認ください。※2 一部店舗および一定金額を超える支払いでは指定の決済方法を利用できない場合、または指定のポイント還元にならない場合あり。iD、カードの差し込み、磁気取引による決済は7.0%還元の対象外。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで7%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを解説! 同じく“実質”年会費が無料の「エポスゴールドカード」と付帯サービスなどを比較して魅力を解剖!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~5.5%
(※)
永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料のうえに通常還元率1%のお得な高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」の「ポイントアップ登録(無料)」をすれば、Amazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%に!
※貯まったOki Dokiポイントを「JCB PREMO」または「nanacoポイント」に交換した場合の還元率。
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~5.5%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料。
【関連記事】
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると1%分のPontaポイントが貯まる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
au PAY カードの公式サイトはこちら

 ◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

0.5~2.0% 初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※1)
AMEX Suica
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、QUICPay決済を利用した場合は還元率2%に大幅アップ(※2)セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニはもちろん、マツモトキヨシやツルハグループなどのドラッグストア、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店など、QUICPayを利用できる店舗ではいつでもどこでも還元率2%になるので非常にお得! 貯まるポイントは、有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのもメリット!
※1 2年目以降1100円。ただし、年一回でもクレジットカードの利用があれば次年度以降も無料。※2 年間合計30万円までの利用分が対象。以降は還元率0.5%。
【関連記事】
「セゾンパール・アメックス・カード Digital」は、QUICPayで2%還元と超お得! 最短5分で発行できる「SAISON CARD Digital」の申し込み方法も解説!
還元率が高い、おすすめのクレジットカードを紹介!クイックペイを利用すれば還元率2%になる「セゾンパール」など、年会費が実質無料で注目の3枚をチェック
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

【ヒルトン・オナーズ アメックスカード】
「ゴールド会員資格」付帯で朝食無料、年150万円利用で
「週末の無料宿泊特典」も!⇒関連記事はこちら

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード公式サイトはこちら 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

5万円株96
毎月配当生活
ふるさと納税総選挙

1月号11月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[5万円株/毎月配当生活]
◎第1特集
市場改革&新NISAで追い風!5万円株96
●ランキング1~36位が利回り4%超!
高配当株トップ50買い×売り診断
●持つほどうれしい株主優待株13
●株価上昇力がスゴイ!爆上がり株20
●NTTやLINEヤフーなど新NISAで買うべき最強20銘柄


◎第2特集
配当をもらい続けるコツと銘柄!
毎月配当生活

●1~12月権利確定月別オススメ高配当株72銘柄
ペリカンさん直伝!
高配当株と長~く付合うための5ルール
[綴込付録]効率的でわかりやすい!
書込み式銘柄管理シート


◎第3特集
投資信託のギモン27
●[選び方]分配金がないとダメ投信?
●[買い方]売り方売るタイミングの目安は?
●[保有中]信託報酬の安い投信に乗換え?
●[仕組み]為替ヘッジって何ですか?

 

◎【別冊付録】

約500人が投票!ふるさと納税総選挙
8ジャンル計76品!

◆「ケガで年収90万円!実力社会の相撲界の格差ってどれくらい?」豊ノ島さん

◆10倍株を探せ!IPO株研究所2023年10月編

◆マンガ恋する株式相場「中東衝突でまた石油ショック!?」

◆マンガ日本国「個人の資産もピンチ!南海トラフ地震の経済損失は1410兆円!?

◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報