クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2017年2月10日公開(2019年1月18日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
ポイ探ニュース(菊地崇仁)

Android Pay、Apple Pay、楽天ペイなど、
スマホでクレジットカードや電子マネーが使える
便利な「スマホ決済サービス」をまとめて解説!

「スマホ決済サービス」をまとめて解説

 Googleのデジタルウォレットサービス「Android Pay」が、2016年12月13日(火)より開始した。最近、このような「○○ Pay」という言葉をよく聞くが、それぞれのサービスや機能は同じなのだろうか? そこで今回は、「Android Pay」や「Apple Pay」など、それぞれの「○○ Pay」の特徴を解説しよう。

【LINE Pay】
決済だけでなく、個人間の送金や割り勘もできる!

LINE Pay

 まずは、2014年12月に開始された「LINE Pay」だ。意外と昔から存在する「LINE Pay」だが、メジャーになった要因は、2015年1月から開始した「LINE TAXI」での決済方法に使われたことだろう。この「LINE TAXI」での決済方法とは、事前に「LINE Pay」にクレジットカードを登録すると、タクシーの降車時に、登録したクレジットカードで自動的に支払われるというものだ。

 また、2016年3月には、プリペイドカードの「LINE Payカード」の発行が開始され、一気に「LINE Pay」に注目が集まった。「LINE Payカード」は、JCBの国際ブランド付きで、支払い時には2%分のLINEポイントが貯まるプリペイドカードだ。

 ローソンでは、2017年1月24日(火)から、「LINE Payカード」を提示しなくても、スマートフォンで「LINE Pay」のバーコードを提示するだけで支払えるようになった。さらに「LINE Pay」では、個人間での送金や割り勘も可能。ちなみに、韓国ではスマートフォンだけでATM出金も可能だ。

 「LINE Pay」の対象店舗は、メガネスーパーやローソンなど。ネットの店舗では、ZOZOTOWN、Fril、FOREVER21などがある。なお、「LINE Pay」は、AndroidとiPhoneのそれぞれで利用できる。

【Origami Pay】
非接触でクレジットカード決済が可能!

Origami Pay

 「Origami Pay」は、ベータ版の開始が2015年10月、正式にリリースされたのは2016年5月だ。「Origami Pay」は、スマートフォンでOrigamiアプリをインストールし、VisaブランドまたはMastercardブランドのクレジットカードを登録することで利用できる。

 もともと「Origami Pay」は、店頭のOrigami for BusinessがインストールされたiPadに表示されたQRコードを読み取るか、認証コードを入力して決済する仕組みだったが、現在は、Bluetooth接続に対応したことより、スマートフォンを近づけるだけで決済できるようになった。
(※関連記事はこちら!⇒スマホ決済サービスの「Origami Pay」なら、iPhoneでもおサイフケータイのように支払い可能!今なら、ロフトでの決済時に10%オフになる特典も!

 また、Origamiアプリの「マーケット」で販売されている商品であれば、ネットでも購入可能となっている。

 「Origami Pay」の対象店舗はロフトやモディ、AOKIなど。また、「LINE Pay」と同様に、AndroidとiPhoneのそれぞれで利用できる。

【Apple Pay】
iPhoneでもスマホ決済が可能になったことが話題に!

Apple Pay

 次は、2016年10月に開始された「Apple Pay」について解説しよう。「Apple Pay」を実店舗で利用する場合は「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」、「Apple Watch Series 2」のいずれかの端末でないと決済できない。ネットで利用する場合は、「iPhone 6」や「iPad」、「Touch ID搭載のMacBook Pro」などの旧端末でも決済できる。

 「Apple Pay」は、非接触ICカード技術方式「FeliCa(フェリカ)」を採用しており、実店舗では、「Suica」「iD」「QUICPay」のそれぞれで決済できる。ネットで利用する場合は、「Apple Pay」に対応するカード会社であることに加えて、国際ブランドがMastercard、JCB、American Expressのいずれかのクレジットカードを登録していることが条件となる。
(※関連記事はこちら!⇒Apple Payを実際に使ってわかった! リアルでもネットでもApple Payで使えて、還元率が高い、お得なクレジットカードとは?

 なお、「Apple Pay」は、Suica(1枚目のみ)以外で決済する場合は、Touch ID(指紋認証)またはサイドボタンのダブルクリックなどの操作が必要だ。
(※関連記事はこちら!⇒Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ!Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ!

【楽天ペイ】
カードのポイント&0.5%分の楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天ペイ

 「楽天ペイ(旧:楽天スマートペイ)」は、2016年10月に開始された。「楽天ペイ」のアプリにクレジットカードを登録し、「楽天ペイ」加盟店の端末に表示されるバーコードをスマートフォンのカメラで読み取ることで決済できる。
(※関連記事はこちら!⇒決済アプリ「楽天ペイ」で楽天ポイントを2重取り!クレジットカードのポイントが貯まるのはもちろん、200円につき1楽天スーパーポイントを獲得できる!

 また、「楽天ペイ」は、自分で支払い金額を入力して決済する「セルフペイ」も利用できる。レジが混雑しているときなどは、セルフペイで決済して、決済完了の画面を店員さんに提示することで、レジでの支払いを避けられる。

 また、「楽天ペイ」は、登録したクレジットカードのポイントに加えて、0.5%分の楽天スーパーポイントを獲得できるのがメリット。「楽天ペイ」に対応しているクレジットカードは、VisaブランドまたはMastercardブランドにみとなる(「楽天カード」のみJCBブランドも可)。

 「楽天ペイ」も「LINE Pay」と同様に、iPhoneとAndroidのそれぞれで利用可能だ。

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
「楽天カード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【最優秀メインカード部門】
「楽天カード」の公式サイトはこちら

【Android Pay】
かさばるポイントカードをスマホ1台にまとめられる!

Android Pay

 最後に解説するのは、2016年12月に開始された「Android Pay」だ。「Android Pay」は、電子マネーの「楽天Edy」で決済する機能に加えて、ポイントカードやギフトカードをまとめる機能がある。さらに、「Android Pay」にクレジットカードを登録すれば、「楽天Edy」にチャージすることも可能だ。

 すでに「おサイフケータイ」の「楽天Edy」を利用している場合は、Edyアプリの残高やEdy番号が「Android Pay」と同期するため、どちらを使っても問題ない。
(※関連記事はこちら!⇒おサイフケータイのメリット&お得な使い方と相性抜群でさらに得するクレジットカードを紹介!Suica、nanacoなどの電子マネーの徹底活用術

 「Android Pay」にポイントカードを登録する場合は、スマートフォンでポイントカードのバーコードを読み取るか、手動で会員IDを入力すればいい。対応しているポイントカードは、楽天ポイントカードやTOHOシネマズのポイントカードなどだ。

 なお、「Android Pay」は、「おサイフケータイ」対応のAndroid端末で利用できる。

新しい「スマホ決済サービス」の
お得なキャンペーンを見逃さないようにしよう!

 それぞれの特徴を見てもわかる通り、支払い方法だけを取っても、バーコード提示やBluetooth接続、FeliCaなど多種多様だ。また、ネットで利用できるかどうかなどの違いもある。それぞれ同じような名称だが、まったく異なるサービスなのだ。

 それぞれの唯一の共通点は、スマホ決済ということだ。今後は、物理的なカードもすべてスマートフォンに取り込まれる可能性がある。ここまで仕様がバラバラであれば、将来的にはそれぞれの「スマホ決済サービス」に勝ち・負けは出てくるだろう。

 新しい「スマホ決済サービス」が誕生した際は、リリース記念として非常にお得なキャンペーンが実施される場合がある。例えば、10%ほど割引されたり、ボーナスポイントを獲得できたりする場合があるので、新しい「スマホ決済サービス」には注目するといいだろう。昨今は、決済サービスが複雑化しているため、消費者にとっては、さまざまなキャンペーンを利用して得するチャンスだ。そのため、新しい「スマホ決済サービス」がリリースされた際は、どんどん使ってみて欲しい。

 以上、今回は、「Android Pay」や「Apple Pay」など、それぞれの「スマホ決済サービス」の特徴を解説した。

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
「楽天カード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【最優秀メインカード部門】
「楽天カード」の公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
2019年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
サービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ダイナースで選ぶ!ダイナースでおすすめクレジットカード
人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年1月7日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス
 楽天カード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 OricoCard THE POINT
1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 Yahoo! JAPANカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
nanaco
(nanacoへの
チャージ分は
還元率0.5%)
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのおすすめポイント】
Tポイントを貯めるなら、Yahoo! JAPANカードが最強! 年会費無料で通常還元率は1.0%、Yahoo!ショッピング利用時は最低3.0%(カード決済分が2.0%、Yahoo!ショッピング分が1.0%)に! 「Tカード」機能も搭載しているので、TSUTAYAやファミリーマートなど、Tポイント加盟店をよく利用する人は、Yahoo! JAPANカードさえ持ち歩けばTポイントがガンガン貯まるので利便性も高い。また、「nanaco」チャージでも0.5%分のTポイントが貯まる!
関連記事
「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
  • 【OricoCard THE POINT】
    「Apple Pay」対応クレジットカードの中で
    還元率は最高レベル⇒関連記事はこちら

    「Apple Pay」対応のOricoCard THE POINTカードの公式サイトはこちら
  • 「SPGアメックス」は高級ホテルで得する
    最強のホテルカード!⇒関連記事はこちら

    SPGアメックス・カード公式サイトはこちら
  • 「ダイナース」は一般カードでもプラチナ級の
    豪華特典つき!⇒関連記事はこちら

    「ダイナース」は一般カードでもプラチナ級の豪華特典つき!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン ダイナースクラブカード インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング