クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2017年4月6日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

海外旅行で便利な「トラベルデスク」を活用しよう!
観光に邪魔な手荷物を一時的に預けられるほか、
ベビーカーや砂場セットを格安でレンタルできる!

海外旅行で便利な「トラベルデスク」の活用術

 海外旅行中に「JCB プラザ」や「ハローデスク」など、現地にあるトラベルデスクを利用したことがある人はいるだろう。トラベルデスクでは、観光情報を教えてもらったり、レストランやオプショナルツアーを予約できたりするほか、緊急サービスなどを受けることができる。

 筆者が旅行に行ったグアムには、前述のトラベルデスクのほかに、JCBの「JCBプラザ ラウンジ」や楽天トラベルの「楽天トラベルラウンジ」もある。今回は、これらのトラベルデスクは、どんなときに便利なのかを解説したい。

トラベルデスクでは、レストランやレンタカーの予約のほか、
クレジットカード紛失などのトラブルにも日本語で対応してくれる!

 トラベルデスクは、各クレジットカード会社によって、「JCBプラザ」や「ハローデスク」、「楽天プレミアムカードトラベルデスク」や「海外トラベルデスク」などがあるが、これらはすべて「JTBグローバルアシスタンス」という会社が運営している。トラベルデスクの名称は異なるが、それぞれで受けられるサービスは、ほぼ同じだ。

 「JTBグローバルアシスタンス」が運営するトラベルデスクは、世界中の56都市(2017年3月時点)に設置されており、パスポートやクレジットカードなどの紛失など、緊急時の手続きを日本語で対応してくれる。

 緊急時だけでなく、現地のレンタカーやホテル、レストランやオプショナルツアーなどを日本語で予約できるため、旅行先のトラベルデスクがどこにあるかは、事前に調べておいたほうがいいだろう。

 筆者は行く時間がなかったが、グアムの場合は、免税店の「Tギャラリア」の中にもトラベルデスクが設置されているため、買い物ついでに訪れてみてはいかがだろうか。

「JCBプラザ ラウンジ」では、手荷物を預かってもらえるので、
ホテルのチェックアウト後に観光したいときなどに便利!

グアムの「JCBプラザ ラウンジ」

 「JCBプラザ ラウンジ」は、「JCBプラザ」とは異なるため注意が必要だ。それぞれ受けられるサービスや設置場所などは違うので、間違わないようにしよう。

 「JCBプラザ ラウンジ」は、世界中の9都市に設置されており、グアムの場合、「JCBプラザ」は前述の「Tギャラリア」に、「JCBプラザ ラウンジ」はショッピングモール「ザ・プラザ」の2階に設置されている。

 「JCBプラザ ラウンジ」は、「ザ・プラザ」の中に設置されているため、筆者が宿泊したホテル「アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート」からアクセスしやすい。そのため、今回の旅行では何度か雨が降ったのだが、ほとんど雨に当たらずに「JCBプラザ ラウンジ」を利用できた。

 「JCBプラザ ラウンジ」では、無料のドリンクサービスや手荷物の一時預かりサービスなどを利用できる。例えば、ホテルのチェックアウト後に観光したい場合などは、邪魔なスーツケースなどを預けることで、手ぶらで観光できる。もちろん、レストランの紹介やオプショナルツアーの予約なども利用可能だ。
(※関連記事はこちら!⇒京都駅の「JCB Lounge京都」の便利な使い方を伝授「JCBゴールド ザ・プレミア」など、JCBが発行する上位カードを保有して、手ぶらで京都観光しよう!

グアムの「JCBプラザ ラウンジ」の内部グアムの「JCBプラザ ラウンジ」の内部。

 今回は、「JCBプラザ ラウンジ」で、「JCBカード」での優待があるレストランを聞くことにした。苦手な食べ物やジャンル、徒歩圏などの条件を伝えるだけで、数件のレストランをピックアップしてくれた。担当者の知識も豊富で、自分で探すよりも圧倒的に早く見つけてくれた。「ぶらぶら歩きながらおいしそうなレストランを探したい」「現地の人に聞きたい」というような、海外旅行慣れしている人には不要のサービスかもしれないが、それでも手荷物を一時的に預かってもらえるサービスなど、使える特典はあるだろう。

 「JCBプラザ ラウンジ」のある9都市(ロサンゼルス、ホノルル、グアム、ソウル、台北、香港、シンガポール、バンコク、パリ)に行く場合は、「JCBプラザ ラウンジ」を利用できる「JCBカード」を用意しておこう。

JCB ORIGINAL SERIES
還元率 0.5~2.5%
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(年50万円以上利用+利用明細Web確認サービス「My Jチェック」登録で次年度以降も無料)
家族カード(税抜) あり(初年度無料、2年目以降400円。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICKPay
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!

「楽天トラベルラウンジ」では、海で遊ぶときに使える
「砂場セット」や「浮き輪」などを格安で借りられる!

グアムの「楽天トラベルラウンジ」

 グアムの「楽天トラベルラウンジ」も「JCBプラザ ラウンジ」と同様に、「ザ・プラザ」の3階にあるため、雨に当たらずに利用できた。

 「楽天トラベルラウンジ」でも、オプショナルツアーやレストランの予約などができる。

 今回は、「楽天トラベルラウンジ」で、マジックショー、プライベートビーチ、イルカウォッチの3つのツアーを申し込んだ。マジックショーの種類はたくさんあるため、どのショーが一番良いのかを確認した。“良い”というのは、ショーの人気や面白さではなく、ホテルからのアクセスの良さ、時間帯などを考慮して、“総合的に自分に合ったショー”という意味だ。

 例えば、マジックショーの場合は、「○時に終了、食事は自分たちでとる、ホテルから歩いて行ける、という条件であれば『サンドキャッスル』が良い」、イルカショーの場合は、「○時までに戻ってこられる、シュノーケル不要でイルカが見られるツアーなら『イルカウォッチングのイルカだけコース』が良い」というように、かなり細かいところまで確認しながら予約することができた。

「楽天トラベルラウンジ」の内部

 「楽天トラベルラウンジ」の一番良かった点は、「砂場セット」を借りられたことだ。筆者の子供はまだ幼いため、「海で遊ぶ」と言っても、泳ぐというより、ビーチでの砂遊びがメインだ。手ぶらでも十分楽しめるが、せっかくなので砂遊び用のおもちゃがあったほうがいい。浮き輪の場合は空気を抜けば小さくなるが、砂場セットの場合はどうしてもかさばってしまう。そのため、ビーチ遊びで使える砂場セットを貸してもらえるのは非常に良かった。

「楽天トラベルラウンジ」で借りた砂場セット

「楽天トラベルラウンジ」では、砂場セットのほかにも、ベビーカーや浮き輪、ビーチで利用できる「ござ」などもレンタル可能だ。レンタル料金は安く、砂場セットと浮き輪は、それぞれ5日間で2米ドルだった。250円ほどで、5日間も借りられるというのは良心的だろう。

 基本的に、どのトラベルデスクでも、旅行情報の提供やレストランの予約など、受けられるサービスは同じだが、「JCBプラザ ラウンジ」の手荷物一時預かりサービスや「楽天トラベルラウンジ」のレンタル用品など、そのトラベルデスク独自のサービスが提供されている場合があるため、上手に活用して欲しい。

 以上、今回は、海外旅行で便利な現地トラベルデスクの活用法を解説した。次回は、グアムで利用できる割引や優待特典を紹介する。

JCB ORIGINAL SERIES
還元率 0.5~2.5%
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(年50万円以上利用+利用明細Web確認サービス「My Jチェック」登録で次年度以降も無料)
家族カード(税抜) あり(初年度無料、2年目以降400円。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICKPay
【JCB ORIGINAL SERIESのおすすめポイント】
日本生まれの国際ブランド「JCB」が発行する定番カード。会員数は国内最大手、加盟店数も国内トップクラス、世界60カ所には日本語が通じる「JCBプラザ」もあるなど安心感が魅力。また、大手カード会社では珍しい「実質」年会費無料なのもうれしい。付帯サービスも充実! また、JCBの最高峰カード「JCBザ・クラス」を目指す近道としても活用したい。
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!

(※関連記事はこちら!⇒「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!